【Rockman.EXE@】
White・Valentine's Day
「甘いモノはそれほど得意ではない」、と。
何の話をしていた時かは忘れたが、とにかくヒノケンの記憶ではアツキにそう伝えている。
しかしながら今日は2月の14日。
世間的に言うところのバレンタインデーに、アツキが連絡も無くやって来たかと思ったら。

「ほれオッサン、チョコレートやるだ」

と言われれば、ヒノケンも悪い気はしない。
しない…筈なのだが。

「…何で、ホワイトチョコレートなんだ?小僧」
「あれ、ホワイトチョコレートは駄目だっただか?」

リビングにアツキを迎え入れてソファに並び座り、チョコレートの箱のリボンを解いて封を切る迄のヒノケンは、明確には表さないが機嫌の良さを窺わせていた。
だが箱を開ければ現れたのはホワイトチョコレート。
箱に印されているメーカーのスイーツは人気が高いとヒノケンでも知っており、コレも良い品なのだろうが…ホワイトチョコレートだけは、どうにも受け付け難い。
そして、その旨も。
アツキには伝えた記憶が、ある。

「…俺は、特にホワイトチョコレートは駄目だって、お前に言った覚えがあるんだがな」
「ふ〜ン…ンだったべか?」

ニヤリ

「オラ、うっかりスとっただオッサン」
「(こンの小僧…)」

途中に挟まれた笑みで理解した。
完全に確信犯、単にアツキはヒノケンに嫌がらせを含んでからかう為に訪れただけである。
もしくは。

「美味いンだけンとなぁ」

ひょい…ぱくっ

アツキ自身が食べてみたかっただけ。

「…って、お前が食ってどうすんだバカヤロウ!」
「えー?ンだって、オッサン食わねンだべ?」

ひょいっ、モグ…

「……おい」
「ンー?…ん、んぅんんっ!?」

アツキの意図を理解したヒノケンは。
そっちがその気ならばと意識を切り替え、意地に火を点けてチョコレートに食らい付く。
ただしそれは、アツキが含んだ咥内のチョコレート。

「ふ…っ!ふ、ぅ、…ンふ…ぅ…ッ!」

ヒノケンは、まだ口の中に残っているチョコレートと一緒にアツキの舌を絡め取って。
ただでさえ自分のモノではない舌が侵入しているのに加えて、アツキは立て続けに2個のチョコレートを一口に放り込んでおり。
その為、何時もよりも更に酸素が求め難く…どうにか口を開いて求めれば、口唇の端から零れ出そうになる唾液を咥内へ流し戻すこともままならない。
流れ出た唾液には溶け出したチョコレートも含まれて、頬を妖しく濡らす。

「ン…ぁ…い。いきが、ぁ…できね…っ…!」

チョコレートは次第に小さくなり、儚く消え。
だけれど吸い上げる舌は止まらない。
僅かに逃れてアツキは酸素を取り入れる事が出来たが、すぐさま塞がれて舌が這いずり。
激しく絡め合わせて咥内を犯し、じっくり堪能したところでヒノケンは漸く口唇を離した。

「…は、ぁ…はぁ…」

ズル…

「おっと、危ねぇな」
「だ、誰のせいだべ…無茶苦茶スるでねぇ!」

かなり身体中の力が抜けたアツキは、座っていたソファから滑り落ちそうになったところをヒノケンに支えられながら、それでも抗議すべく睨み付ける。

「へっ…確かに"無茶苦茶"にされた後みたいなエロいツラだな。溶けたチョコが口端から流れてやがるから、『飲まされた』みてぇになってるぜ?小僧」
「な…!は、離さねっか!顔ば拭くからッ!!」

身体を支えている…と言うよりも、両腕の自由を奪うと言った方が的確なのかもしれない。
気が付けばヒノケンはアツキの身動きが取れない様に腕の中に収め、抱きすくめていた。

「嫌だね…取り敢えずコレでいいだろ」

そう言うと、アツキの口唇の端に唇を寄せ。
流れ出た跡を薄める様に舌でなぞり始め。

「…ッ…! …は、ぁン…んっ」

舌が首筋に寄せられると、アツキは甘い声を漏らす。

「…首弱ぇなオマエ…可愛いぜ…」

丁寧に首筋をなぞり、所々で強く吸い上げれば漏れるアツキの嬌声を心地好く受け止めて。
吸い上げた箇所に残るのは、所有の赤い印。

ちゅくっ…

「さて、と」
「も、もう…満足スたべ、オッサン…」

やっとヒノケンの顔が首から離れたところで、アツキは止めるように懇願の声を上げるが。
火の付いたヒノケンが、これで終わらせる筈は無い。

「何言ってやがる、折角お前が俺にくれるっつったチョコレートだ…全部食ってやるよ。…とはいえ、"このまま"じゃ甘ったるくて食いきらねぇ」

なら、どうするのか。
まだ意識がぼうっとするアツキは、ヒノケンが何を言っていて何をしようとしているのか。
熱っぽい息を吐いて見詰めるしかなく。
そんなアツキの様子にヒノケンは薄く口角を上げて笑み、アツキを離さぬままテーブル上のチョコレートの箱からリボンを抜き取って。
耳元で、静かに。

「…お前を喰いながら、食ってやるよ」
「…は、はぁっ!?」

しゅる…っ

「えっ、な、オッサン!な、何すンだべ!!」

一瞬、面食らったアツキの隙に、ヒノケンはアツキの首にそのリボンを手際よく巻いた。
キツくは巻かれずに完成した、その結び目は。
誰かに向けて贈る意味を込めた結び。

「コレでよし、と。…ま、一回はやっておかねぇとな『プレゼントは自分』ってヤツをよ」
「あっ…アホかオッサン!オラはンな気分でねぇ!」
「へぇ?お前の身体は、違うって言ってンぜ?」

抱き締める腕を右だけにして。
ヒノケンの左手は、アツキの下肢へと伸びる。
ソコには確かに硬度を増したアツキの自身があった。

「〜〜〜…ッ!」
「…ま、口で何と言おうが、ココが一番素直だな」
「…っふ…ぅ…っ」

服の上からソレを軽く撫でてやると。
アツキの身体は否応無しに反応を示し、漏れる吐息。

「…我慢するこたねぇだろ。…好きだろ?セックス」
「ン、ンな訳…っ!だぁっ?!」

ソファで行為に及ぶには場が狭い。
ヒノケンはアツキを抱き締め直すと軽々持ち上げ、テーブル傍の空いている床にアツキの背中を預けさせて覆い被さり、逃げ場を塞ぐ。
そうしてアツキを見下ろすと不服そうな顔はしているものの…完全に否定する様子は無い。
今はヒノケンの両手はアツキの顔の傍に置かれ、逃れられないという意味では同じだが、アツキ自身の両手は抱き締めから解放されており。

「…ったく…スっかたねぇオッサンだべ…」

その両手がヒノケンの首に回され、アツキは不貞腐れた表情のままだけれども…それは。
行為への了承の合図、ヒノケンは口角を上げて笑む。

「もうちょっと素直にならねぇモンかね」
「や、やっかまスぃだ…」

笑みは絶やさずアツキの衣服を脱がし、露になった裸身を見下ろしながらテーブルに置かれたままのチョコレートの箱に手を伸ばすと。
口に含む一粒の甘味。

「ホラよ、もう一回」

口唇を重ねてアツキの咥内へチョコレートを。
贈り届けたヒノケンの舌は居座り、アツキの舌とチョコレートを纏めて絡め取る様に這う。

「ン…ん…ぅ…っふ…」

貪られ、アツキには快感と切なさが込み上げる。
体温が恋しくて―――堪らない。
咥内を犯されながらヒノケンのシャツのボタンに手を掛けると、ぎこちない手つきで外し。
全てを外し終えてヒノケンの胸に手を伸ばせば、心なしか早い鼓動がアツキの掌に伝わり。

「……ちょっと待ちな」

アツキの咥内にチョコレートを残して口唇を離し、ボタンの外されたシャツを脱ぎ捨て。
同時に下半身の衣服も総て脱ぎ払い、裸身となって再びアツキの上に覆い被されば、アツキはすぐさまヒノケンの背中に両手を回して抱き締め。
互いの体温を感じ合う。
暫しの抱擁を経て今一度、重なる口唇。

(…コイツの口ン中…えれぇ熱さじゃねぇかよ)

アツキの咥内に舌を滑り込ませると、チョコレートは既に塊としての形は成しておらず。
ぬめり溶けた甘さだけがヒノケンの舌を迎え。
舌同士を絡ませて溶けたチョコレートを可能な限り絡め取ると、ヒノケンはチョコレートを纏った己の舌を自らの咥内に戻して甘さを味わう。

「へっへっ…美味かったぜ。…さて」

口唇が離れ、アツキは熱の籠る双眸をヒノケンに。
最初の口付けの時点で反応していたアツキの自身。
とうに勃ち上がり、覆い被さるヒノケンの逞しい自身にも重なり触れて"この先"を望んで。

「そいじゃあ身体で、な」
「っ、ふ」

摘まんだ次のチョコレートを指ごとアツキの口の中に入れると、有無を言わさず掻き混ぜ。
程よく溶けたソレを取り出し、アツキの胸元へ。
まだ塊としての形が残るそのチョコレートにヒノケンは舌を乗せ、アツキの身体にチョコレートを塗り付ける様に這わせてゆく。

「んン…っ…は、ぁン…っ…」

舌とチョコレートを這わせながら。
敏感になっている身体のポイントを突いて時に吸い上げれば、甘い声がアツキの口から。
点を付く様に細かく微かに刺激が与えられ、今の上気した身体にその行為はとても毒で。
決定的な快感を与えられないソレはアツキを焦らし、自然と身体を捩らせ腰が揺れ動く。
熱く昂る自身に、触れてほしい。
その様子を勿論ヒノケンは分かっているがアツキ自身には決して触れず、また新しいチョコレートを口に含むと、アツキの身体に弱い刺激を与えて弄ぶ。

「ぁ…んぅ…っ!や…ぁ…はン…も…もっ…」


もっと、激しく。
何よりも熱いヒノケンの自身が、欲しい―――


けれどアツキのプライドと羞恥心が言わせない。
ヒノケンは、自分を求める言葉を聞くまで与えない。

「オッサ、ン…ッ…ひゃ、あっ…?!」

……つぷ…ぐり、くに…ぐにぐにっ…
…ず、ずっ…ずぷぷ…っ…!

だがヒノケンも余裕が有る訳ではなく。
少しばかり事を急いて、アツキの後孔に指を滑らせ。
自身から零れた先走りが辿り着いているのを確認すると、指に絡ませ蕾を指の腹でほぐし。
まだ充分ではないが、その指を埋め込む。

「や、ぁ…はぁ…っ」

ぐち…くちっ、ぐちゅっ…
…ズ…ずぷ…ズププ…ッ…

指とはいえ感じる圧迫。
頃合いを見て挿入される指の数は増え。
三本でナカを掻き回され、やがて肉壁は慣れてヒノケンの指にきゅうきゅうと吸い付き。
まるで、指だけでは物足りないとでも。

「オッサン…オッ、サ…ン…オラに…っと、ぉ…」
「…聞こえねぇよ」
「…っと…も、もっと…ほスぃ…べ…っ オッサンの…ぉ…イれ、てほスぃ…いっ …ふ、ぁっ!?」

ぐいっ…!
ぬち…ぐ、ぷっ…ぐぷぷぷっ…ぐぷッ…!

アツキが快楽に屈した台詞を完全に聞き終わる前に。
ヒノケンは指を引き抜いて身体を起こし、強引にアツキの両足を広げさせると、露になった可愛らしくヒクつく後孔に熱い自身を埋め込んだ。
チョコレートはとっくに、溶け失せて。

「…強情にも程があンぜ…ったく…」

どうしても自分を求めさせたかったが、ヒノケンの方も身体はずっと自分を求めているアツキを前にしていよいよ我慢の限界が来ていた様子。
アツキの腰を掴み取ると。
最奥まで、欲望のままに突き立て始めた。

ずちゅっ…ズンッ、じゅぶ、じゅぽ…ッ…!

「ひゃ、ぁあンっ…!あ、ぁ、ソコ、ぉっ…イイだ…ぁ…っ!オラの、に…もっ…触る、べ…」
「へっへっ…素直になったらトコトンだな、こうか」

…ぬちっ…ぬちゅ、くちゅっ…にちゅっ…!

「ア、あっ…ソレ…っ!オッサンの、手…熱ッ…」
「お前のコレも相当アツいぜ…堪んねぇ。ナカもな」

ぐっぷりとアツキのナカに自身を埋めたまま。
ヒノケンは触って欲しいと願うアツキの望みを叶えてアツキの自身を握り、性急に扱くと。
焼けそうな熱が指と自身を行き来し、アツキのナカはヒノケンの自身を一層に締め付ける。

「あ、う…も…だ、め…だべ…オラ、でツま、ぅ…」
「…ッ…俺もヤベえな、仕上げといくか…!」

ぐちゅ…グチュッ…
…じゅぶッ、じゅぷ…じゅぼ、ずちゅ…ッ!

「ふぁ…!あぁあンっ…あ、ぃ、イク…っ…!」
「…くぅうっ…!出すぜアツキ…っ!」

びゅるるるっ…!びゅる、るるッ…ぱたた…っ…
…びゅぶるっ!びゅーっ…びゅるる…トプ、トプッ…

アツキの自身は握ったまま。
ヒノケンは埋め込んでいた自身の抜き挿しを再開し、アツキの弱い箇所を的確に突き穿ち。
吐精へと誘い、自らも誘われる。
ズンッと奥にヒノケンの自身を埋め込まれたアツキは、堰切れて鈴口から白濁を溢れさせ。
その吐精で収縮した肉壁の締め寄せにヒノケンもまた白濁を放ち、びゅるびゅるとお構い無しにアツキのナカを白く染めて注ぎ込んでゆく。

びゅく…るる…トプン…

「ど…ンだけ、出スつもりっ…だべ…」
「俺も知らねぇよ、出ちまうんだからよ。へっへ…」
「っとに、こンのオッサンは…」

精が注がれる度にアツキの身体は小刻みに跳ね。
蕩けた眼差しでヒノケンを見詰めて。

……にゅ、るるるっ…ぬぽ、ンっ…!
…びゅぷっ…びゅぶ…る…どぷ…

「はっ…ア…」
「ホワイトチョコレートみてぇなのが溢れてンぜ」
「…最低かオッサン、思っても言うでねぇだ」

漸く精を出し切ったヒノケンの自身。
ゆっくりとアツキのナカから引き抜くと、栓を失い弛緩した蕾は開いてしまい、注ぎ込んだ白濁を小出しに溢れさせる光景はヒノケンの劣情を擽り。
精を注ぎ圧した征服感の様な嗜虐心の様な。
そんな思いに満たされ、アツキに覆い被さる。
…けれども。

(…ああ、ったく)

チョコレートの様に蕩けてはいるが。
絶えぬ"ほむら"が瞳には宿り続け。
征されているのは、自分の方なのかもしれない。

「……オッサン」

伸びるアツキの腕はヒノケンの身体を抱き締め。
交わる体温。
他の誰かでは決して得られぬ熱が、とても愛しくて。

―――…

「あ〜スッキリした」
「…はぁ…」

シャワーを浴びて着替え、ドライヤーで乾かした髪を整えながらヒノケンは満足げな様子。
二人揃ってチョコレート等でベタベタになった身体を洗う為、浴室へと向かったらしいが。
一緒にリビングへ戻ったアツキは、何故か浮かない。

「そら、風呂でまたヤッてオッサンはスッキリかもスれねっけどな…オラは全然だべ…」
「ンだよ、お前だってスッキリしただろ?」
「そげな訳が無ぇべオッサン!ナカに出されたンが、まだオラに残ってる感じがスるだ…」
「ソレなら風呂で掻き出してやったじゃねぇか」
「その後、また直ぐ突っ込ンできたのは誰だべな!」

大量に注がれたヒノケンの白濁。
当初はそれを掻き出すという目的の筈だったが…
後孔から精を零れされるアツキの恥態は、やはりヒノケンにとって堪らぬ姿だった模様。

「大体、風呂じゃちゃんと外に出しただろ」
「ンな問題でねぇべ……ン?」

ヒノケンが本気で反省するとは最初からアツキも思ってないが、一通りの抗議をすると。
ふと、テーブルの上に"あるもの"が目に入る。

「…1個…残ったンか?」
「ああ、チョコレートか。 …素でなんか甘ったるくて俺は食いきれねぇ。オメエが食えよ」
「なンね、全部食うとかぬかスておいて」

アツキはテーブルの上に置きっ放しにしていた、最後のホワイトチョコレートを摘み上げ。
自分の口へ運ぼうと―――したところで。

「…オッサン、これなら食えるンだべ?」

そう言ってヒノケンの傍に寄ると。
口唇でチョコレートを挟み、瞳を閉じてヒノケンに。

「……へっ」

アツキの後頭部に手を添え。
ヒノケンは口唇でゆっくりチョコレートを受け取る。
自分の口の中にチョコを収め。
アツキには―――純粋な恋人に捧げる様な、とても愛しげな優しいキスを贈り重ね合わせ。

……ちゅ…

「…やっぱ甘ったりぃな、今回で勘弁してくれ」
「スっかたねぇ、勘弁スてやっかな」

当初の予定とは少々違う形になったが、最終的にはヒノケンの方が音を上げたカタチ。
一応は目論み通りの嫌がらせ成功に、アツキは浮かなげな様子から一転して晴れた表情。

「それよりオッサン、腹減らねっか?」
「まあな、何か食いに出掛けるか」
「オラ激辛モンが食べてぇな」
「…バレンタインの飯に激辛を食うのかよ、甘いのよりは俺も辛いモンの方がイイけどな」
「ならイイでねか。ほれ、さっさと行くべ!」

言うや否や。
既に玄関に向かい始めたアツキにヒノケンは呆れ顔。

(…ま、少しカライくらいのが…俺等らしい、か)

まだ口内に残っていた最後のホワイトチョコレートを、少し名残惜しそうに喉の奥に通し。
ヒノケンは、玄関でオッサン早くとぎゃーぎゃー騒いでいるアツキの元へ向かって行った。

■END■

2005.03.14 了
2021.03.12 加筆修正
clap!

- ナノ -