ウェブ再録サンプル | ナノ


そ ら の ひ と


全く、君はこんなところばかり鈍いから困る。
君が泣いているのに僕が気付いていないとでも思った? ……思っているんだろうなぁ。
やれやれだ、全く。

**

君は、正義の前に愛が立つんだろう。
僕等のプリンセスだっていつも言っていたじゃないか、“愛と正義の”戦士だ、って。
それだけじゃない。あの可愛い内部戦士たち、プリンセスの娘に彼女の王子様、それにこの僕だって、そう考えるからこそ悲惨な現実と闘える。きっとほたるだってそうで、せつなは愛の前に正義が立つのだと言い張るかもしれないけれど、それだって複雑な彼女の詭弁でしかないだろう。
ああそうか、僕は――極論すれば先程の通り、愛の前に正義が立つのか。

戦士としての使命。
いとしいこの星。
愛する君を失っても、そう。

**

平気じゃないくせに。
ひとつだって、平気じゃないくせに。
そのたび繊細な君の心は悲鳴を上げるというのに。
確かに君ならやってのけるだろうね、微笑みすら称えて……そう、優雅に。

だからってお願いだみちる、君のそのやわい心を蔑ろにする行いは、もうやめてくれないか。







--ブラウザバックでお戻り下さい--



×