ワイティの執筆日記
追記

▼拍手レス
2022/2/18(19:12-20:08)※おまとめさせていただいてます!
「ワイティさん改めてましてこんにちはおかえりなさい!Twitterからご挨拶賜りましたゆめこです。わ、途中で送ってしまいました。すみません…!!!さて、level ac復活を昨夜知った私は夜中まで読み耽り、久しぶりのワイティさんの文章に浸っておりました…まず初めに読んだのは『Up to you』です!だっておっしーにもう会えないって予備校まで言いにいって、仁王が壁にこぶしをぶつけるめちゃくちゃ良いところで止まってたんですもん…!!!!!泣 5年も待ってたんですね、私!続きがどれだけ読みたかったかヽ(;▽;)ノ最後まで一気に読みました!おっしーの元カノ母が白血病のくだり読んだ時は鬱展開にぞくぞくしました(笑)あ、これこれ…絶望がきたって(笑)最後の最後までおっしーエンドだと思っていましたが、仁王なんですねヽ(;▽;)ノ私だったらおっしーを選ぶし、最後までおっしーだと思ってたので仁王エンドなのには驚きましたが、幸せならそれでいいよ!仁王も好きなんだもんヽ(;▽;)ノ前作のVSはおっしーエンドでしたもんね確か。いいよいいよ今回は仁王で!仁王も好きだから!!と言い聞かせて、仁王エンドに満足しました!笑 でも結ばれていたはずの相手なのに、ずっと好きだったのに、私が喜ぶからって今彼のプレゼントに付き合うような人なのに…あんまりですよ先生〜〜〜!!!!!!泣 でも仁王は仁王で、嫉妬に狂った感じがもう最高でした…間に挟まれてどっちも選べないヒロイン満喫しちゃいました…。いますよね、自分に余裕があってモテるからって異性の好意に気付かないやつ!!!!そんな仁王に腹も立ちましたが、吉井にキッパリとオレは彼女側だと断言してくれた時は嬉しかったな。そういう友達にも容赦ないところ本当すきだよ男らしいよ…。って読み終わるとすっかり仁王派になってしまうところがワイティさんの怖いところです。すごすぎます。でも私の心には学生の時からずっとずっとワイティさんの書かれるおっしーがいるので、一番はやっぱりおっしーかな!恥ずかしくって侑士って呼べないんですけど…!
はぁ、またこうしてお目にかかれるようになれて本当に本当に嬉しいです。感激しています。ワイティさんの書かれる文章は本当にとても素敵だなと思うんです。言葉選びに知性を感じますし、間の取り方も、意思があり思いがこちらにビンビン伝わる感じも、まるで本当に自分がそこにいるかのような気分になれるんです。そんな方に対して私の浅い感想を送るのは失礼、というか恥ずかしくて、5年前は気持ちを伝えることが出来ませんでした。でもこれからはご迷惑でも、浅ーい文章でも送らせていただきます!!!!だって大好きですから(;_;)!!!!!!また書くことを決断してくださって、サイトに帰ってきてくださって、本当に本当にありがとうございます。と何度お伝えしても足りないくらいです。これからもずっとずっとファンでいさせてください!」

ゆめこさんこんばんは! ツイッターではご挨拶いただき、本当にありがとうございました!
拍手の仕様がうまくいかない場合があるみたいで、逆にお手数をおかけしてしまったようです、申し訳ありません。
当サイトを以前から読みに来てくださってたとのこと、リオープンしたあとに見つけてくださったこと、とてもうれしく思います、感謝です、本当に……!
わたしもリオープンしてからは久々の執筆となってしまったので、昔の文章とはまたえらい変わってきているところがあると思いますが、楽しんでいただけているようでホッとしました!
『Up to you』も放置したままだったんですよね。ホントにお待たせしてしまってすみませんっ! 嫉妬の狂った仁王のくだりで止めていたとは、悶絶ですよね……本当にすみません! そして、あの鬱展開がうちのサイトの特徴ではありますよね。さすが、古参読者さまはよくわかっていらっしゃる(笑)。もちろん、もちろんわたしも忍足を選びたかったんですよ(必死)!? あんまりですよねわかってるんですけど……! うう、しかしお話的には、やっぱりああなっちゃうのかな……という。忍足推しの読者さまのなかには、「もうUp to youのことは記憶にありません」と言い切る方もいらっしゃいます(笑)。わたしもあのシーンは泣きながら書きましたが、もうVSは書けないなあ……とかちょっと思っちゃいました。つらすぎるので……作者のくせに矛盾していると思いますが。あれ、でも仁王にもハマってくださってるご様子……ということで、万事OKということでよかったでしょうか(ご都合主義・笑)!


2022/2/19(22:11-22:14)※こちらもおまとめさせていただいてます!
「ゆめこです。Twitter拝見しました!応援メッセージを送っているこちら側が嬉しくなるようなお言葉をいただき恐縮です(;_;)ありがとうございます(;_;)今回は『ビューティフル』と『TOUCH』の感想をおくらせていただきます!この2作品も1話目あたりで止まっていたので気になってたんですよね〜!!!(おっしー推しなのにおかしいな)まずは『ビューティフル』ですが、なんなんですか跡部景吾かっこ良すぎません???????読了した次の日は跡部のことが頭から離れなくて、仕事そっちのけでもう本当に一日中跡部のことを考えてました(笑)私も父を亡くしているので、お父さんのくだりは涙無しでは読めませんでしたし、録音のところなんて正直悲しすぎて流し読みでしたごめんなさい。じっくり読むと父を思い出して浸っちゃうから、その、今は2人の行末が気になるから…!!!!!!って感じでまたゆっくり再読させていただきます(>_<) 跡部のプロポーズから結婚式も涙が止まりませんでした。どうしたらあんな紳士的なプロポーズをしてもらえる人生を歩めるんですかね?!??!いいな〜〜〜…って翌日頭の中そればっかりでしたよ!笑 そしてなんといっても、裏がもうやばいですよ濡れまくりですよ…!!!!!あの跡部が興奮してると思うともう本当にこっちまでやばいんですけどなにあの男!!!!
跡部ももちろん格好いいんですけど、勝ち気な主人公がこれまた格好いいんですよね。自分のやりたいことが明確で、意志があって、目標があって、それを口に出して行動もできる。跡部を前にしても物怖じしない。なんて格好いいんだろう。先生が書かれる女性は格好いい人が多いですけど、きっとワイティさんもそういう素敵な女性なんだろうなと思っています!
私個人のことなのですが、最近挫けそうなことがあり、自分の性格を直さないといけないかなって思って凹んでいたんです。でもやっぱり私は私らしく生きていきたいんですよね。言いたいこと我慢して生きていくなんて死んでるも同然だよ!のマインドでこれからも強く生きていこうと勇気をもらいました(;_;)ありがとうございます(涙)跡部の魅力についてはほんと一日中語っても足りないくらいなんですけど、本当にかっこよかったな…(それしかないのか)年相応の大人の魅力にプラスして、跡部の色気や本質がグッとつまっていたように思います。今までの跡部作品で一番好きです…!!!!!いやー、跡部に抱かれたいなあ。あの跡部が欲情するってどんな状態なんだ、どんな顔して抱かれたらいいんだ、もう恥ずかしすぎて無理じゃありません…!?!!?!!?なんてありもしないことを真剣に考えてしまうくらいヤバい男でした跡部景吾。はぁ…余韻が半端ないんですよ。私おっしーの女なのにおかしいな。おかしいついでに申し上げますと、裏にパスワードが付いてないなんて今の人がうらやましすぎます…!!!!私その昔、sna…的なパスワードが分からなくてYahoo知恵袋で質問したり、火車をググったりしてたんですよ!!!!なのに、なのに…今やパスワードとなく読めるなんて…ゆとりだ…ありがとうございます!!!!(どないやねん)裏までいかずともそういう描写があるところも所々あり、えっちだなー////とドキドキしながら読みました!なんか長いだけで内容のない文章なんですけど、何が言いたいかってもう「最高」の一言です!!!!!!!!悦びをありがとうございます!!!!!
続きまして『TOUCH』です。リョーマってあんなに魅力的な人なんですね…主人公なのに…いや主人公としては魅力的なんですけど、男性としての魅力がこんなにあったんだなって初めて知りました。今までごめんやで(笑)年下くんは苦手なんですけど、でもいいですね「名前+さん」付けで呼ばれたり(でもこれは仁王の方がきゅんとくるな…。でも生意気なリョーマなのにそこは律儀なのがきゅんポイントなのかも)何度も求められたりするのって。あんな風に真っ直ぐ求められたらもうそりゃたまんないですよ。でも秋人さんも良い人だった…そりゃ好きになるよ…。30代に突入した今だからこそやけにリアリティな内容で、私だったら秋人さんとの情に負けても、リョーマのこと信じきれないんじゃないかなって思ったんです。でもリョーマはそんな不安もひょいと乗り越えて、自分が傷ついても何度も何度もアタックしてきてくれて…そりゃもうほだされちゃいますよ。大人になってあんな風に恋をして愛し合えるなんて羨ましすぎるヽ(;▽;)ノそれを味合わせてくれてありがとうございますヽ(;▽;)ノ自分の体型すんごくすんごく気になりますけど、どの殿方もこのリョーマみたいに思ってくれてたらいいのにな。そして関連作品なだけあって、色んな人との掛け合いがいいですね!リョーマ、桃ちゃんとまだ仲良いんだねぇ良かったねぇ。トップアスリートになっても昔の自分に自然と戻れるような、そんな心休まる人がいることにホッとしました。そして同じエピソードでも『ビューティフル』とはまた違う目線で読めるのが素晴らしい技量だと感服いたしました…!!!!!!TOUCHを読んでまた跡部の魅力に気付く、っていう…なんなん跡部景吾。でも本当に、リョーマの魅力に気付けて嬉しい作品となりました!リョーマのこと男性としてカッコいいと思う日がくるなんて思ってなかったもんなー。ごめんやで!そして最後の締めに、参考文献とまではいかずとも、影響を受けられた作品を挙げられている先生に敬服いたしました。御自身の力量に驕らず、ああいった形で紹介できることは決して普通のことではないと思います。ただのイチャラブではなく、ひとつの作品として楽しませてくれる背景にはただならぬ努力があることがよく分かりました。これ、無料で読んでていいんですか(;_;)なんかほんとに浅ーい薄っぺらい文章になんですけどすみません。次は仁王を読みますね〜!
はー、楽しみ!!読み終わりましたらまた感想送らせていただきます!すぐ1000文字超えてしまうんですが…!何度も何度もしつこく申し訳ございません…!!!!」

あれ、そしてこっちでは跡部!? もう、ゆめこさんったら、あちこち好きになってくださって……とっても嬉しいです(笑)!
あのお父さんのくだりは、わたしも書きながらボロボロ泣いてました(また……)。実は書きながら泣くことがよくあるんですよね。少し恥ずかしい癖なんですけども、書いていると感情移入しちゃうからだと思います。結婚式もしかり……結婚式なんてずるいですよね、あの手紙とか、リアルでも泣いちゃいますもんね(笑)。
今回の連携は裏は結構、力を入れたというか、同じ時期にみんなして裏裏裏アップだったので、もう手当り次第に思いつく限り、ネタを放り込んだ結果、跡部はああなってしまいました。彼は裏では大トリだったので(いや本編も大トリですが)、みんなのパワーを爆発させた感じになっておりますが、どの裏もアップ時はみなさんに喜んでいただけて、本当によかったなあと思っています。
そしてヒロインのことも褒めてくださって、ありがとうございます! うちのヒロインちゃんはかなり個性派揃いなんですが、やっぱりそこはかなり重要視しているところなんですよね。キャラクターが面白いというか、共感できないと読んでてもしんどいと思うので、ヒロインのキャラ付けは実はいちばん気合いを入れている部分です。王子様は許斐先生がきっちりキャラ付けしてくださっているので問題ないんですが、あんなすごい王子様たちが好きになる子がいわゆる無味無臭というか、キャラが普通なわけないじゃないか、というのがわたしの一種のこだわりでもあります。気づいていただけてとても嬉しいです! しかしですね、わたし自身はまったく! カッコいいとかないですし、可愛げもない女だと思います(笑)。ヒロインちゃんはみな、わたしの憧れの人たちです。ああなれたら幸せな人生を歩めそうですが、わたしには程遠いです、はい(笑)。
そういえば裏夢、昔はパスワードつけてましたね……ややこしいことをさせて申し訳なかったです。当時はそれが夢小説サイトの主流だったので、わたしもそのようにしたんですが、もうこのネット社会、無法地帯なので、注意書きしててもパスワードつけてても読みたい人は絶対に読みますからね(笑)。意味ないかなと思って、現状になりました。そうこうしているうちに、levelacの裏基準もおかしなことになってきて、最近は「裏表記じゃないのに裏じゃんこれ!」というツッコミはよく受けます。わたしのなかでは明確な差があるんですが、詳しい話はまた今度させていただきますね(笑)。
つづいて越前夢『TOUCH』のご感想も、ありがとうございます! しかも年下が苦手なのに読んでくださって、嬉しいです! わたしもこれを書きはじめたころくらいから年下に目覚めている気がします(笑)。かわいいところがあるっていうのが、こちらが年を取ってくると萌えポイントになりますよね。合わせて背伸びしてこようとする感じとか、素直に甘えてきたりとか。
27歳の越前リョーマってどえらい男になっている気がします。相当カッコいいだろうなと妄想を膨らませながら書きました。ああ、本当に喜んでいただけてよかったです!
最後の参考文献は、本当にお世話になった本でした。絶対にわたしの知識だけでは書けないことばかりだったですし、またああした本のおかげでストーリーが豊かになることが、とても楽しい作業だなとも思います。いまごろ、仁王を読まれていらっしゃるのでしょうか。あの連携夢では仁王は忍足とかなり細かく絡んでいるので、忍足もまた楽しんでいただけたらと思っています! 裏も、ふたりのは結構……(とくに忍足?笑)。
そして、わたしの文章を褒めちぎっていただいてもう、大変、大変に恐縮です! いえ、あの、知性なんてかけらもない人間ですが、好きが講じてなんとかかんとか書いているという状況です。浅い感想なんてとんでもないですよ! こんなに愛情たっぷりのご感想を送っていただけて、どれほど嬉しいか!
最近は、わたしの実力不足だとは思うのですが、昔よりもコメントをいただくことが非常に少なくなってきました。ですから本当に、メッセージをいただけることは、涙がでるほど嬉しいです。わざわざ時間をつかってくださって、しかもこんなにあたたかいお言葉をかけてくださる……もう、本当に本当に心から感謝しています。ご感想やメッセージをいただけることが創作意欲だというと、なんだかありきたりなんですけども、やっぱりコメントいただけるのは嬉しいです。どんなふうに感じられたのか、読まれている方の情動は、こうしてメッセージをいただくことでしか、書く側にはどうしてもわからないので……ダイレクトに教えていただけると、目に見えることで、もっと書こう、喜んでいただきたい! って、思います。
こちらこそ、大変にお待たせしてしまい、本当にすみませんでした。そしてまた見つけてくださったこと、再会に感謝します。今後とも、よろしくお願いいたします!

2022/03/01 (16:12)


- ナノ -