061.虹色キャンディー(4)


「……ほんと?」

「ほらな。馬鹿につける薬はないっていうから、親切な幼馴染が汚れ役を買って出たんだ。お陰で少しは考えられるようになっただろうが。なってないなんて言わせねえ」

 呆気に取られてこちらを見るヨルドへ、リドゥンは指をさした。

「それ読んでもわからなければ、田舎に帰れ。そしたらお前にはただ、魔法の才能がなかったってだけだ」

 じゃあな、と言ってリドゥンは図書室を出て行った。

 一人残されたヨルドは、床にぺたんと座りこんだまま、膝の上で抱えたままになっていた本を開く。すると、しおりが挟まれたページがあった。ぱらぱらとめくっていくと、そこには小さなメモにリドゥンの字でびっしりと、ページの内容の解説が書き込まれていた。さっと目を通すと、ヨルドの課題に関するものであるとわかる。

 ヨルドにもわかるように、ではなく、もう一手間かけて調べないとわからない具合が、いかにもリドゥンらしい。

──じゃあ、ずっとこれを書いてくれていたんだ。

 ヨルドは机に戻り、気合いを入れなおして課題に取り組んだ。リドゥンの指摘通り、あの「気分転換」が功を奏したようで、それまでの不調が嘘のようにすらすらと完成へと近づいていく。

 そうして翌日、ヨルドは校内でリドゥンを見つけ、声をかけた。

「あげる。昨日のお礼」

「なんだ。帰る決意でも固まったのか」

「違うってば!いちいち失礼な奴だなあ。これが課題の成果なの」

「これが?」

 そう言って、リドゥンはヨルドから渡されたキャンディーの包みを受け取り、取り出した中身を太陽に透かして見た。

「へえ」

 リドゥンの顔に笑みがこぼれる。

「綺麗じゃん」

 五色に彩られた虹色キャンディーが、二人の顔を喜色に染めた。



終り

- 94 -

[*前] | [次#]
[表紙へ]


1/2/3/4/5/6/7/8


0.お品書きへ
9.サイトトップへ

×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -