073.省エネ(2)


「はい!」

「ところで運び屋」

「はい、何でしょう」

「電球というのは、暗くなれば点くものだとぼくは思っていたんだが」

「そうですねえ。僕もそういうものだと思いますよ」

「え、電球ってそういうものですよね?明かりを灯すものですよね?」

「──点かないな」

 三人の影が長く伸びる。庭に夜の影が見え始めた。

「まあ設置したのがついさっきですから。太陽光を吸収しようにも、する暇もなかったんでしょう」

「省エネとは随分時間を要するものなんだな」

「そうですよ。実は手間もかかるんです」

「そんな手間をかけるより、お前の持ってくるオイルランプを使った方が早いと思うのは、下世話というものだろうか」

「頼りにしてもらって光栄です」

「うむ。あの光は柔らかくて好きだ」

「私も好きです」

 珍しく、神さまは誰にもわからないほど微かに笑う。マキはにこやかに笑った。

「では期待にお応えして、運び屋謹製のランプを持って参りましょう」

「それじゃあ、戻りますか?神さま」

「そうだな。──なるほど、これも省エネというやつだろうか」

「そうですか?あ、でもそうかもしれませんね。私たちは私たちの体力を今日、節約したんですから」

「ということはつまり、あの電球そのものが省エネの大役を担ったというわけか」

「三人で電球を見つめてなければ、出来なかったことですもんね。凄いです」

「うむ。この庭には必要ないと思っていたが、一つぐらいは置いてもいいかもしれないな」

「良かったですね、神さま」

「運び屋には感謝しないといけないな。……だが、運び屋にも見える感謝とは何をすればいいのだろうか」

「ありがとう、って気持ちが大事なんですよ」

「それは見える感謝なのか?」

「目には見えませんけど、感じ取ることは出来ます。そっちの方が貰った側はとっても嬉しいんですよ」

「なるほど。それなら、ありがとうと思うことにしよう。これは省エネか?」

「これは省エネじゃありませんよ。言葉や形にあえてしないことは思いやりともいうんです」

「……色んな言葉があるものだ」

 のんびりと暗い茂みの中に入っていく二人の姿を、やはり暗いままの電球が見送っていた。


終り

- 137 -

[*前] | [次#]
[表紙へ]


1/2/3/4/5/6/7/8


0.お品書きへ
9.サイトトップへ

×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -