「どんなバレンタインデーだったかな?」



〜【二月十四日】〜

善逸「今日は、いよいよバレンタインデーだぁ〜っ。ワクワク、ドキドキ…」

禰豆子「ム〜?」(ヒョコッ)

善逸「あっ!ね、禰豆子ちゃん…!えっ、俺に!?これ、俺にくれるの!?(やったー!!)あ…開けてもいい!?」

禰豆子「ム〜ッ」

(パカッ)

善逸「うわぁ、美味しそうなお団子!!この餡子は甘薯?こっちは白餡だ!これ、禰豆子ちゃんが作ってくれたの?炭治郎と一緒に!?」

禰豆子「ム〜!」

善逸「やっばッ…!!嬉し過ぎて意識が……(クラァッ)。ありがとう、禰豆子ちゃん💖 俺、大事に食べるね!っていうか一緒に食べてください!!…ハッ!?そ、そうだ、炭治郎!」

禰豆子「?」

善逸「禰豆子ちゃん、炭治郎は作ったお菓子をもう煉獄さんに渡しに行った?」

禰豆子(コクコク)

善逸「そっか。炭治郎の奴、煉獄さんのことになると本当にあがり症だから。まぁけど相手は煉獄さんだし、パニクッてもうまくフォローしてくれるか。大丈夫だよね、禰豆子ちゃん」

(笑いかける善逸に微笑む禰豆子)

◆ ◆ ◆

(包みを手に、煉獄の部屋の前で佇む炭治郎)

炭治郎:(煉獄さん、居るかな?(ドキドキ……)ああ〜もう、迷っててもしょうがない。男だろう、炭治郎!勇気を出して声をかけろ!)

炭治郎「あの、煉ご…」

煉獄「竈門少年!!」

炭治郎「ひゃあー!!」

(炭治郎の奇声に、ぽかんとする煉獄)

炭治郎「部屋の中じゃなくて、後ろから来るパターンですかーっ(驚愕)!?」

煉獄「俺は色々な所から急に現れるぞ」

炭治郎「い、言われてみればそうでした…💧ごめんなさい、変な声を出してしまって」

煉獄「俺に何か用有りと見受けたが?」

炭治郎「あ…あの、今日はバレンタインデーなので…」

煉獄「バレンタインデー?それは何だ?」

炭治郎「えっ。ご存知ないんですか?(そういう俺も、善逸に聞いて初めて知ったんだけど…)
えっと、バレンタインデーというのは、大切な人に花やお菓子を贈って想いを伝える日……だそうです」

煉獄「なるほど。それで君は、そのバレンタインデーに俺に何かを贈ってくれるのか?」

炭治郎「は…はい……。あの、これを……これは、その…(どうしよう。緊張で何を言いたかったのか、よくわからなくなってきた…)えっと、お団子!」

煉獄「そうか、団子か!!…。フッ、よしよし。落ち着け」

炭治郎「あ…(キュン)」

煉獄「そんなに緊張せずとも、とうに親しい俺と君ではないか」

炭治郎「(匂いを甘くしないで〜!)うう。ダメだよ、やっぱり恥ずかしい。煉獄さんだけは慣れないよぉ…!!」

煉獄「愛おしい」

炭治郎「えっ?」

煉獄「どのような団子なのかを見たい!開けてもいいか?」

炭治郎「は、はい(今、何て…?)」

(パカッ)

煉獄「これは何と色彩豊かな…!!目移りする程に様々な団子が入っている。餡の装飾も実に精巧だ。全て君が作ったのか?」

炭治郎「はい。あ、でも、このハートの形のお団子は禰豆子が作りました。どうしてもこの形にしたいって」

煉獄「そうか(笑う)。妹の気持ちは受け取ったぞ」

炭治郎「……」

煉獄「ん?」

炭治郎「い、いえ(赤面)!あの、今すぐに食べられますか?」

煉獄「そうだな。あまりに美しい和菓子なので崩すには惜しいが、折角なのでいただくとしよう」

炭治郎「はい。俺、お茶を淹れますね」

(炭治郎の手を掴んで引き止める煉獄)

炭治郎「えっ?」

煉獄「贈り物は受け取ったが、君の想いをまだ聞いていない」

炭治郎「え!? お、想いって…(ドキドキ)。だって煉獄さん、言わなくても俺は感情が全て顔に出るからわかりやすいって言ってたし…俺が何を考えてお菓子を渡したかなんて…」

煉獄「君の口から聞きたい」

炭治郎「それは……あなたのことが……好きだからです」

煉獄「……」

炭治郎「ちょっと、言わせておいて黙らないでください!!ものすごく恥ずかしいです🔥!!」

煉獄「愛おしい」

炭治郎「(ドキン)え…煉獄さ…」

(炭治郎を正面から抱きしめる煉獄)

炭治郎「!!」

煉獄「どんな時も一途に慕ってくる想い、確(シカ)と受け止めた」

炭治郎「煉獄さん……俺、本当に、本当に貴方のことが大好きだから。この先もずっと変…」

煉獄「承知した!さぁ、一緒に団子を食べるぞ!!」

炭治郎「え?」

煉獄「どれも美味そうだな!」

炭治郎:(遮(サエギ)られたけど本当にわかってもらえたのか💧!?ああ……折角抱きしめてくれたんだから、もうちょっと浸(ヒタ)らせてくれてもいいのに…)

煉獄「待ち切れん!」

炭治郎「……。クスッ。もう、煉獄さん。ダメですよ。お茶を淹れるまで、ちゃんと待っててくださいね?」

(聴こえているのかいないのか、キラキラした顔で和菓子を眺める煉獄。その様子を優しい顔で見ながら、お茶を淹れにその場を離れる炭治郎なのでした)


「ドキドキ、恥ずかしいです」

ー終ー



このお話の前章はこちら






×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -