2021/07/18 22:43
刎頸之友

刎頸之友

210720

猗窩座「この俺に楯突くとはいい度胸だアァ!!」

煉獄「待て猗窩座!感情で走るな、状況を把握しろ!」

善逸「あの人聞いてないですよ〜!ギャーッ!?何か鬼がいっぱい出てきたぁーっ!!」

煉獄「仕方あるまい、俺が行く。黄色い少年、君は後方を固めろ!」

善逸「え!?ちょ、ちょっと待って!あの人上弦なんだから助けなくても死なないでしょ!?俺は死ぬから!煉獄さんに置いていかれたら間髪入れずに即死だから一人にしないで!!大体、何この設定!?炭治郎と伊之助はどこに行っちゃったワケ!?メンバーのチョイス間違ってるでしょ、イヤー!!」

ガシッ

煉獄「落ち着け。我妻少年!」

善逸「はっ!今、煉獄さんが俺のことを名前で…(ドキドキ)」

煉獄「俺と猗窩座には君の助けが必要だ。君なら立派にやれる。頼っていいな?」

善逸 (距離近っ!そして男前!)

煉獄「俺は猗窩座を連れ戻しに行く。鬼に取り囲まれて帰る道を塞がれぬよう、君はその間の出口の確保を頼む!」

善逸「何ーっ、そんな重大な役目なのー!?絶対出口塞がって帰れなくなるアレじゃないー!?でも…(俺も炭治郎みたいに煉獄さんに褒められたい…!なでなでして欲しい!)煉獄さんの頼みとあらば…わ、わかりました!やってみます!!」








「もしも君が仲間なら」
刎頸之友(フンケイノトモ)/煉獄、猗窩座、善逸

prev | next


×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -