ブログ | ナノ



2019/07/31 03:25

夜中に目が覚めて。水を飲みに行って。さぁ寝直そうと横になったら机の下の猫と目が合った。
お前…そんな暗がりに…。目をかっ開くな光らせるな。怖いわ。
一瞬の隙をついての侵入。かつくつろぎきっている。
ぎょって顔するけど絶対私の方がぎょっとしたからな!
一人きりなはずの空間で何かと目が合うと思いの外ビビる。眠気が飛んだわちくしょう。

ここがどこだかわかってんのか!猫アレルギーの人間の部屋だ!速やかに立ち去れ。ほら段々出ていきたくなってきた…。
とか一人遊びする間にいよいよ超リラックスモードに突入する。自主退去は期待できそうにない。寝顔がずるい。あとはもう布団に上ってこないことを祈るばかり。


prev | next


「溺愛」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -