Re:エピローグ
真白のお姫様に王子様に会える対価というのは、人の心臓でした。人の心臓を悪魔に渡せば、お前の願いは叶えてあげる。そう、1000人の人間の心臓を私に渡せ。と。
お姫様は必死に人間の心臓を食らい続け、悪魔に献上をしました。そして残り一つの心臓を悪魔に上げれば、王子様に会える――しかし、現実は残酷でした。何故なら、残りの心臓は、王子様でしたから。
そう、お姫様は、王子様の国の民や、家族の心臓を喰らい、悪魔に献上したのです。
怒り狂った王子様は、国の民や家族を殺したお姫様にこう言ったのです。
「人殺し」と。

そうして真白のお姫様の心臓は剣で貫かれ、ドレスは真っ赤に血に染まったのです。



BL小説コンテスト開催中
テーマ「禁断の関係」
- ナノ -