ニンフの拷問

※捏造ホロアバター
※クロックくん可哀想、ヴォスがヤンデレの極みっつーか通常運転
※全体的にグロい。性癖を込めすぎた。


ああ痛いよ俺の足が腕がいたいよいたいよ、おれは仲間をにがしてこいつにひどい嫌な記憶を植え付けられてもなかまを逃がす為にとらうまを必死でのりこえて立ち向かったのに何でこんな目にあわなきゃいけないの。いやだよ死にたくないよ痛いよ痛いよつらいよつらいよ。バチン。と壊れた音がするよ何かがひしゃげた音がするよ嫌だ嫌だよ死にたくない死にたくない。ああ、でも、赤いおぷてぃっくをし、こっちをクスクスと笑っているあいつの顔がいとおしくなるのは、何で、何で、何で。回転ソーで切断された足が痛いよ、焼き鏝で激痛が走ったボディが痛いよ痛いよブレインが焼き切れそうだよ。ああ、でもこいつの顔がいとおしのは、何で、何で。
おれがこいつを愛してしまうのは、どうしてなの。

拷問器具で彼の意識は飛んだままだ。何も言わない、あまりにも凄惨で狂気の宴が込められていたからだ。嗚呼、診察台にガラクタのように眠るこの機体が愛おしい、前から自分の手で壊してやろうと思った。興奮するし、ゾクゾクする。息が切れそうだ。だが、そんな事はどうでもいいと思った。自分自身の分身を生成し、駆け寄る。
可愛らしいリボンをした、緑髪のショートヘアーの少女、黒いゴスロリドレスをして、犬の縫い包みを持っている可愛らしい自分自身の分身。
そして――この哀れな、無残な玩具を抱きしめ、憐れんで、皮肉を込めた笑みを浮かべた。

俺の愛しい玩具。

Thanks BGM:×××(SCL Project)
title:へそ

ヴォスのホロアバターの元ネタはU/n/l/g/h/t/の某お人形少女の片割れです。ウルトラマグナスのホロアバターがLSoWのヴぇリティを模しているからその真似



×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -