#03「全てが偶然」

「赤也、さっきの子って幸村と付き合ってる子だろい?幼馴染で昔からちょこちょこ試合見に来てた」
「そうっすよー。同じクラスだから良く話します」

真田達が去ったあと甘いものを食べながら、さっきの出来事を考えていた。何故2人がここに居たのか。

「んー・・・浮気?」

思わず小豆を吹き出しそうになる切原。

「おまっ汚ねーぞ!」
「いや、変なこと言うからじゃないっすか」
「だってよー、元々仲が良い感じでも無いと思うんだよ」
「あー・・・まぁそうっすね。でも、そんなに気にすることないんじゃないっすか?偶然かもしれないですし」
「だけど、俺は気になる!」
「それはそうですけど・・まー、月曜聞けるじゃないっすか。浮気なんて部長絶対許しませんよ。想像するだけで怖い・・・」
「そうだなっ!!それよりコレ美味ーーー!!!!」
「ちょっと丸井先輩!それ俺の!!!」


2人がわいわい騒ぎ出す頃、真田と栞は小走りで駅に向かっていた。


「すまない、急に腕を引っ張ってしまって」
「だ、大丈夫です。・・・ちょっと・・ビックリしましたけど」

なんとか呼吸を整えようとする。真田から腕が痛むか心配してくれると、栞はあることを思い出して顔色を変えていった。

「どうかした?やはり痛むのか!?」
「い・・急いで出てしまったので、お金払うのを忘れてしまいました!!私戻らなきゃ」

クルッと背を向けて走り出そうとする栞の腕を真田は取ろうとするが、間違って手を握ってしまった。
お互いにビックリして、直ぐに離したが心臓が高まっていく。


「す、すまない!!さっきの会計は俺が払っておいたから大丈夫だ」


一瞬手を握られてビックリせいで、心臓がバクバクと鳴っている。先輩と目を合わせようとするけど、うまく合わせられない・・・。何だろう、この感じ。
私が席を離れた時に払ってくれているなんて、お礼にも何にもならないし。
間違って握られてしまっただけ。落ち着け、私と何度も心の中で呟いた。


栞は「ありがとうございます・・・」と小さく言って、黙ったまま電車に乗った。行きの電車とは違い話は全くせず、じっと下を見ているだけ。時々真田が気にする様子は感じられた。だけど、お互いさっきの出来事を考えてしまい、駅まで一言も話すことはなかった。


駅に着くと空は少し赤へ顔を変えている。


もう17時になっちゃうのか。精市の家に行って勉強しても直ぐ帰ることになりそうだから、今日はやめておこうかな。

「中山、先ほどはすまなかった。・・・・ただ間違えてしまって」
「ほ、本当そうですよー。しかも私がお礼にご馳走するって話しだったのに、先に払ってしまうなんて。ずるいです」
「年下にそうされるのは得意ではなくてな。送っていく」
「いや、そこまでされなくても。まだ明るいですし!」

まだ明るくても時間的に危ないと強く言う真田を断れなかった。家柄のせいか性格か、女の子一人で帰らせる訳にはいかないらしい。

「まさか赤也が居るとは思わなかったです」
「俺もだ。丸井が甘いもの好きだから付いてきたと言っていた」
「へぇ、丸井先輩って甘いもの好きなんですね」
「試合で勝つ為だ」

テニス部のメンバーのことは知っていた。だけど、挨拶ぐらいで話すこともあまりなくて・・・。
試合を観に行った会場で、精市を待っていた時に話しかけられたことはあるけど、決まっていつも精市が直ぐやってくる。話すのは同級生の赤也ぐらい。私から話すこともなく数年を過ごしてきたから、そんな些細な情報が新鮮に感じる。
別に精市になんで話してくれなかったんだろうとは思わない。

先輩は帰りの電車の中で話さなかったことを気にしている様子で、駅から家まで間はテニス部の話をしてくれた。今年も全国制覇を目指していることも。


「ん?こっちは幸村の家の方向ではないか?」
「私の家、精市の家の向かい側なんです」

納得した真田の足取りはなんとなく重くなった様な気がした。

「今日は本当にありがとうございました」
「・・・いや、無礼な真似をしてしまってすまなかった」
「あの。私からのお礼できてないので、またタイミングが合えばさせてもらいますね」

頭を下げる栞に「気にするな。失礼する」と家を後にして帰路に着く真田。少しだけ真田を見送って家に入っていった。





その様子を幸村は静かに観ていた。
決して栞が帰るのを待っていたわけではない。テスト勉強に目処がつき、気分転換にと庭に出てお気に入りの花達の様子を見ながら、水をあげようとしていたところだった。家の近くで遊ぶ子供達の声に混ざって聞こえた、低くキリッとした声に聞き覚えがあって木々の間から一瞬だけその姿が目に入ってきたのだ。


真田。しかも栞と一緒に?
もちろん栞が母親に頼まれた用事があったのは分かっている。だけど、気を使って1人で行くと言われたのに、なんで真田と?


短めのため息を吐くと、直ぐに笑みを浮かべ水やりをしだした。
幸村の中でふつふつと黒く濁った感情が少し湧き出していた。




「おい、栞」
「赤也、おはようー」
「おはようじゃないっつうの」

月曜日、早速切原から土曜日のことを聞かれる。
何となくそれは分かっていた。そりゃ同級生があの状況で、しかも逃げるように店を出てしまったら誰でも気になる。

「・・・なーんだ、そういうことかよ」
「だから何度も偶然だって言ってるじゃない」
「丸井先輩と、部長と栞が浮気してたら・・・って話してたんだけど」
「は!?ないない。ほら、授業始まるよ!!!!」



こんな話しは2年のクラスだけではなく3年のクラスでも起こっていた。休み時間、丸井がA組を覗き真田を探していると後ろから声をかけられる。

「丸井君、何か用ですか?」
「わ!驚かすなよ。真田に聞きたいことがあってよ」
「勉強のことですか?珍しいこともあるんですね。真田君ならあそこに」

廊下の奥の方へ視線を戻すと真田が教室に戻ってくる最中で、丸井は走って向かった。真田は眉を顰めたまま微動だにせず、丸井が小さな声で話し始めると真田の顔がみるみるうちに強張り大きな声をあげた。

「戯けが!!!そんなことあるわけがないだろうが!!!!!!!それに幸村の」
「俺の何?」


笑顔の幸村が立っていた。なんてタイミングで居るのか。シーンと、空気が張り詰めたような気がしているのは、テニス部だけらしい。


「せ、先日良く行く茶屋の道中で中山に会った。それを丸井が勘違いしていてだな・・・」
「めんごめんご!っていうか、そういう理由だったのかー。甘味処で会ったからさ、そりゃ勘違いするよなーー」

張り詰めた空気をどうにかしようと、笑いながら丸井が必死に話し始める。気がつけば教室や廊下からレギュラーメンバーが気にして様子を伺いはじめた。

「本の礼に誘われたのだが、年下にそうされるのは得意ではなくてな。断ったんだが・・・」
「そうだったんだ。甘味処ね・・・」
「すまん、幸村。変な誤解をまね」
「真田、気にしなくて良いよ」


やや突き放す様な言い方をするが、笑顔の幸村。その下に黒い感情が湧き出ていることは知っている。そして、平常心を保ちつつも調子が狂っている真田の姿は、部活メンバーだけ感じ取れていた。
誰もがこの状態をどうするのか興味を持っていたが、丁度良く予鈴が鳴り「もう少し様子を観ていたかったな」と柳が呟き、全員教室に入っていった。


いつもなら気配がするだけで気がつく真田が俺に気が付かないなんて、今までなかった気がする。一昨日、外で見たときも視線にすら気が付いていない様子だったけど・・・いけないな。


ねぇ真田、君は何に気を取られているの?





*next



[ 3/15 ]

[*prev] [next#]
[mokuji]
[しおりを挟む]




×
SSが簡単に作れる
BL専門チャットノベル
- ナノ -