#02「茶柱」

時計が19時を指す頃、幸村の母親から「夕飯でも食べて帰ったら?」と誘われたが、テストは気が抜けないと遠慮して帰ることにした栞。玄関先で見送られ扉を開けようとすると丁度インターホンが鳴った。

「真田」
「こんな時間にすまない」

幸村が母親の代わりに外を見ると、部活仲間の真田が立ってお辞儀をした。

「マネージャーが昨日までの部活記録をお前に渡しそびれたと図書館で騒いでおってな。代わりに渡しに来た」

鞄からノートを取り出して渡すと栞の方に視線をやる。

「こ、こんばんは」

真田先輩だよね。あまり面識ないからそんなに見られると困るんだけど・・・。大きいし威圧感が凄いよ。

「ハハッ、栞が怖がってる」

幸村は栞の様子を伺って真田に注意すると「すまない」と謝り、二人の邪魔をしないようにと鞄を持ち直して帰っていった。

「ごめんね、ああいう奴なんだ」
「大丈夫。・・・私もそろそろ帰るね」

門のところまで送られ、真正面ではないが少し斜めにある栞の家まではすぐ。こんなに近いのに名残惜しくなってしまうが、また明日も会える。



次の日のお昼休み、栞は図書館に向かった。昨夜自宅で古文の勉強をしていたが、教科書やノートを見ても理解することが出来ず、図書館で分かりやすい本がないか探しに来ていた。
少し気になるタイトルがあるが少し上の方。栞の身長では少し届かなくて奮闘している時、スッと大きな手が伸びてその本を取った。

「この本で良かったか?」
「真田先輩。あ、ありがとうございます」
「昨日はすまなかった」
「気にしてないですから!」
「そうか」

そう言い残して本棚を眺めながら、背を向けてゆっくり歩き出すのを見ながらパラパラと取って貰った本の中身を確かめる。


なんて律儀な人なんだろう、私こそ怖がってしまって申し訳ないのに・・・。あ・・・この本思ってたのと違う。どうしよう・・・戻したいのに届かない。


「さ、真田先輩!」

戸惑いながらも栞は、もう行ってしまいそうな真田の制服の袖を慌てて掴んだ。少し驚いた表情をする真田に、困った表情で本を戻して欲しい理由を伝えると快く受けてくれた。
本の位置に本を戻すと、真田は何かを探し始めて一冊の本を差し出す。

「今やっているのはこの辺りだと思うから、こっちの方が分かりやすいと思う」
「本当ですか?ありがとうございます」

栞は微笑んで図書館を出た。



教室に戻って薦められた本を読んでみると、知りたかったほとんどのことが書いてあり、勉強が進む。放課後もまた幸村の部屋でテスト勉強をしていた。

「今日図書館行ったの?」
「え?」
「その本、去年よく真田が図書館から借りてきて読んでたから」
「そうなんだっ。今日図書館で困ってたら真田先輩が助けてくれてね、この本が良いって教えてくれたの」

真田が?頼まれたことは断れないタイプだけど、自分から何かをしてあげることは珍しい。しかも女子になんて、また珍しい。

「精市・・・?」
「何もないよ。それより明日休みだけど、どうする?」
「また勉強しに来る!ちょっと数学教えて欲しいんだよね」

明日のお昼過ぎに向かう約束をして、栞は家に帰って夕飯を食べていると母親が電話を切って戻ってきた。

「栞、明日どうしてもお願いしたいことがあって」
「え?明日じゃないとダメなの?私、精市と勉強する約束があるんだけど」
「明後日の朝に必要なお茶を明日受け取りに行く予定だったんだけど、急におばさんとの用事が入っちゃって断れないのよ」

「精市くんとはいつでも会えるでしょう?」と笑われ、近くの甘味処で甘いもの食べてきて良いからと引き受けることになった。食事を終えて直ぐに幸村に連絡を入れる。「受け取りなら一緒に行くよ」と言ってくれたが遠いし、いくらエスカレーターで大学までいける立海でもテストの点数は重要。
そう思って一人で行くことにして、もし早く終わって時間があれば寄ることだけ伝えた。





((間も無く3番線に電車が到着いたします。黄色い線の内側にー))

朝10時頃、行き先の住所と地図を見ながら電車のホームに栞は立ち、電車を待っていた。

なるべく迷わず行って、早めに戻ってこようかな。このホームで合ってるんだよね?

「中山?」

後ろから声をかけられた。

「さ、真田先輩!?おはようございます。先輩も次の電車に?」
「そうだ、ちょっと用があってな。今日は一人か?」
「母からこのお店にお茶の葉を受け取りに行って欲しいと頼まれていて」
「・・偶然だな」
「?」

栞がキョトンとしているとホームに電車が入ってきて、風が駆け抜ける。扉が開いて真田が先を歩き「俺もそこに行く」と、少し照れながら言って手招きした。

真田先輩とはあまり話したことはなかった。精市より大きくて何だか難しそうで、しかも学年も違ったから顔見知り程度。だけど車内では、これから行くお店は真田先輩の家が昔から使っているお茶屋さんだということ、お茶のこと、歴史なんかを詳しく教えてくれてた。
いつもより電車に乗っている時間は長いのに、気がついたら目的の駅まで着いていて、お店までの複雑な道もあっという間だった。



「あら、真田さんところの弦一郎くん」

老舗の大きな店構えだけど、改装したてもあって少しモダンな雰囲気も漂う。カウンター越しに栞を見ると会釈をしてくれた。

「予約をしていた中山です。受け取りにきたのですが・・・」
「中山さんね、こんなに可愛らしい娘さんが居らして。弦一郎くんと知り合いなんて、世間も狭いのね」

鶯色の綺麗な包装と紙袋を丁寧に渡して支払いを済ませた後に、真田は「これいつものね」と何も言わず出てきた紙袋を受け取り支払いを済ませていた。

「お店まで案内してくれてありがとうございました。こんな道通ると思っていなかったので、多分1人だったら迷ってたと思います」
「礼には及ばん」
「・・・あの、これから予定ありますか?この先の甘味処に行くんですけど、昨日の本のお礼に」
「そんな気を使わなくて良いぞ」
「道の案内もしてくれましたし!」
「・・・」

少し頭を下げられてお願いされる真田は断る理由もない。といっても、相手は幸村の彼女。一緒に行くのは気が引けるし、一言入れておいた方が良いんじゃないかと考えていると服の裾を掴まれた。

「甘いもの苦手ですか?」

首を少し傾げながら言う栞に戸惑っていた。その戸惑いを隠すためにも、観念して一緒に行くことを決め歩き出す真田。
木造3階建ての老舗の甘味処へ着き、あまり混んでいないことにホッとして席へ通される。

「んー」
「・・・」
「・・どうしよう」

栞はメニュー決めに迷っていた。沢山ある商品に加えて、甘いもの。女の子だったらアレもコレも食べたい欲望が出てくる。それに比べて真田は落ち着いてメニューを閉じていた。

「先輩は決まったんですか?」
「粟ぜんざい」
「それも良いですよね!だけど、んー・・・あんみつにしようかな」

店員を呼び注文を終えると、お茶を飲んで一息つく。お互い甘いものを食べながら好きな和菓子の話や、学校のことに話を沢山話した。


「電車に乗ってる時から思ってたんですけど、先輩って思ってたより話しやすくて優しいんですね」
「そうか?中山とは顔見知り程度だったが、今日沢山話せて良かった」

お代わりのお茶を注がれると、栞の方に茶柱がたつ。

「茶柱、何か良いことあるかもしれないですねっ」

ニッコリと笑い時計をみると14時半を指していた。お店を出る前に栞は化粧室へと席を外す。店内は15時を前に少し混み出してきて、お年を召した方から若い人まで様々だった。真田は店員に伝票を貰い話していると、落ち着きのある店内にはふさわしくない声が聞こえた。

「あれ?真田じゃん、何してんの?」
「本当だ!!なーにやってるんですか副部長」
「丸井と赤也」

テーブルに置かれた2つのお茶をみて、真田1人じゃないと確信する2人。にやにやしながら誰と来たとか、なんで地元から離れた場所に来ているのか質問をする。

「お前らこそ、テスト勉強もせんで何してるんだ」
「うっ・・・俺は丸井先輩が、どうしてもここの期間限定のスイーツ食べてみたいって言うから付いてきたんすよ」
「真田こそテスト勉強しないで何してんだよ」
「近くの茶屋に用があったついでだ」
「それで、誰と来たんすか?」
「・・・っ」

切原の質問に言葉を詰まらせる。別に悪いことをしている訳じゃないが、なんともこの2人に言うのは駄目な感じがしている。

「赤也?と、確か丸井先輩?」
「確かは余計だろ。って、あれこの子って」
「栞じゃん。え?」

切原が「部長と一緒じゃないの?」と言いきる前に、真田は咄嗟に栞の腕を引っ張って店を出た。




*nest



[ 2/15 ]

[*prev] [next#]
[mokuji]
[しおりを挟む]




テーマ「嘘から始まる恋」
BL小説コンテスト開催中!
- ナノ -