#05「揺れ」


まだ重くて怠い身体を起こすと、「もうすぐ20時だよ」と幸村は教えてくれる。数時間前のことを思い出すと、また目も合わせられないぐらい恥ずかしくなった。

「大丈夫?着替えた方が良いよ」

優しく声をかけ背を向ける幸村。簡単に畳まれた制服が枕元にあり、栞は少し急いで制服に袖を通し身なりを整えた。携帯を見ると、いつもより少し帰りが遅い事を心配して、母からメッセージが入っていた。幸村の家で勉強していた事を伝えると、鞄を持ち帰る準備をする。

「栞、今日は全然勉強できなくてごめんね」
「ううん・・・。大丈夫、何とかなるよ!」

いつもなら幸村は自分の家の門のところで見送ってくれるのに、今日は栞の自宅玄関前まで付いてきた。

「近いのに送ってくれてありがとう」
「大切な彼女だからね」
「ありがとう、精市」

親に気づかれてしまうんじゃないかと思う玄関で、幸村に抱きしめられ軽いキスをする。まだテスト週間というのにテニス部は明日から練習するとのことで、2人でゆっくり会うのは暫くお預けになりそうだった。その分、大会が始まったら応援に行く約束をした。

玄関を開けてリビングに入ると、母親が「さっき精市くん来てたでしょ」と聞かれた。どうやら話し声が聞こえていたらしく「青春ねー」と言われた。
栞は顔を赤くし「違うよ!』と反抗するが、母親は笑ってキッチンの方へ行ってしまう。ムスッとした顔で食事をとり、食後に緑茶を出される。

「いつもの紅茶じゃないの?」
「たまには良いでしょ?この前お使いに行ってくれた時のお茶よ。美味しいわよ」

栞にはいつも紅茶が出されていた。それが今日は、真田に連れて行ってもらった店のお茶。透明感のある黄緑色をしていて、爽やかで落ち着く香りがする。

真田先輩は、いつもお茶を飲むのかな。

そんなことを考えながら湯飲みに口を付ける。家柄的にも和風なイメージしかなく、昔から使っているお茶屋さんだということを思い出していくと、あの日、一瞬手を握られたことを思い出して胸がドキドキした。
まだ時間の経っていない、あの一瞬の出来事。幸村と付き合っていながら少し動揺している自分が信じがたく、残ったお茶を一気に飲み干し部屋に入って手にしたのは携帯。

「・・・・もしもし、精市?」
「どうしたの?」
「・・・何だか声聞きたくなっちゃって」
「なにそれ可愛い」

電話越しに笑ってくれる声を聞いて安心した。自分の気持ちは幸村に向いていると。

「明日から練習始まるのに、ごめんね。本当に声が聞きたくなっただけなの」
「うん、大丈夫」
「テスト勉強できなかった分、これから頑張るね。おやすみ精市・・好きよ」
「俺も好きだよ。おやすみ」



次の日から予告通りテニス部は練習再開。その翌日にはテストが始まった。
幸村とは時々会い寂しさを紛らわし勉強に励むようにしていた分、今回のテストは良い結果を得られそうだった。



「弦一郎、いつもより球筋が悪いぞ。安定していない」
「すまない」
「・・・彼女のことか?」

否定するようにギロッと柳を見るが「周りに感づかれるぞ」と小さな声で言った。
目に見えない惑わされる感覚が何なのか、ある程度分かっている。この数日間、真田の頭の中で栞の笑顔と声がリフレインされ、それは初めての恋だという事を認めざるおえなかった。

「顔を洗ってくる」

柳にそう伝えコートを後にする。
相手は幸村の彼女であることに、最初の恋が叶うはずのものではないと感じた。今の自分に付き合いたいなど欲を出すものではないと、蛇口の捻り頭から水を被る。生温い水が少しずつ冷んやりしていくのを暫く肌で感じ、勢いよく頭を上げた。

「きゃっ!」
「すまない・・」
「あれ、真田先輩」

僅かだが、勢いよく飛んだ水しぶきが丁度通りがかかった栞にかかった。ほんの少し濡れただけで大したことはないと笑っている。

「今帰りなのか」
「・・・そうなんです。図書館に寄った帰りで」

目が合うと何でもないのに意識してしまう真田。3分ほどの他愛のない会話が幸せに感じ、もっと話しをして知りたいという好奇心が湧く。恋というのはこんなにも簡単に意思が変わってしまうものなのか。それとも、己の意思が弱すぎるのか。
栞を見送り濡れた髪をタオルで拭き直しながらコートへ戻る。道中、思わず短いため息が出た。まだ不器用すぎる自分と向き合うことができず、練習に支障が出ている事は副部長として許されることでは無い。

「副部長ーー!遅いじゃないっすか、次俺と打ち合いっすよ」
「あぁ、直ぐ準備する」
「先にコート入ってますよー」

ブンブンとラケットを振り回す切原を見て、帽子を被り直しラケットを持つ。せめてコートの中では余計なことは持ち込まず、練習に専念するようにと決心をした真田だった。




その日、栞は日直だった。
毎時間黒板を消し、日誌を書く。おまけに先生からの頼みごとで、クラスのプリントを回収し職員室まで持っていくという余計な仕事付き。放課後の教室で短い溜息を吐き、1人で日誌を黙々と書くが続かない。

幸村と付き合っている自分と、真田のことを考えると胸騒ぎがする自分。

初めて幸村とした日から、何度か身体を重ねる日があった。その度に、幸村の愛を感じるし離れたくもないと思う。だけど、真田のことを想うと胸騒ぎがする事実もあり、それを否定しようとすると胸が締め付けられる様な感じがする。栞は幸村と付き合っている身として、真田と廊下ですれ違うことすら嫌気が差していた。側にいて欲しいのは幸村。

勢いよく教室のドアが開き、肩を震わせドアの方を見ると見回りをしている先生。「早く日誌を書いて帰りなさい」と言われ、どこかに行ってしまった。

「書いちゃおう・・・」

再びペンを握り空白の欄を埋め、鞄と日誌。そしてプリントの束を持って廊下を出る。
頭の中は2人のこと。時間が経てば経つほど、それぞれの想いが育っていくような気がする。

「わっ!」


ーバサッ


考え事をしていたせいで栞はプリントの束を落としてしまった。ひっそりとした廊下で1人、散らばったプリントを回収していると後ろから足音がして「大丈夫か?」と声をかけられた。

「柳先輩」
「久しぶりだな。手伝う」
「すみません・・・」
「考え事をしていたいのか?」
「え、何でわかるんですか?」
「俺が後ろを歩いていたこと、気づいていたか?」

栞が廊下を歩いている途中から、たまたま柳が後ろからついてくる形になってしまったと聞かされる。とぼとぼと歩いている様子から、栞が考え事をしていると予測したそう。もちろん、後ろを歩いていることなんて気がついていない。

「全然気がつかなかったです。流石柳先輩!考え事してましたよー」

1枚1枚拾ってはゴミが付いていないか確認をする柳。
柳のデータと鋭い観察力はバカにできないと幸村に教えてもらっていた栞は、悟られないよう笑って答えた。


「弦一郎のことか」


栞の瞳が揺れたことを、柳は見逃さなかった。




*next


[ 5/15 ]

[*prev] [next#]
[mokuji]
[しおりを挟む]




×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -