07 紅藍の閃光


 初めは片手だけで服を上げていたが、両手を使うと両胸すべてが見えるようになる。すると、宇髄は見えていた右胸だけを責めていたが、その口は左胸へと移動し、柔く乳首をコリコリと噛んでくる。そのあまりの気持ちよさにビグッと身体が跳ねる。
「あはっ!あ、あ、ああっ……ああああ気持ちいいっ……こんな、こん、なことっ……」
「あるんだよな、こういうことってさ。気持ちよさそうなツラしやがって。トロトロじゃねえか。かわいいな、オマエはやっぱ。ほら、もっと啼けよ。もうイクんだろ?」
「んっうん、イク。も、もうっ……もうイクッ。う、うずい、宇髄も。宇髄と、イきたい。うずいと、イク。一緒に、イク」
「じゃ、そろそろイクか。よし、義勇、お前はそのまま服上げてな。乳首も責める」
 そう言うなり、宇髄は蜜で溢れた茎の先端をぐちゃぐちゃと音を立てながら揉み、そして扱き始め右乳首は口に含まれて、勃った乳首をコリコリと痛くない程度に噛んでくる。
 その二つの刺激に、義勇は歯を食いしばって達しそうになるのをこらえていた。でなければ、今すぐにでもイってしまいそうだ。
 それに、なにより先端が気持ちいい。宇髄の傘のような形の先っぽのそれは大きく、くびれの部分に擦れるとじんっと快感が股間から身体に響き渡る。
「うっあっ……ヒッあっ!アッ、あ、アアッ!んっああああイク!うずい、宇髄イク!も、イクッ……!」
 すると、そんな義勇を追い立てるようにさらなる先端責めが始まる。
 二人の息は完全に上がっていて、ハアハアとけだものじみた息を吐き出しながら、この行為に溺れてゆく。
「んっ……あ、ヤベ。俺も、イきそうッ……!義勇、どうだ?」
「さ、さっきから、言ってる……!イクッ!イ、イクの、ガマンして、はあっ……はあっ、も、イク。宇髄と、イクッ……!」
 最後の追い立てが始まった。ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅっと、耳の孔を塞ぎたくなるような卑猥な音が立ち、それと同時に眼も眩むような強烈な刺激が先端から快感となって全身へ拡がり、勝手に身体がビクビクと跳ねる。熱い宇髄の硬茎も、同じように跳ねているのが何故か嬉しい。
 そう感じた途端、強烈な射精感が義勇を襲う。そして、頭の中が真っ白に染まった。
「イ、イク!イ、イ、イッ……イク!!うずい、宇髄イク!もっ……ッホントに、イクッ!あああああイクううっうっうっ!」
「おお、いいぜ。イクか。俺もっ……イクッ!」
「あっひっ……いっいっ、イクッイッ、あー!あああうううっああああー!イックううううう!!」
 途端、先端に宇髄の手が押し当たり、その手のひらに向かって思い切り熱射液を吐き出してしまう。ドビュッ!ドビュルルルッと勢いよく何度も熱茎を跳ねさせながら射精してしまい、宇髄も義勇と同じく身体を跳ねさせながら射精している様子。
 ガクガクガクガクッと二つの身体が奇妙に傾ぎ、跳ね、そして準備室には二つの荒い吐息だけが聞こえるようになる。
「あっ……はあっはあっは、は、はっ……うずい……」
「はあっ……義勇……気持ちよかったか?」
 義勇は抱きついていた宇髄の身体から離れ、その顔を確認してみる。
 宇髄は少し汗をかいていて、頬が桃色がかっている。紅色の瞳には欲情が混じり、その目で義勇を射抜いてくる。
 その紅色を至近距離で見たくなり、顔を近づけてゆくと急にずいっと宇髄が目の前へと来る。上半身を伸ばし、義勇に近づいたのだ。そのまま口づけられ、驚いているとするっと咥内に舌が入り込んできて、義勇の舌を絡め取って唾液を啜られる。
 情事後の宇髄の舌は甘く、思わず義勇からも積極的に舌を動かして宇髄の舌を舐める。クセになりそうな甘さだ。必死になって舌を動かしていると、宇髄がのど奥で「くくっ……」と笑ったのが分かった。
 そこでふと我に返り、唇を離そうとするが宇髄が追ってきて唇が柔らかな感触に包まれる。そのままぢゅっと吸われ、義勇も吸い返す。
 頭の中が、未だに快感でぼんやりとする。
 思わず宇髄に抱きついてしまい、頬ずりをしてほうっと熱い溜息を吐く。
「宇髄……うずい……」
「義勇……」
 宇髄からも背に腕が回され、ぎゅっと抱かれる。
 そうしているうち、だんだんと正気に戻って来た義勇は今、自身がなにをしているか、そしてなにをしてなにを強請ってしまったのかが急に記憶が溢れ出てきて、とてもではないがこのままこうしてはいられない。
 そう思った義勇は腕の中で暴れ、宇髄から離れるとまず素早く下着を穿き、そして下穿きを身に着けていると、宇髄は義勇のその行動の速さに驚いているようだが、何しろ宇髄の両手は蜜液と白濁液でぐっしょりと濡れている。さすがにそのまま引き止めるのは無理だと感じたのか、ティッシュを数枚、ボックスから取り出したのを尻目に、義勇は美術準備室を飛び出した。
 そして向かったのは、いつも独りで昼食を摂っている例の階段だった。
 身体が熱い。熱くて熱くて、燃えてしまいそうだ。
 恥ずかしいことを言った。強請った。宇髄と、絶頂に達してしまった。白濁の精をブチ撒けた。
 義勇は何故か滲み出てくる涙と戦いながら階段へと腰掛け、目元を拭う。

-14-

prevnext

×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -