06 紅藍の閃光


 無情にももう一度、局部を隠そうとした義勇の手は弾かれるように退かされ、宇髄は両手を使って義勇の熱部を責め始める。まずは茎の部分を扱きながら、徹底的に蜜溢れる先端を撫で擦られ、それだけでも悶絶の義勇だ。
「うあっ!あっあっあっあっ!ああっああうううっ!やっ、やめっやっやあっ!」
「気持ちいいんだろ?いいならいいって言えよ。もっとしてやる」
「ひ、っく……やだ、あっ……」
「ならもっとやる。お前がいいって言うまでやる」
 今度は裏筋を執拗なまでに人差し指の腹を使って上下に擦られる。ビクビクビクッと熱を持った肉茎が飛び跳ねたのが分かった。快感があまりに強くて、勝手に跳ねてしまうのだ。
「やあっ!や、あっああっ!い、や、あっ……!」
「お、ガマン汁の量が増した。ゴプゴプ出てくるぜ。感じてんな、完全にこれ。こうなってもお前はいやか?」
「うっふっ……ふっ……ううっ……」
「まだ続けられたいようだな。よし、んじゃ本格的にいくか。こうなったら意地でも言わせてやる」
 その言葉に戦慄し、義勇は逃げようとじりじりと腰を動かすが宇髄の手はどこまでも義勇を追ってくる。追って、責めてくる。
 本格的にいくというのはどうやら先端責めのことだったらしい。確かに、一番快感を感じるのはここだ。そこを、宇髄の巧みに動く手で揉むように扱いたり、撫でるように手を動かされたり、くびれた部分に指を輪っかのように引っ掛けてクリクリ捻られたりとしたい放題された義勇は半泣きで降参を訴える。
「きっ……ああっ!あっあっくううっ!き、き、き、きもち、きもちい、いっ……!や、だめ、だめ出る。で、るうううっ……!」
「ん?いま気持ちいいって言ったか。おい、聞こえねえぞハッキリ言え。気持ちいいか?」
「い、いいっ……!すごく、き、きもち、きもちいいっ……!だ、から、でる、でる、で、ちゃうっ!うずい、出るっ!」
「出る?ああ、イクのか。そいつはまだだな。まだもうちょっと頑張ってもらわねえといけねえ」
「……はあっはっ……よつんばい、なる……?」
「ああ、それはもういい。いいから、テメーはこっち来いや。よいしょっと!」
 威勢のいい掛け声とともに、義勇は腕を取られて上半身がグイッと持ち上げられ、ポスンと宇髄の腕の中に入る。
「このまま、俺のとお前の、纏めて扱く。だから、お前は俺に抱きついて感じてろ。それだけでいい。ま、やってみれば分かる」
「なに……?なに、するっ……!ヒッ!いっ……あ!あっくうう、うあああ!」
 熱茎に硬くて熱い棒が押し当たり、大きな手でがしがしと扱かれる。その棒が宇髄の硬茎で、そして手も宇髄のものだ。擦れ合うたび、扱かれるたびに感じる宇髄の熱に義勇の喘ぎは止まない。必死で宇髄に抱きつき、快感を享受する。今はそれしかできそうに無かった。
「んあっ!ああっうああうううっ!ひあっあっあっあっ!い、いいっ……ああああいいっ!うずいっ、いいっ、いいよおだめええ!」
 抽出される蜜も混じり合い、激しい手の動きでぐちゃぐちゃとした粘着音が義勇の耳を犯す。宇髄の熱茎も相当硬くなっており、義勇のモノと何度もキスしながら二人は感度を高めてゆく。
「ひっくっ……で、でるっ!でる、宇髄、うずい出るっ!で、るからぁ!」
「あのな義勇。出るじゃなくって、イクって言え。ほら、言ってみろイクって言え。イク、だ。義勇」
「い、い、い……い、イクッ……!イ、イっちゃう、宇髄、俺イっちゃう。出ちゃう、イク、イク、イク!」
 義勇は無我夢中で宇髄の背中を掻き毟り、パーカーを被っている頭を掻き抱いて暴れまくる。ただ、足だけは膝をついている状態なので上半身しか身動きができないのだ。それも、もどかしい。全身すべて、動かしたい。快感を身体から逃がしたい。だが、義勇の意思を裏切り、快感はまるで湯水のように湧き出ては身体に拡がり、たまらない気持ちにさせる。
「はあっはっ……いいぜ、冨岡ぁ。もっと狂っていいんだぜ。狂えよ。もっと欲しいって言ってみやがれ」
「はっはっ、うっ……っく、ほ、しいっ……手ぇ、もっと欲しい。早く、動かして。ぐちゃぐちゃに、して。めちゃくちゃに、して。宇髄に、して欲しいっ……めちゃくちゃに、してほしいっ……」
「ついに本音が出たか。よし、飛ばしていくぞ。ついて来な」
「んっ……うんっ」
 義勇は改めて宇髄に抱きつき、熱茎に絡みつく両手の快感に備える。すると、宇髄はモノを手で持ちながら、腰を動かし始めたのだ。何しろ、宇髄の硬茎はかなりの巨根。義勇の熱茎に擦り付けられるようにして、動き始めるそれに、義勇は思い切り啼く。
「んああっ!あああっあああううう、やああっ!」
 腰の動き自体はそこまで激しくは無いが、感覚がものすごいと思う。完全に勃起している宇髄の硬茎と合わさり、そして扱かれていると思うとただそれだけでもう達してしまいそうになってしまう。
「んっんふっ……は、ああっ……!あ、あ、あっ……き、気持ちいいっ、いい、いい、イク、イク、出るっ!」
「まだだ。まだもう少し我慢しな。俺がまだだ」
 激しく上下に動き始める腰。ゆさゆさと身体が揺さぶられ、先端をこれでもかというほどに撫で擦られて、義勇は既に限界を迎えようとしているそれを我慢し、必死になって宇髄にしがみついていた。
 しかし、もはや限度がある。
 けれど、一人で達したくは無いと思う。できることなら、同時に達したい。
「んっ!んっんっんっんっ、んんっ……はあっ、宇髄、うずい、うずいっ……!」
 腰の動きがますます激しくなる。あまりの激しさにガクガクと身体が傾ぎ、熱い塊が義勇の熱茎にぶつかっては擦れ、そして裏筋を舐めるように滑ってゆく。
 次第に、頭の中がぐちゃぐちゃに混乱して、イクことしか考えられなくなってくる。こうなってくると、射精は目の前だ。
 宇髄と恥ずかしいことをしている。その事実が一番大きく、義勇の興奮を激しく押し上げてくる。宇髄の硬茎も完全に勃起して、時折、腰の動きを止めて先端ばかりクリクリと撫でられると蜜液が溢れ出て、扱くたびにぐちょぐちょと音が立つ。これも充分な興奮材料だ。
「う、ずいっ……い、イクッ……も、もうだめだ。ほ、んとに、あんっ!あっ……イクッ……ふっあっああっ!」
「おい義勇。服、上げな。上の方にグイッと」
「ふ、く……?」
 なにがなんだか分からなかったが、義勇の頭の中はほとんど機能していなかったため、言われるがままたくし上げてしまうと、宇髄が身を屈めて義勇のぽつんと勃っている薄ピンク色の乳輪含め乳首に吸いついてくる。
「っうああ!ああっあ、あ、そこ、はっ……だめっ……だめ気持ちいいっ!いいっ、いいっ」
 宇髄は舌の先で義勇の乳首を押したり潰したりして舐めしゃぶってくる。そのたびにちゅるちゅると音が立って、耳まで犯されているようだ。
 そのうちに、だんだんと手の動きが先端全体に及ぶようになる。まるで揉み込むように宇髄の手が動く。
 宇髄の重なっているモノの血管が、ぴくぴくと脈打っているのが分かる。時折、思い出したように跳ねるのも感じる。愛おしいと思う。宇髄の硬起したものが心底に愛おしい。

-13-

prevnext

×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -