未来へ残された光


「おっと!?」
「きゃあ!」

何かに弾き飛ばされ、囚人とフェイスは小さな悲鳴をあげた。
今まで真っ赤に染まった大地の街に居たというのに、そこは建物ーー廃図書館の中で。

「どこだよここ、本だらけだな」

囚人がキョロキョロしていると、床に座り込んでいるロスの姿を見つけた。

「お前は俺達の過去をすでに知っているからな、時間を無駄にする必要はない」

ロスはそう言い、

「確かに‥‥お前を看取った際、お前の妙な魔法かなんかで俺の中にお前とアブノーマルの過去が流れ込んで来たが‥‥なんでロスの中にジジイが居るんだよ?」

囚人は疑問をぶつける。

「まあ、それは後でちゃんと話すさ。俺自身、今ややこしいんだよな。ロスとメモリーの意思がごっちゃで‥‥集落のことも、あいつらのことも、アブノーマルのことも、どれを優先すべきかって感じ」

ロスは苦笑し、

「お前は?囚人。お前はなんの為にここに来た?妹の為か?」

そう聞かれ、

「‥‥知ってるのかよ」
「魂だけになって見てたからな。まあ、なんだ。旧知の魔王が‥‥さっき声がしてたろ?コアって奴。あいつの力は死者の魂を所持することなんだ」
「魂を、所持だ?」

囚人は眉を潜めた。

「ああーー。まあ、それも後で。質問に戻すけど、お前はなんの為にここまで来た?」
「‥‥はあ」

ロスの問いに、囚人はため息を吐き、

「お前が死んだからさ、俺がお前の姉を止めに行こうと思ったのに、お前、そんな形で生きてるとか、なんなんだよ」
「はは、なるほど、そうだったか。そりゃ悪かったな」
「だが‥‥」

囚人は真っ直ぐロスの目を見つめ、

「だったら、クルにかけた、名を縛る呪い、解けるのか?」

少しだけ期待が混じったその声に、しかしロスは首を横に振り、

「さすがに、力までは戻らない‥‥あいつは、名前通りに暴走しちまってるな」

申し訳なさそうに言う。

「でも、家族だから取り戻すんだよね。クルやんのことも、魔女のことも」

それまで黙っていたフェイスがそう言えば、囚人はまた苦笑し、ロスであり、メモリーは目を丸くして‥‥

目の前に居る、道化のまま、透けた体をしたフェイスを。
囚われてしまったクルエリティを。
デシレを、フォシヴィーを、ナツレを、そしてユーズの姿を思い浮かべ、それらは全て、自分のせいであると、ようやく赤髪の魔王は受け止め、座り込んでいたその場から立ち上がる。
立ち上がって、

「‥‥ああ。あいつの弟、メモリーとして。あいつの仲間、ロスとして。俺は、迷う必要なんか、ないんだ。システルには、ディエが、ヴァニシュちゃんが、囚人がいる。だが、アブ‥‥シャイとクルエリティは、ひとりぼっちだ」

それは、魔女により、あの屍しかない集落に縛られていた時の自分と同じ。
囚人が訪れ、魔女の力を壊してくれたからこそ、赤髪の魔王は孤独ではなくなった。
ひとりぼっちの、バケモノみたいな、愚か者ではなくなった。

それは、何も持たない子供だった時と同じ。
ふとした日にシステルが現れ、お互いに依存し合って、一人ではなくなった、孤独から解放された。

「背負いこむなよ、ジジイ。いや、ロス?ミモリ?ややこしいな。まあ、なんだ。お前だけじゃ止められねーよ。クルは、俺らのこと相当憎んでるし、アブノーマルだって、かなり俺とお前を嫌ってるからな!一筋縄じゃいかない」

囚人は火傷の痕を指でなぞり、

「だから、その為にあいつらに過去を見せてるんだろ?今、見てんのかな?アブノーマルと対峙した時、まさかシステルと知り合いで‥‥ましてやディエだったか。あいつぐらいか?アブノーマルーーシャイをなんとか出来そうなのは」
「‥‥確かに、な」

ロスは頷き、

「アブノーマルはしばらく俺らの中から奴自身の記憶を消してたが、お前と対峙したことで力が弱って‥‥だが、それでも頑なに、ディエだけはシャイのことを思い出していない。それは、そういうことだな」

それが、シャイの弱味だと、ロスは言う。
囚人はうんうんと頷いていたが、

「いや待て!!システルもディエが好きなんだろ?!どうすんだよ!」
「‥‥いざ、妹を目にしてみたら、やっぱかわいかったわけ?あーあ、フェイスが嫉妬しちゃうぜ?なあ、フェイス」
「してない!お爺やんのバカっ!!」
「ん?でも待て、確かロスはシステルが好きだったな!?どうなんだジジイ!?」
「くはっ、知るかよ」

しばらくそうして他愛のない話をして、その中で、なぜロスとメモリーがこうなったか、コアの存在をも伝えーー。

「さて、俺らだけでも先に動くか。たぶん、クルエリティがアブノーマルを殺しに向かってる。魔女相手に返り討ちにあうのは目に見えてるけどな」

ロスが言って、フェイスをじっと見る。

「くはっ、弟子も、あいつらもいることだしなぁ。家族全員で、お出迎えしに行ってやろうぜ」

そう、悪巧みするように笑ったロスの顔を、フェイスも囚人も不思議そうに見ていた。


・To Be Continued・

空想アリア



*prev戻るnext#

しおり



27/72