よろこばしき日に出会えたのならば


「でね!クッティは魚と野菜ばっかり食べるの!お肉も食べなきゃって言うのにぜんぜんお肉は食べなくて。だからクッティはあんなひょろひょろなんだよ!」
「‥‥そっかぁ」

リフェの家でヴァニシュが出会った少女マーシー。
リフェに安静にしていなさいと言われ、マーシーは与えられたベッドに潜り込みながら、共に行動している男の話をしていた。
そんな話を、ヴァニシュは一室の椅子に座りながら聞いている。

(クッティーークルエリティ。彼は紛れもない、異常者だ。でも‥‥この子に害はなかったのか?)

ヴァニシュは困ったような顔をして、嬉しそうに彼の話をするマーシーを見つめた。

「ヴァニシュさん」

そこで、部屋の外からリフェの声がして、

「あなたの知り合いという男の人が来たのだけれど‥‥」

それを聞き、ディエは先程ここを去った為、ヴァニシュはロスを思い浮かべる。
マーシーに少しだけ待っていてと伝え、ヴァニシュは玄関に向かった。そこに立つ赤髪の男を見つめ、

「ロスさ‥‥」

言い掛けて、ヴァニシュは言葉を止める。
そこに立つのは、確かにロスだ。
しかし彼は、黒いフードに身を包み、明るかった赤髪が、暗い色をしている。カチューシャも外しており、ツンツンと立っていた髪がサラリと流れていて。
その目はどこか虚ろだった。

「ヴァニシュちゃん。俺は一足先にシャイを止めに行くよ」
「え!?」

唐突なロスの言葉にヴァニシュは声を上げる。

「俺が止めてやらねえと駄目なんだ」
「ロス、さん?」

真剣な表情でそう言う目の前の男は確かにロスであるが、どこか、違って。
何事だろうと、リフェが心配そうにヴァニシュの後ろから様子を見ていた。

ロスはちらりと、一室から見える壁に貼られた落書きを見つめる。
次にロスはヴァニシュの後ろに立つリフェを見つめ、

「約束守ってくれてありがとな、先生」

それだけ言って、ロスはリフェの家から出て行った。

「え‥‥?あれ?リフェさん、ロスさんと知り合い、でしたか?」

ヴァニシュは後ろを振り向き、彼女を不思議そうに見る。するとリフェは両手で自身の顔を覆い隠し、肩を震わせていた。


彼が亡くなる数日前に描いていた【囚人の家族】と称した絵。

「先生、俺が死んだ後でいいからこれ飾っててよ」

彼が、そう言っていたこと。しかし、

「囚人さんの家族?‥‥あら?でもこの絵‥‥赤髪さんは居ないんじゃないかしら?」

その絵の中に、彼自身が居なかったこと。

「俺はここに居なくていいんだ」

そう、彼が言っていたこと。

今しがた目の前に居た男は、姿形は全く別人だった。しかし、同じ、魂だった。

「赤髪さん‥‥赤髪さん、なのね」

ヴァニシュは現状を理解出来なかったが、肩を震わせ泣いているリフェの体をただ静かに支えた。


ーー降り止むことのない雪の中をロスは歩き、ディエとシステルが居るはずの宿を見つめる。


システルは未だ、ソファーで眠りに就いていた。だが、頭の中でずっと声がしている。

「システル、ねえ、システル。ほら、そろそろ起きなきゃ。もうすぐお兄やんが来るよ?お兄やんが来たら‥‥魔女だって動き出すから。だから、ほら、早く」

自分より遥かに幼い少女、フェイスの声。

「んー、ふわぁー‥‥フェイス?」

ようやく目を開け、ソファーから身を起こしながら、システルはフェイスの姿を捜すが、

(ん。なんだ、夢ね。)

そう思い、少し離れた場所で壁に凭れて立ち、ナイフを磨いているディエの姿を捉えた。

「え?!ディエさん!?あれ、パパは?」
「ロスなら一時間ぐらい前にお前を俺に任せて廃図書館に行ったぞ」
「まあっ!」

システルはソファーから立ち上がり、

「じゃあ、私は今、ディエさんと二人きり!?」
「そーなるな」

舞い上がるシステルを余所に、ディエはナイフに視線を落とし続ける。

「‥‥ふふっ!」
「なんだよ」
「ディエさんと二人きりになるの、初めてだなって思って」
「そーか?」

システルは嬉しそうに笑い、

「ええ。あの頃は‥‥絶対にシャイさんが居たし、パパ‥‥兄ちゃんが私とディエさん二人にさせなかったし、今はディエさん、ママと一緒だし。だから、初めて」

それがそんなに嬉しいのか、システルは無邪気に笑う。

「‥‥」

ディエはナイフを見つめたまま、ロスやヴァニシュの言葉を思い出していた。
システルがディエを愛しているんだということを。

「お前さ」
「はい」
「ロスの気持ちは知ってんのか?」
「ええ、パパはママが好きです」
「それもそうだがそうじゃなく」
「パパはママが好きで、私のことも好きーーって話ですよね?」

その言葉に「知ってたのかよ」と、ディエは息を吐いた。

「ええ。パパ‥‥兄ちゃん‥‥ロスの気持ちは、幼い頃から知ってましたよ。でも、ロスは私にとっては家族なの。ロスには感謝してる。救われてきた。でも、家族として。それは、永遠に変わらない」

システルは自らの胸に手を当て、

「だって私は、あなたを好きになってしまったから」

そう、困ったような顔をして言う。

「そこが、あの頃からよくわかんねーんだよ。確かにお前は俺にくっついて来てたが‥‥なんで俺なんか?」

聞かれて、システルは胸に手を当てたまま俯き、

「ただの一目惚れだったんです」

そう苦笑し、

「ディエさんに出会うまで、私とロスは依存し合って生きてきた。兄妹、家族として。ただその肩書きの通りに、流れに身を任せて。それに、人はどれだけ異常でも、結局は何かに依存して生きていた。でも、ディエさんは迷いなく人を殺した。たぶん、世の中にはそんな人はたくさんいたのかもしれない。でも、私が見たのはディエさんが初めてだった」

システルは大きな瞳でディエを見つめ、

「だから、ディエさんに出会ってから、私は初めて他人に興味を持てた。どんなことだろうと、役に立ちたいなって、一番近くに居たいなって。あなたの生き方が、私にはとても綺麗に見えたの」
「‥‥ハッ」

そこまで語ったシステルをディエは嘲笑い、

「平気で人殺しするような人間が綺麗とか、お前」
「だって私も、異常者だから。だから、あなたの異常に惹かれちゃったんです、きっと!」
「‥‥お前は」

ディエはようやく顔を上げ、システルの顔を見る。

「お前はどうしたいんだ?俺とどうなりたい?」

そんなことを聞かれ、システルは小首を傾げて愛らしく笑み、

「二人が何を言ったのか知らないけど、私は何も望んでません。ただ、ディエさんの気持ちだけは聞きたいな。受け入れてくれるのなら受け入れて下さい。こっぴどく振るなら振って下さい。ディエさんがそんなだから、何も言わないから、駄目なんですよ?」
「‥‥」

ディエは数秒黙りこみ、

「ククッ‥‥」
「え?」

急に笑い出すディエにシステルが瞬きを数回すれば、

「お前はあいつらと違って真っ直ぐに言ってくるから、やりやすいな」
「‥‥そうですか?だって、偽ったって意味ないですし、思ってることはちゃんと伝えたいですし、そんなものじゃないかしら?」
「はは‥‥そんなもんなんだがな、それが出来る奴が少なすぎるんだよ、俺も含めてな」


ーー寒空に、白い息が舞う。
安っぽい宿の窓の隙間から聞こえた微かな二人の話し声。
そろそろ頃合いかと思い、ロスは宿屋に入り、二人が居る部屋をノックもせずに開けた。

「あ、パパ!」

最初にシステルが言い、ディエも扉の方に振り向く。
しかし、システルもディエもロスの姿に一瞬固まり、

「話の途中で悪いな。もうすぐ囚人が来るし、魔女も動き出すはずだ。俺らにもう逃げ場はない。だが、必ず俺が魔女を止めてみせる」

なんて、ロスが真剣な声音で言って‥‥

「は?ロス‥‥だよな?お前、どうした?ってか、囚人?」
「話は後だ。魔女だけじゃない、恐らくあいつも‥‥くそっ」

言葉の途中でロスは窓の外を見る。

「きゃっ!?な、何、これは」

システルは目を見開かせ、光景を見た。

白く染め上げられた大地が赤に染まり、まるで血の海と化す。


「はは。魔女も魔王も成長しない。血の海だなんて、あの時と全く一緒じゃないかぁ‥‥」

ずぶっ、ズブッーー‥‥
赤い大地を踏み締め、クルエリティは笑った。

「‥‥そうだな。あの日の集落と、同じだな」

背後から返ってきた相槌に、クルエリティは振り向かない。

「‥‥はははは、やっぱり君もそう思うでしょ?そうだよねぇ、目の当たりにしたもんね、一緒に」

それだけ言って、にっこりした表情で振り返り、

「すっごく、会いたかったよ」

そう言えば、

「俺もさ」

と、彼も答える。

クルエリティは全身が震え上がるのがわかった。
歓喜で、狂気で、憎悪で、殺意でーー!!

「本当に、ずっとずっと会いたかった!僕を見殺しにしたーー囚人!!君にね!!!」


・To Be Continued・

空想アリア



*prev戻るnext#

しおり



25/72