2020/05/20(Wed)


すごい色の猫、ロク様です。彼はルシアンたちのペットというか友人。

黒ルシも毛並みに夢中の様子。

ルシアンにも可愛がられています。結構でかい。

分かりづらいけど歌ってます。歌声の特質だったかな。



ある日、ロク様は動物病院へ連れて来られました。
すみません、プレイしたのが前過ぎて何の症状だったか忘れてしまいました。
近くにいるのは雇われ獣医の男性。

診察台に案内され向かうと、あっ!!
後ろにあの人が。

そう。ゲオルクさんの動物病院だったのです。服がパジャマみたいでかわいい。

ゲオルク「ちょっと待ってくださいね、……あれっ……?」

中にロク様をいれてスキャンしますが、初めて使うのでやり方が分かっていません。
ルシアンも怪しんでます。

ルシアン (おかしいな。ゲオルクは天才だと思ってたのに……俺をからかってるのだろうか)

がちゃがちゃやってるうちに上手くいきました。
なんかこの機械本格的ですごい。

病名が判明したのでまた診察台にいき、スプレーで治療。

治癒マークも出てひと安心。

拍手して喜ぶルシアン。

ルシアン「すごいですね、さすがゲオルク!疑ってすみません」
ゲオルク「はっはっは。私を誰だと思ってるんだ?こんなの朝飯前に決まってるだろう」

ゲオルク「それでは200シムオリオン頂きます」

さっそく請求する中年獣医。
こうして初めての診察はなんとかうまくいきました。

動物病院
中年×悪魔

2020/05/20(Wed)

いつの間にかサーチ様に登録完了して頂いていました。ありがとうございます!
しょうもない内容が多いですがよろしくお願いします〜

最近は建築に熱中してしまっててプレイあんまりしてなかったのですが、動物病院作ったのでまた更新したいと思います!
登録
ゲームメモ
prev top next

全記事 (78)
カヌエット家 (40)
ベイゼル家 (15)
カナリア家 (2)
マッチョ青年×家出少年 (2)
中年×悪魔 (9)
ゲームメモ (9)
mod/cc (1)

2022年7月
2022年5月
2021年11月
2021年10月
2021年9月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2020年12月
2020年11月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月


×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -