白樺の牢獄


story
どんな手を使ってでも、死んでもきみを手に入れる。
恋人が親友と、浮気をしていた。大事な人を一気にふたりも失いくさくさしていた多英が落とした定期を拾った男は、白樺のような指をしていた。

プロローグ

01 親友の裏切り

01 02

02 平野和成という男

01 02 03 04

03 忍び寄る影

01 02 03

04 romantic aquarium

01 02 03 04

05 窓辺の悪意

01 02 03

06 彼女の覚悟、彼の決意

01 02 03

07 靄の中の疑惑

01 02 03

08 自覚

01 02 03

09 雪に濡れた身体

01 02

10 アフロディテ

01 02 03

11 春の訪れ

01 02 03 04

12 その手を握れたら

01 02
エピローグ