- ナノ -
18


 クローゼットを眺めて一枚のワンピースを手に取る。他の洋服はぎゅうぎゅうに詰まってるけど、このワンピースだけは特別。開けたら目に付くように正面に向けてかけておいた。あの日、古着屋さんでローさんが選んでくれたもの。
 今日はこれを着て行こう。髪型は……どこに行くかはわからないけど邪魔にならないようにまとめて、靴も歩きやすいスニーカーにしておこう。
 ふと時計を見ると、もう13時を指していた。ついさっきまでまだお昼だったはずなのに。私は慌ててバッグに荷物を放り入れた。
 すぐにピンポーンと音がした。時間ぴったり。モニターで確認するとそこには待ち合わせ相手であるローさんが映っていて、バタバタと走って玄関へと向かった。

「さすがローさん、時間ぴったりですねっ」
「……お前は珍しく慌ててんな」
「あっ、いやこれはその、ですね」

 ドアを開けるとあまりの眩しさに直視できなくて、ひとまずかかとを潰したままのスニーカーを履き直す。ローさんのことを考えて手が止まってたみたいです、なんて言えるはずがない。しっかりと紐を締めて「とにかく行きましょう!」とローさんの背中を押して歩き出そうした。けれどびくともしない。何が起きているんだ。

「ユメ、鍵閉めてねェ」
「えっ! あ、あれ、閉めたと思ったんです……けど……」

 ローさんに指摘されてすぐにドアノブを回すとドアが開いた。浮かれすぎているのかもしれない。私は「あはは」と笑ってごまかしながら鍵を閉めてもう一度ドアノブを回した。今度はしっかり施錠されている。
 ローさんも同じように、私が手を離した後のドアノブを回して確認しながら「今日はどうした……って、まァおれも落ち着いちゃいねェが」と小さな声で話しながらそっぽを向いた。

「えーと……落ちかないんですか」
「なんでもねェ! ほら、行くぞ」

 右手でちょっぴり照れ臭そうな顔を隠しながら、左手を伸ばしてきたローさん。もしかしなくても、ローさんも同じような、嬉しいようなソワソワしたようなそんな気持ちなのかもしれない。

「はい! 今日もよろしくお願いします!」
と私はその手をしっかりと握り返した。



「つーか、やっぱり似合ってるな」

 アパートの敷地から出たところでローさんが前を向いたままそう呟いた。似合ってるというのはきっと、このワンピースのことだろう。ストレートに褒められるとどうしたらいいかわからない。
 この照れを隠せるかはわからないけれどとっさに「ローさんが選んでくれたやつですね。さすがショップ店員です」と、とりあえずローさんを褒める方向に持っていく。

「いやまァ、そうなんだが……全体的な話だ」
「ほう」

 全体……コーディネートということだろうか。だとしたら今日のこれはワンピースがあってこそのあのでやはりすごいのはこのワンピースを発掘した、私に似合うと見抜いたローさんである。
 ところで、だ。この真っ昼間の路地に似合わぬ隣のローさんのシャツ。柄Tといい柄シャツといい、柄物似合いすぎじゃないですかね。

「ローさんこそそのシャツ、めっちゃイケてますね」
「ペンギンの旅行の土産だ」
「ヒィ、ペンギンさんのセンスとよさとそれを着こなすローさんの」
「わかったよ、それより」

 普段どおりにエンジンがかかってきたぞと思ったところでローさんから軽くチョップを浴びる。

「どこ行くか決めたか?」
「いえ、まったく。ローさんはどこか行きたい所は」
「んー、決めてねェ」
「おう、ノープランとはこれいかに」
「お前と一緒に……いれりゃ、その、だな」

 途中から決まりが悪そうにだんだんとローさんの声が小さくなった。これは……言われている私もめちゃくちゃ恥ずかしくなってくるやつじゃないですか? なぜなら私だってローさんと一緒ならべつにどこだってなんだっていいと思っていて、ローさんの言ってる意味がまるっとわかってしまうからだ。あ〜〜〜〜〜、今日一日、私の心臓はもつんでしょうか。

「……じゃ、じゃあ! 前からちょっと行ってみたいなって思ってた所! あるんですけど!」
「ん、どこだ?」
「……港、漁港ですっ!!」
「なるほど、魚か」
「市場も見てみたいし、美味しいご飯も食べたいし……」
「よし、行こう」

 特に考える素振りもなく行こうと即答したローさん。私はこの案がすんなりと受け入れられるとは思っていなかったので間抜けな返事をしてしまった。

「うぇ、いいんですか」
「おれは魚が好きだ」
「おっさんみたいなチョイスって言われるかと。せっかくなのでおしゃれな場所とかのほうがいいのではとか」

 もっと映える場所はいくらでもありそうだ。それこそまた古着屋さんを巡ったり人気のカフェへ行ってみたり、デートらしく映画を見たり……ほかの候補を思い浮かべていると「誰がそんなこと言うんだよ」と再び脳天にチョップが決まった。

「容赦なし、ですね……」
「ついでに海も見れるんじゃねェか」
「確かに」
「だが、一番近そうな漁港といっても……電車とバスを乗り継ぐしかねェか」
「ちょっと遠いですかね」

 チョップしたことはローさんの中ではすでになかったことになっている。いつものことだ。スマホを手にローさんが近くの漁港を調べてくれている。私は少し遠くても問題ないけれど、ローさんが疲れてしまっては楽しめない。やはり別の案を――私もスマホを取り出そうとしたところで「なら……車を借りるか」と聞こえてきたので反射的に「うおぅ、私はペーパードライバーです!」と首を大きく横に振った。何度か兄に同乗してもらって兄の車を運転したことはある。でも試行回数が足らないせいか、苦手意識が克服できずに今にいたる。

「おれが運転すんに決まってんだろ」
「なんと、ローさんの運転!」
「問題あるか?」
「よろしくお願いします!」

 ローさんが運転すると言っているのだ。ありがたく乗せてもらうのが一番いい。私がぺこりと頭を下げると「そうと決まればさっさと借りに行くぞ」と近くのレンタカーショップまで歩いた。



 すぐに店に着き、手早く手続きを済ませるローさん。私だったら急に決まったこのレンタカーを借りるというイベントにあたふたしてしまいそう。行動力を見せつけられてしまっては年上の大人なんだとあらためて実感せざるを得ない。

「ですよねー、大人ですよねー」
「は? お前も大人だろ」
「いえいえ、私は子供のままおっさんになった大人で」
「わけわかんねェぞ、ソレ」

 車両の傷などの確認も終えていざ出発。「じゃあ行くか」とローさんは助手席のドアを開いた。うわぁ、もしかしなくてもエスコートってものでは? 映画とかドラマで見たことのあるコレはなんだか感激してしまうやつ!

「……! 大人!! 紳士!!」
「あのな、おれだってガキのままデカくなっただけの非現実的な人間だ。さっさと乗るんだな」
「はい!!」

 あぁ、ちょっと浮かれて騒ぎすぎたかもしれない。反省。ローさんの言った非現実的が何を指すのかはよくわからなかったけど、私はそそくさと車へと乗り込んだ。
 私は運転しない以上最低限の仕事はしようと、エンジンをかけたところで素早くナビを操作し、漁港の住所をセットした。ローさんもその間に車内の確認を済ませたみたいだ。

「あらためましてよろしくお願いします」
「ん。だがここで一つ問題があるな……」
「えっ、何ですか?」

 ローさんが運転席に座っている姿を、運転する姿を横から眺められるなんてなんて贅沢なんだろうかと思っていたところで何やら神妙な面持ちでローさんが呟いた。問題、とは何だろうか。ナビもちゃんと音声案内をスタートするとアナウンスがあったし、シートベルトももちろん締めた。

「BGM問題だ」
「そっ!! それは大問題ですっ!!」

 私は素早くカーナビ周りを確認する。ケーブルを挿すような端子はなさそうで、本体を操作する。よかった、Bluetoothで接続できそうだ。

「ローさん、スマホに音楽入ってます?」
「それが容量を整理したばっかりでほとんど入ってねェんだ」
「ならば私の出番!! 私のスマホは音楽特化! 容量のほとんどを音楽が占めてますから!」
「知ってる」
「充電も、大した連絡こないのでご心配なく!!」

 大好きな音楽を聴きながら大好きな人とドライブするなんて鼻血ものだ。以前ペンギンさんとも一緒に出掛けた時だって楽しかったのに、今日はローさんと二人きりだ。私のテンションどうなってしまうんだろう。

「これは、何というか……本当に鼻血が出るかもしれません!」
「……フッ、ティッシュの用意でもしとけよ」
「ちょっと何笑ってるんですか!」

 もうこんなに幸せだ。ローさんが私の言動で笑っている。嬉しいし、今日まで色んなことにめげずに頑張ってきてよかった。大袈裟かもしれないけど、ローさんにもそう思ってもらえるような一日になるといいな。そう思いながら音楽プレーヤーを起動させて再生ボタンを押した。



 片道1時間ちょっとの道のりはあっという間だった。バンドの話、職場の話、食べたいものの話でずっとしゃべりっぱなしだったかもしれない。
 そしてとにかくお腹を空かせていた私達は到着して私が道中に調べた美味しいと評判の海鮮丼屋さんに直行。お昼時を過ぎていたこともあってスムーズに入店できた。そのまま適当に歩きながら屋台の串焼きを食べたり、常温で持ち帰れそうな干物やおつまみを購入した。

「いやぁ! さすがにあの海鮮丼が美味しすぎて!!」
「そうだな……あと屋台のイカ焼きも美味かった」
「あんな大きな鮭とか鮪もスーパーじゃお目にかかれませんもんね」
「焼き魚にすんのがもったいねェもんばっかだったな」

 飲み物を買い、あえて大回りをして近くを散歩しつつ駐車場へと向かう。全く知らない土地をローさんと歩くなんてなんて贅沢なんだろう。

「あのイカを干す機械……」
「あ、アレなんかシュールでしたよね。干すにしたって回転させてるなんて知りませんでしたし、けっこうな速度でしたもんね。ブンブンブンブンッ!!! って」
「……フ」
「もしかして思い出し笑いしました?」
「してねェ」
「じゃあ今の何ですか」
「お前の擬音にツボったんだよ」

 途中で見かけたイカを干す装置の話でこんなに盛り上がることができる人が、世界で何人いるかな。モネさんが言っていた『世の中には数え切れない、星の数ほどの人がいて、知り合いになるだけでもすごい縁だと思わない?』という言葉を思い出す。私のブンブンブンブンッという擬音で笑ってくれる人なんかきっとそう多くない。
 駐車場について車に乗り込む。車内からも港が見える。

「……この後どうすっか」
「そういえば考えてませんでしたね」
「時間あるならどっか適当にドライブでもするか」
「はい! でも運転平気です? 代わりますか?」
「なんつーか、今日は運転したい気分だからな。問題ない」

 私の希望に付き合ってくれたように、ローさんがドライブしたいのなら……と言うよりも私もローさんの隣にいるのは心地がいい。今見えている景色が見慣れない、近くにはない港だったりするせいか、普段乗らないからか非日常感が強い。だから、なんだか特別な感じがするドライブがいいな、なんて考えていたところで私はハッと気がついた。日常的に見てきたローさんのあの仕草を一度も見ていないのだ。
 そう、今日のローさんはたぶん一度もタバコを吸っていない。吸っている姿を見ていない。どうして気づかなかったんだろう。車は動き出してしまったけれど、私は慌てて「ローさん全然タバコ吸ってないじゃないですか! 止まって一服しましょう」と提案した。けれどローさんは「……いいんだよ、今日は」と、なんだか穏やかな口調でその提案を断った。

「えーと、今日は?」
「おれがそう決めたんだ、ほっとけ」
「ローさんがそう言うなら……禁煙ですか?」
「まァ、似たようなもんだ」
「ほ、ほう……」

 やっぱり吸っていなかった。けれどそれはタイミングのせいではなく、ローさんが自主的にそうしていたらしい。理由も特に話す気配はなさそうなので、そのまま前を向き直して流れる景色に視線を向けたところで、少し低いトーンで「ユメ」と私の名前を呼ぶ声がした。

「は、はい!」
「おれは……お前の兄貴とは違って、仕事に就く気もさらさらねェ。行けるところまで行きたいと思ってる。それで年だけ取って……結果、何も残らなかったとしても、だ」

 運転をしているからもちろん前を見ているローさん。始めこそ震えているように思えたけれど、力強い語気だ。このローさんの言葉の意味するものは、音楽でやっていきたいという揺るがない固い決意なんだと思った。私は静かに「はい」と返した。

「おれにとってのバンドは、音楽ってのは、すべてなんだ」
「……はい、知ってます」
「そうか」
「たぶん、ローさんが思ってるより、ローさんがどれだけ音楽が好きなのか知ってます」
「……そうか」

 知ってる。そんなローさんだからもっと好きになった。応援したいし、おこがましいことは承知で追いつきたいって、同じ景色を見たいんだって思ったんだ。

「だから、こうして今一緒にドライブしてるの、楽しいですけどやっぱり不思議です」
「そう、だな……おれもだ」
「ふふっ」
「だから、少しだけ迷ったんだ。そんなおれが、こんなに誰かを必要としたことに」
「ローさん……」
「……って、走り出したところでなんだが、どっか止まるか。運転しながらってのもアレだしな」
「はい」

 少しだけ照れくさそうにくしゃっと笑ったローさんの横顔。自分のことが、音楽が一番だって言いながらも私に優しさを分けてくれるローさん。感極まって、胸がギュッと締め付けられるようで、顔も火照った感覚でもう爆発寸前の私の視界に、2キロ先の公園の標識が飛び込んできた。

「あっ、あの看板の公園に行ってみません?」
「そうだな」
「ちょっと調べてみますね……えーっと、案外規模が大きそうです。売店なんかもあるみたいですね」
「そうか」

 見通しの良い海沿いの大通りだったことも手伝って、私が売店の軽食やデザートメニューを読み上げている間に公園に着いた。
 車から降りると運転席から降りてきたローさんと視線が合って、さっきの会話の流れを思い出すと妙に恥ずかしくなってしまった。あからさまに「売店、大きいですねぇ!」なんてキョロキョロしているとスッと私の手をローさんが握った。

「とりあえず一周してみるか。アイス、美味そうだな」
「は、はい。歩いた後に食べますか」
「だな」

 そっと握られた手と隣を歩くローさんの姿。まだ沈む気配のない太陽の光が木々から差し込む。まるでキラキラと輝く未来を見たような、そんな希望が胸一杯に広がっていった。

prev/back/next
しおりを挟む