※イラストは公式イラストレーターの來住さんによるものと、読者の方に頂いたものと依頼した絵があるので著作権諸々の理由で現時点での使用は禁止でお願いします。

がっつり長文れす!自分きっしょ(笑)

お友達口調だと不真面目に捉えられないか不安だったので、親しく愛称で呼び合う間柄の方も文面では「〜様」とか「〜氏」で統一しています。テンションは高いけど。キャラの中で一番〜は小ネタだと思って下さい、たまに暗い背景が語られるので癒し要素で。



南雲暁 as 紫苑




キャラの中で一番、服を前後ろ反対に着がち。

言っちゃえば不思議ちゃんですよね。この子。天然なので事態をよく分かってんのか分かってないのか、でも意外と人の事よく見てて細かい所に気が付く。あとちょっとハイローのスモーキーに似てるよね。戦法もケリ技と締め技で動きはパルクールだし。多分無意識のうちモデルにした。よく血を吐く(というかそれで回復してるから意図的なんだが)所もファッションが無駄にシャレオツなのも。

後述する南雲梓の双子の兄で、彼もまた旧支配者・ハスターの眷属『ビヤーキー』ですが本人は区別してほしいみたいで断固としてそう名乗るのを拒んでいる。ぽやっとしているように見えて、彼なりに矜持があるんだろう。妹の方の梓ことビヤーキー(こちらは便宜上ビヤーキーで統一します)を本当は凄く大事にしていて、それは彼女の方が死んでしまうと自分も死んでしまうからと言うよりは、本当に大切にしているからなんだよね。けど、妹のビヤーキーは兄に対して執着心と共に愛憎じみた感情も持ち合わせているんです。きっとそれも彼はよく分かっていて、歩み寄ろうとしている。妹の事を受け入れようとしているんだけども。道徳的な物差しで観ると何だかそれは少し違っていて、ヒトでない二人だからこそ何考えんのかてよく分からないしどこへ向かうのか分からなくて心がザワザワしちゃうのよな。ビヤーキーの思いは重たすぎて、違う方向へ進んじゃう。それはモラルではなくて、兄やみんなが離れてゆく、自分の精神が維持できなくなる事を恐れている。それなのに兄とは別離をしてしまった彼女を、自分のせいで傷つけてしまっていた事を知った時、妹を問い詰めることなく、クラウンの方だけを許せぬ存在と思ってるんだろう。それが結果、悲劇になってしまうのだけど。

ちなみに応募では、中世的な見た目もあるので男女可にしていました。それもあってか女子応募もそこそこあったんですが、改めて女性ボイスと並べてしまうと、他の配置バランスと考えたらどないやろ? と思い、声量控えめなのに聞き入っちゃう、中森明菜みたいな魅力のある(だからお前は三十代か四十代と疑われるんだ。もう三十路近いけど)男子声がいいよなぁでも平坦すぎるのも何だかねえ。うーん、うーん。どれが正解なんだぁ! て思っていたのですが、そこに現れたのが紫苑様の声だったんですね。あ〜、こんなんだろうなぁ。言葉数は端的で少ないんだけどヒシヒシとして、先に書いた何となく心がザワつくっていう感覚にぴったしでした。選考台詞の「飛べ!」の叫びで、それまで控えめに喋る程度だった彼の思いの丈がよぉーく出てるんだこれがまた。紫苑様の演技は。音声も既に頂いているのですが、登場時の彼は短い台詞ばかりだし、「……」も多いし、退屈ではなかっただろうか……と不安にもなったのだが、かかせないアクションシーンは派手に演じていて、もう拍手! マンセー! これは絶対、ララちゃんとの冒頭バトルの編集すごい捗る。楽しくないわけがないじゃねえかバカ! 約束する。めちゃくちゃかっこいいアクションシーンにするから! 過剰に期待していて下さい。冒頭から燃えます。そんでその思いしかと受け止めたからな! 基本彼は戦闘中心なので「は!」とか「ふ!」とかが主流ですが、もー臨場感ありありですよ。あとやっぱりビヤーキーちゃんとの絡みですよね。やっぱりここは両者共に似たような感じで統一すべきだよなあ〜、ってのは飴山さんとは決めていたので二人して合致でしたね。もう全部正解。パーフェクト。これが違うんなら世の中全部何なんだよ。二人で一つ、という事の恐ろしさと悲しさ。切ないですね……。




「可哀そうな梓。どうか俺の血が、梓の見る最後の血になりますように。……ありがとう、………ごめんな……」
……双子……(´;ω;`) by 來住様





芹沢尊 as 折原幸平




キャラの中で一番、カラオケでさぁ盛り上がるぞ!って時にアルバムのよく知らない曲入れる

カラー2
芹沢家の浴槽、男二人。何も起きないはずがなく……(私もゲイになってこの中混ざりたいお!)
※原作だとこの後ナイフぐっさぐさしながら血まみれイタタタタタチョメックスします。ボイドラではカットだ、刃物だけに(死〜ん) ananでも特集した事のないニッチなプレイだ!



序盤においては貴重な突っ込み役に思われたが、それは世を忍ぶ為の仮初めの姿に過ぎず、割と初めから早々に何らかの精の神に障の害がある事が発覚した野郎。クライシスの世界においてララと暁のせいで心療内科に通っているようだけど、多分、根本的な問題はそこではないと思われる。黒井ワールドの警察官は大体「殺され役」「無能」「狂人」に分類されるが、彼もまたその前例に倣い、さわやか狂人枠に収まってしまった。そんな彼だが、読者からは作中きってのいじられキャラとして非常に愛されている。同じく常識人と見せかけて内面はダークサイドに落ちているキャラには前作の柏木がいるが、あちらはまだメンがヘラっている程度で人間誰しもが抱えている暗部にたまたま焦点が当たって露呈されたに過ぎない。価値観が違うせいで嫌悪感を抱く事はあるかもしれないが、本人に自覚もあり、誰かを巻き込んだわけでもなければ日がなそれを露わにして生きているわけでもないし押し付けたりもしない。

また、キチガイ枠は過去にもわんさかと登場しているが代表として名が挙がるのが分かりやすい典型的チートでアヘ顔上等のサイコパス、ルーシー。そして前作では過去で登場し、LSDで正式にレギュラー入りした木崎君だろう。どちらかと言えば彼らはそこに至るまでの過程が判明しており、あえてモラルや愛情を拒絶し、排除しているようだが芹沢の場合は明確な理由が薄く(小学校時代に女教師からいびられた事が一因になっているようだが、それ以前から小動物を殺して喜んでいたり姉に執着していたりと元々やばかった節がある)、ルーシーはインテグラルにおいて「生まれた時はみんな真っ白だ」と明言しているのもありそれに基づくなら彼は生まれた時点で既にクロ。ルーシーや木崎君は単なる哀れな「黒井被害者の会」の一人なんだろう。木崎君も、尊敬していた叔父(ちなみにキャストは今回神代役で白羽の矢が当たった宮司道様である)が目の前で頭パーン!されたんだから。トラウマスイッチも入りますよそりゃ。ところで木崎君と言えばいきなりですが、巨乳のお姉さん(三十路&補正下着なしでこのスタイルよ)になるのわよ。公式キャラ(恐らく)、木崎子さんです。彼になら金玉を潰れてもいいと言うM男はわんさかといる事だろう。

これが↓

Illustration by 内藤倉部ちゃn



こうなるのだ(!?)


Illustration by::とに様

zyosi.png
Illustration by (右側のデンジャラスビースト)(!?!?!?)もちゃ様
これで柏木とセッススするんでしょうね……(こんな感じで度々女子化するメラボーイズですがまさか芹沢さんも女の子になる日が……!?)下乳と半尻が同時に拝める神アングル! すごい!

が、芹沢においては女嫌いをこじらせて実の姉が理想の女だからと性的関係を結び(はっきりとしてないがレイーピの可能性も匂わせている)家族を崩壊させる、殺さなくてもいい人物も殺す、幻覚の中で自分のチンポに釘を打つ(!?!?)、ゾンビを殺すたびに息を荒げる、痛みこそが自分の性感帯であるし逆に痛めつける事も大好きで、悪人だけど許しを乞う相手にスタンガンを当てて超楽しそうに大爆笑する、心の底では周りをみんな敵だと思っている。序盤からゾンビを倒して(;゚∀゚)=3ハァハァしている、おまけに好意の方向がケイちゃんに向くとんだ暴れチンポ野郎なので読者に「こいつ、何をしでかすか分かんねぇ……」と恐怖を抱かせるのであった。

彼のあだ名でもある「セリーヌ」はナコト写本が作中でつけた愛称であるが、段々と化けの皮が剥がれ落ちていき、近親相姦の事実が発覚した辺りからは「キチーヌ」(キチガイの意味と鬼畜の意味二つを併せ持つ)となり、シリアルキラーの側面を覗かせ始め、彼が何かやらかすごとに「キチ沢」「芹沢よ! 逃げて〜!」「コラッッッ芹沢ッッッ!!」と呼ばれ、いよいよ読者達のアイドル(?)と化してしまう。更には彼の代名詞でもある「世の中所詮全てチンポだ」という「黒人はみんなラップが上手い」くらい主語のでかい決めつけ名言が独り歩きしてしまい、実在したら絶対に目を合わせたくないキャラナンバーワンの名をほしいままにしてしまうのであった。ちなみにこの辺りで更に進化した愛称、「ペニーヌ」が出てきて黒井の笑いはいよいよ限界を超えた。

彼の過去はほとんどが芹沢の息継ぎの少なさそうな独白で語られるが、どこをとっても独善的であり毒まみれ、鬼畜としか言いようのない行動の数々、唖然とするか爆笑するかはあなた次第であろう。……余談でネタばれだが、精神汚染された彼は妄想の中と言えども、「これは必要な暴力だ」と自分の行動を肯定し、妊婦(トラウマの根源でもある中年教師の幻)の腹部を蹴り飛ばした挙句に「きたねぇ親の顔を見る前に●んで良かったじゃないか」と現実ならば200%処刑にされるであろう行動を躊躇なくやってのけるのである。ここは読者の間で、本当は姉の七海とやった時に妊娠させていたのでは? という説がまことしやかに囁かれている。七海の日記にもある「私は心の中に悪魔を飼っている」という文面から察するように、七海は葛藤の末に自殺したんじゃないかと。それから逃避する為にああいう事に至ったんじゃないか、という説もある。まあいずれにせよマトモな人間の思考回路でやる行いではないので、体育の時間に教師の金玉を潰して眼球を破壊した木崎君を上回るマジキチぶりに黒井被害者の会は更にメンバーを増やしたのであった。

このように非常に複雑かつ繊細な人格の持ち主の為か、応募数は……いや、あったな。そこそこあったな。さっきゅん程じゃないけど、あったな。見た目は至って善良な市民だもんね。普通の青年かな、と思いますよ誰でもきっと。私もダメ人間に片足突っ込んでるけど、この人は両足突っ込んでるよな。いい人そうなのにね。いい人過ぎて利用されそう。賭博黙示録カイジに出てたら真っ先に「Fuck You!ブチ殺すぞ……! ゴミめら……!」なんて言われて地下に放り込まれて半泣き状態で働かされてそうな見た目よね。なので選考台詞に超早口で支離滅裂なモノローグを叩き込んだのですが、すっごい難しいよねこれ。多分、一本の音声じゃ無理だろ、いくつか音声分けて重ねる編集でもしなきゃ。ってくらい長い台詞且つ早口なんですが折原氏がぶっちぎりで凄かったです。飴山さんと「どこから出してるんだよこれ」と真面目に論争になりました。本人も想定外にクリティカルヒットが決まってしまったそうですが、いや、これを超えられる人っていないでしょ。マジで。当初、折原氏はハイロー好きで雨宮兄弟好きという黒井の趣味と同じだったわけですが、それ故にさっきゅんを見た瞬間「応募しなくては」という使命感に駆られていたようなのですが、正直同時に応募があったさっきゅんも上手かったんで悩んだんですよ。しかしね、本当に凄いからね。もう、負の感情が洪水のように怒涛で押し寄せてくるモノローグが。悪い意味じゃなくこんなにおぞましいの聞いた事もない、ってくらい背筋が凍るのよ。何だろう、途中で一瞬我に返るんだけど、また被害妄想に入り込むくだりの演技が怖すぎましたね。収録している時の精神状態が大丈夫だったのか不安になるくらいでした。

狂人って全部いい意味で主役を食ってしまう、そして一生その名がつきまとうくらいの演技力がないとダメなのですが、例えばダークナイトのジョーカー、エコエコアザラクの突然ケラケラ笑い出す菅野美穂、フルメタルジャケットの微笑みデブの最後、シャイニングのニコルソンと奥さん、悪魔のいけにえの唯一の生還した女性のラストの笑い声、旧劇エヴァのロンギヌスの槍で突き刺されたアスカ(CVみやむー)が私の中では印象深いんですが、もはやここに余裕で食い込んじゃうレベルでした。物は試しに怖いもの聞きたさで鬼畜語録と何よりも芹沢氏の名言、「世の中所詮チンポだ!」を言ってもらったんですが、ああコレはもう、完全に彼岸の向こう側に行っちまって……。ファイル名の「chinpo」という火の玉ストレートはこの際見なかった事にして、ここまで躊躇なくちんぽこを嬉々として、且つ嫌悪感誘うように連呼できる人っています? これは信頼するしかないでしょうよ。最低なキャラだけど彼が人気なのはその最低さの中に頷ける所もあったり、笑っていいのか、世の中に対する不満として真摯に耳を傾けるべきなのか、愛すべき最低なんですよ。その最低さが全部凝縮されていたのがあの早口モノローグでした。ここまで綺麗なものは歪めてしまい、おぞましさを滑稽にしてしまえるのは多分、笑いながら怒れる人・折原氏しかいないでしょう。あと、全キャラ中一番「チンポ」「ファック」という言葉を使います。黒井ギネス最長記録です。嫌悪感を覚える人には絶対ダメだろうなぁ、と思っていた時の折原氏だったのでそりゃ下ネタ大好きな(多分)彼なら得意分野でしょ。この通りろくでもない女の敵そのものだけど、男のファンは増えているだろう。正直、折原氏には芹沢の人だ! の名前がついてまわるくらい頑張って欲しい。期待している。長くなりそうなので最後は彼の信じられねぇほどアウトレイジな鬼畜台詞で締めくくろう。使う場所を間違えると白い目で見られるから気をつけろ。


C9E5AF21-4B76-4391-8962-8CF30EF38928_20190725232238bad.png
エヴァ量産機を次々破壊しそうな顔芸沢しゃん by來住さん

「眼球にチンポぶちこんでやるから濡らして待っとけや」
「ファックしてやるッ! ファックしてやるファックしてやるみんなファックしてやる!! 俺に突かれて金切り声を出してみろ、悲鳴を上げろ腰抜けども!!」
「いいか? 暴力ッつーのはなあ、命乞いしてからが本番なんだよクソが!!!!」
「生まれ変わったら……俺は……この世界で一番偉くなってやるよ……そして馬鹿どもを全部残らず逮捕して、チンポしゃぶらせてカマを掘ってやる……裏切りやがって! ぶっ殺してやる! お前もお前の家族もぶち殺してやる!!」
「馬鹿野郎、こっちが射精してりゃぁ図に乗りやがって。男なんかゴム穴に入れても射精すんだぞ。たかが生暖かい肉の分際でよくもそこまでつけあがれるな。殺してもらえ、な、死ねよ。何でまだ生きてんだよオラ!!」
「殺してやる……殺してやる……殺してやる……殺してやる……殺してやる……殺してやる……殺してやる……殺してやる……殺してやる……殺してやる……殺してやる……殺してやる……」
「性欲がなくなれば人間、やる事なんてなくなっちまう。要するに俺の人生は虚しいケツの穴だったのか。……ああ、生きる目的が欲しい――そう、俺はチンポだ。見てのとおり哀れなチンポ野郎だ」
「はい、自殺〜♪ バイバーイ」
「お前ら、どうせ楽しかったんだろ。こんな狂った出来事に遭って、楽しくて楽しくて仕方なかったんだ。だって俺も楽しかったんだよ。こんな悪い奴がいるんだ、こんな風に殺される馬鹿がいるんだ……そして、俺みたいなクズに出会えて――心底、笑えただろ」
「……チンポがついたまま死ねるんなら本望だろ?」
「神代。お前は神様なんだよなァ、神代? 俺は虫けらだよ。親を捨て実の姉を犯して他人の愛を拒絶して引きこもって来たクソ、クソ以下の存在だ。でも、でもなぁ、例えそうだとしても、これがてめーの与えた天罰だとしても、俺は人間であると信じたいんですよ……助けてくれよ……」

kaogei_2019072523280564b.png  ysbs
こいつだけ住む世界が殺し屋1とかでしょ。それか園子温の領域。こんなのが警察官でイイんかいな……893も別の意味で怖がるよ……芹沢家には今一体だれが住んでるんだろうな……(なにそれこわい)



ナコト写本 as ぺけ丸




キャラの中で一番、素手の喧嘩最強。



魔導書シリーズにして和風メイド服の装いをした男の娘、いやナコトの娘(こ)。こう見えて男である。男なのである。大事なので二回言ったけど何なら何度でも言うよ! 全身を見れば分かるがどう見ても「履いてない」状態であり本人曰く「履いてるよ!!」との事ではあるが「なら証拠を見せろッッ!!!」と一部の紳士達は狂喜乱舞したという。茶髪のサイドテールや超ミニの丈の和服とあざといポーズをいちいち決めたりどことなくギャルっぽいが、持っているウサギ型のクナイ状のナイフ、『ミスリリアたω(ん)』や、足元のわらじがどことなくくのいちも連想させる。モチーフは「鶴の恩返し」で、「旦那様(=読者達の事を指しているらしい)」という姿の見えない誰かに恩返しという名目で尽くす押しかけメイド……いや男なので執事なんだろうか。エプロンドレスの襟は鳥の羽根のようにも見え、長く伸びた後ろの結んだリボンは尻尾を思わせる。従順に旦那様に尽くす姿とその愛くるしい容姿、抜群のスタイルにして「ふにゅ〜」「はうぅ」等ギャルゲ脳丸出しの話し方など、まさしく多くのオタ野郎どもが思い描く理想の女(いや男だが)そのもの。性格もおとしとやかで丁寧口調で、家事洗濯も上手(ただし料理は苦手)。そればかりか気配りも欠かさず旦那様一筋。

容姿の可愛さからかファンアートも多い。その数はベイビードールに次ぐ。

nako_20190725234006eb9.pngF0D21B31-FB11-43A4-AD27-B8AA4CD23175_2019072523374912b.png

C083D944-75B2-4977-A16E-45A227D466A0_20190725233747b38.jpegEDE93726-D219-4119-9726-38571C03D5FA_20190725233744c4d.png



「ほんとッス! 頼られてすっげぇ〜嬉しかったんッス!!」

3_ナコト写本  
真希波マリナコ by 來住さん          

まさしく嫁に貰いたいキャラナンバー1だろう……が、これら全ては表向きの姿なので、猫をかぶっているだけ。本性は規制音が必要な程の毒舌家であり、また素手と蹴りによる攻撃が一番の得意戦法で空手の型を披露するシーンも必見。辺りを血の海にさせる破壊神である。右ストレートでゾンビの顎をカチ割る、ナヨっている芹沢に足払いをかける他ジャーマンスープレックスを決める、「てめぇのツラが気にくわねぇから」という理由でドキュンの金的を蹴り上げる、年齢について触れた暁の胸倉に掴みかかる(暁本人は天然なので全く気にも留めていないが)、クラウンによって復活した山瀬教授(タイプ0.2)の股間ドリルにチェーンソーで立ち回り、(屈指の馬鹿バトルである)とどめの胴回し回転蹴りをブチかまし、ドルバッキーと互角のステゴロで渡り合う等の暴走を極める。


cast_20190724192536724.png
ハイキックガール★リナコッティー/來住さんリアル絵うっま(笑)


53FB635B-A271-4B51-83C6-B14419DA3F38_201907252337456d8.png
kh_20190725233542cf2.png
ks_20190724215909fc3.png

極悪人顔……。



旦那様以上の相手には会うことはないと明言していた彼であったが、最終的にその心が向かう先は……、えー!? である。台本に対して原作がまだ公開されていないハンター×ハンターのアニメ版みたいな状態なので楽しみにしておくほうがいいだろう。その反応は悲喜こもごもであろうが。多分。一番古い魔導書という史実に基づいて最年長なので、それを指摘されるとマジ切れするという微笑ましいお年頃である。魔導書の持っている力である『タイムループ』は物語の中盤、終盤にかけてかなり大きな変化をもたらしてしまうのだが……。

■ 声のつかないナコト写本たんを知らなかったオレ

ぺけ丸氏のファンの方なら、「何を今更」という感じが否めないかもしれませんが、恥ずかしながら黒井にとってはLSDで見せたその演技力に感服しました。黒井ワールドにに突如舞い降りたロジャーの化身としか言い様がない程、完璧な魅力に満ちていたぺけ丸氏。底の読めない笑顔、何かちょっと隠してそうな雰囲気、ぺー君を利用しようとしてた癖に彼の素直さに絆される人間臭さ、どれをとっても一級品だよ。街のヤクザだけでなく、ぺーくんと一緒にとことん世界のゴミどもの悲鳴を上げさせてほしい。ああ、わかった、ちょっと落ち着こうオレ。


関係ないがロジャーを女子化した「ロジャ子」は密かに人気である。カープ女子ロジャ子。
カープ女子_W1200_H1237_96_ドット背景


■ 声のついたナコト写本たんを知ってしまったオレ

(こう見えて実は年齢サバ読みしてる可能性大)


ナコト写本かわいいよ! かわいいよ!
かあさん、オレ明日からナコちゃんになるよ!!


しかも強い。めっぽう強い。
目にも留まらぬ空手アタックとリー・クリスマスばりのナイフアクションで、あっという間にゾンビ達を捻じ伏せてしまうナコトさん。(そのナイフをキャッチして投げ返すケイちゃんもとてつもないと思うんだが……)猫かぶりぶりっぶりのその声はまだサンプル公開前ですけど、この組み合わせに夢中にならない人などいるでしょうか。いや、いない。

黒井ワールドの男の娘はみんな可愛いという法則があるので、演じるのは一体誰なんだROU? と変た……紳士達の期待値もマックスであったのだが、イヤまぁ絶対可愛いに違いないよな〜と思いまして図々しくも希望外からの熱いコールを飴山さんと出してみたのですが、読み通り可愛いこと可愛いこと。ひょっとして変な方向に人気出ちゃったらごめんなさいしなくてはならないのですが、猫かぶりから一転してブチ切れた毒舌ボイスは必聴。正座してヘッドホンして聞きなさい。「ふにゅ〜♪」からの「ぜってぇ童貞だろチンコ顔!!」の爽快さは疲れた心に響く暴力です。サドい台詞回しはMにはさぞかしたまらん事でしょう。日本にこの強烈すぎるキャラを演じてあんなに違和感のない役者がいるとは(笑)。ぺけ丸氏のイケヴォを望む乙女達から叱られないですかね、ホントにもう黒井は! 悪乗りが過ぎるぞ! でもでもだって似合ってるんだもん!! 新たな側面と魅力を同時に感じられると思いますわよ。暗くなりがちな話の中でも、明るく元気なナコトちゃん。いつでもブレずに自分を貫き、決して何からも逃げないナコトちゃん。ロジャーも二重人格キャラではあったけど、今回は完全にメーターが振り切れているので重い背景を抱えた性格のキャラが多いエクサにおいて、ぺけ丸氏の声のトーンの明るさは一筋の光明のように感じられるはずだろう。どちらかと言えばコメディリリーフ扱いな印象が強いんだけど、彼も彼なりにコンプレックスがあるんだよね。最年長なのにドジっこだったり、他の魔導書と比べるとちょっとオツムが足りない事も気にしてたり。でも、仲間を救うために彼は一番に頑張るんだよね。原作では公開済みだけど、みんなの力になれた事を素直に嬉しかったと言い、最年長でありながら落ち着きのない自分と他の魔導書を比べ恥ずかしく思っていた、というコンプレックスを話すシーン。切ないのよね、ここがまた。俺は聞きたい。ぺけ丸氏の声で聴きたいんだよ。絶対に涙そうそうだよ。


16242a87eb20d2dbcc346c2c7d61c82c-20190701211505.png
「はううぅう〜〜! ナコト、戦うのとかチョー怖いんですけどぉ。旦那様の為にぃ、せーいっぱいがんばりまーすっ!! にゃんにゃがにゃーん★」
「だってぇー、恋愛はいつか壊れちゃうかもしれないでしょー。でも仲間とか……友達ってのは……ずっと続きそうかなー、って……てへっ★」
「ウソつきって何も失くさないけど、何も手に入らないんだよ、ね……ナコト、ウソつきだけど、初めて……人に、ありのままの自分を受け入れてくれる人に好かれたいって思っちゃった……さいこーだけど……さいあく……。にゃはっ」
「……もーキレた。絶ぇぇぇぇ対に許せねぇ。股間チンコ野郎……上等だよ、ぶった斬ってやんよ!(チェーンソーエンジン全開) ちょん切ってその口にブッ混んでやる!! チンポしゃぶりのクソカマ野郎!!!!! タマもサオも切り取っててめぇの家系を絶ってやっぞオラァ!」
「ギタギタにされたプライドは10倍、いや100倍にして返してやるんだからっ! じゃなきゃ気ィすまないっしょ?」


と言う訳で、明日からオレはナコト写本ちゃんになるよ!
みんな達はいきなり飛んでくる飛び後ろ回し蹴りに注意するといいよ!!!

×
SSが簡単に作れる
BL専門チャットノベル
- ナノ -