第4話







「う゛う……おはよう…ございます…」

翌朝。こめかみ辺りを手で押さえ、●●●がキッチンに入ってきた。

ヨロヨロした足取り。
あれは完全に2日酔いだろ。


「……おう」

手を動かしたまま顔だけ上げると、目が合った●●●は、さっと脇に手を下ろした。
そしてどこか気まずそうに、おれの方に駆けてくる。

「あっ……あ、のぉー…」

コイツは往々にして分かりやすい。
何が言いたいのか手に取るように分かっていながら
俺からは何も、言ってやらない。


「どうした?」
「え、えっと、そのぉ……」

せわしなく泳ぐ目が、ちょっと笑える。
向き合ったまま長く感じる数秒が過ぎたのち。
●●●は意を決したように、重い口を開いた。


「あのっ!…ナギさん、…です、よね?」
「なにがだ?」
「……っ!……そのぉー…ゆうべ部屋に…運んで…くれたのっ…」

 ―― 尻すぼみの声。
不安げな表情で、●●●はオレの様子を伺う。
けどオレはまだ、はっきりとは、言ってやらない。


「覚えてんのか?」

●●●は1つ。ゆっくりと首を縦に振った。

「あっ、でも……ナギさんが立ってた事はなんとなく……でもそのあとの事は、そのぉ―…」
「覚えてねえ、と」
「う、…はい。……でも、起きたらちゃんとベットに寝てて…」
「それでおれだと思ったわけか?」

●●●は「はい」と肩を落とす。
その頭に手を置いた。


「ああ、おれだ…」
「やっぱり!…って、あのっ!」
「ん?」
「わたしっ!…変な事とか…言ってなかったでしょうか…」
「変なことか? たとえばどんなことだ?」

おれも大概、意地が悪いと思う。
変なことを言いそうになったのは、むしろオレの方なのにな。

けど、そんな事、知るよしもない●●●は。

「…それは……」

チラチラとオレの顔を伺いながら、あれやこれやと浮かばない考えを巡らせている。
その顔が面白くて、とうとうプッと吹き出した。

「……ナギ、さん?」
「悪い。いや、言ってねえよ」
「へ?」
「お前、すぐに寝ちまったからな。 別になんも言ってねえ」

笑いをこらえて教えてやると、●●●は一瞬フリーズして。

「はっ……はぁぁ…良かったぁ〜〜」

大きく息を吐きだした。
ほんとにコイツは、からかい甲斐のあるヤツだ。
けど、べらべら喋って墓穴を掘っても洒落になんねー

「…ってことで、朝メシの用意始めるぞ。動けるか?」
「は…!はいっ!」

●●●が姿勢をビシッと正す。
その頭を、くしゃりと撫でた。

「んじゃ…メシの用意、始めるか…」

言って、続きを始めようとするオレの手を、●●●の両手がぎゅっと掴んだ。

「ん?」
「あ……あのっ!!」

見れば、さっきまでとは打って変わって、真剣な目が真っ直ぐ見ている。
ほんとにコイツは分かりやすい。


「……言わねーよ」
「………え、」
「ゆうべの事は、誰にも言わねー」
「………っ」
「奴らにも。……船長にも、だ…」


 これが1晩考えての、オレが出した結論だ。

おれの口から船長に言うのは簡単だ。
どうにかして、やりたいとも思う。
いや。船長だったらホントはもう。
コイツの事なんか、全部分かってるんだと思う。

けど。それでも娼館に行き続けるのは
寝首をかかれやすい娼館に、おれ達を、行かせないため。
………そういう人だ、船長は…

そしてそんな船長を、全部理解した上で。
健気に耐えるコイツの気持ちも、無碍にしたくなかった。

おれが口出すことじゃねえ……





「それとも言って欲しいか?」

問うと●●●は、ブンブンと首を横に振る。

「なら、お前が言おうと決めた時。……お前の口から船長に言え」

 な? と頭に手を置くと、おれの言いたい事が分かったらしく、●●●は一瞬、黙り込み。
それから「はいっ」と、小さな声で呟いた。
そのまま下を向こうとするから。

ガシッ

「その代わり…」

おれは頬を両手で挟んで、無理やり顔をこっちに向かせた。

「そ、…その代わり?」
「ああそうだ」

今度は俺が目を合わせ、少し語勢を強める。

「その代わり。独りで居たくねー時は、遠慮しないで俺に言え」
「……っ」
「とことんオレが付き合ってやる」
「……」
「だから。あんなとこで独りで呑むな」

わかったな、と。放してやると、●●●の目に、みるみるうちに涙が浮かぶ。


「泣くな」
「……っ!」

コイツの涙は、もう見たくねえ。
手元のタオルをひっ掴んで、後ろを向いて渡してやる。
少し置いて、「はい」とか細い声がした。

「ったく。しけた返事しやがって。ちゃんと分かってんのか?」

肩越しに後ろを振り返ると、そこにはもう、涙は無くて。
●●●は泣きそうながらも「はい」と笑顔で頷いた。

その顔に、密かにオレはホッとした。





その日も昨日に続き、普段と変わらない●●●の声が船に響く。
ケタケタ笑って動き回るが
正直おれには、本気で笑ってんのか、無理に作って笑ってるのか、分からねえ。

ただ1つ言える事は……
アイツは海賊王の女として、必死で耐えてる、ってこと。

そんなアイツを見つめるうち、あっという間に日も暮れて
いつもと変わらねー賑やかな晩メシがようやく終わった。

その片付けを、2人でくっちゃべりながら、ゆっくりやる。
仕込みも、余ったモンをつまみながら、ゆっくりゆっくりと、こなしていった。



「さて……」

仕込みも終わり、時計を見る。

「11時か…。…んじゃ一緒に呑むか?」

棚の下に何本か酒があった筈だ。
歩き出す腕を、●●●がくい、と引っ張った。

「ん?」
「あの……今日は、もう……」
「けど、おまえ…」

●●●は手を離して、にこっと笑う。

「昨日、呑みすぎたので。…それに寝不足だし。…だから今日はほんとにもう…」
「そうか?……つか、無理してねーか?」

顔を覗くと、●●●はコクンと頷いた。
それから、サッと身を離す。

「じゃ、わたし。今からお風呂に行ってきます。できるだけ早く出ますので…」
「ばーか。ゆっくり浸かってこい」
「あ……でもっ。……じゃ、30分したら来て下さい。それまでには…」
「……30分な。…わかった」

うなずくオレに、●●●は「じゃあ」と笑って、背を向ける。
ドアを開け、出ようとして、くるっとこちらに振り向いた。


「ナギさん……」

「あ?」




「今日は、ほんとにほんとに…ありがとうございました」


泣きそうな顔で笑うから、すぐに言葉が出なかった。
そうこうするうちドアが締まって、聞き慣れた足音が徐々に遠ざかっていく。


「…ったく…」


だからお前に惚れるんだろーが。

ち、っと小さく舌打ちをして

それでもおれは、ふっと笑った。







[ prev next ]
 Back to top 

×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -