第2話






翌日の仕込みも、終わりが見えた頃。
視界の隅に時計が見えた。


「……10時か……」

呟く声が聞こえたらしく
ダイニングの床にモップをかける●●●が手を止めた。

「もう、そんな時間ですか?」

そして腰をトントン叩く。

「長いこと、手伝わせて悪かった」

ありがとな。
礼を言うと、●●●は「いえ」と、おれの方へ駆けてくる。

「それで仕込みは……」
「ほぼ終わりだ…」

助かった、と、見上げる頭をくしゃりと撫でる。
すると●●●は、何故か声を落として、目を伏せた。


「そっか。…もう、終わりですか…」
「なんだ。もっと働きたいのか?」
「……っえ?」

冗談めかすと弾かれたように顔をあげ、おれの腕を、バシッと叩く。

「もォー…そんな訳ないじゃないですか…」
「そうか?」
「で……ナギさんもこれで終わりですか?」

問われて向けた視線の先には、今日買ってきた、野菜や肉。
仕舞う暇も無かったが。
在庫の把握もしとかねーと今後の献立に支障をきたす。

「オレはアレを仕舞いがてら……」
「あ…!…だったら私も手伝います!」

●●●は言葉半ばで踵を返し、厨房の隅へと走り出す。

「…っオイ!」

その手首を咄嗟に掴み、くるんとこちらに振り向かせた。

「え…」
「お前はもういい」
「でも……っ」
「疲れてんだろ?」

掴んだ手を、顔の前まで持っていく。
そこには、指に巻かれた絆創膏。

「あ……」
「それより……風呂にゆっくり浸かってこい」
「…………」
「1時間もありゃ、足りるだろ?そのあと俺も入るからな。ちゃんと出とけよ?」

な、と、口元だけで笑って告げると、●●●は申し訳なさげに目を伏せた。

「そっか。…私が早く入らないと……ナギさんまで、遅くなっちゃいますもんね…」
「……は?」
「疲れてるのに……」


何を勘違いしたのか、●●●はシュンと肩を落とす。

遅くなるのは慣れてるから、別におれは構わねーけど。
そう付け足す前に、掴んだ手が引き剥がされた。

「ごめんなさい。…わたし全然気づかなくて。…いつまでもここに居座っちゃって…」
「………いす?」
「じゃわたし……行きます」
「……って、●●●…!」

呼び止める声にも振り向かず、手に持つモップを立て掛けると
●●●は走ってキッチンを出ていった。


「なんだよアイツ……」

らしくない態度に、おれは首をかしげた。









[ prev next ]
 Back to top 

×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -