サナトリウムで僕は浄化される



彼女の瞼は優しく泣きはらしたようだった。すべらかな露はするりと象牙の純を這い、彼女の白栲のおもちゃ箱に影を作りだした。きっとなにも知らぬままでいたかったのだろう、揺れる木馬が憎らしかった。
東京 真夜中 最近 復讐 



×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -