バレンタイン





世間はバレンタイン商戦一色というやつのようだ。

そう呟けば荒北は、あっそ、と流した。


「今年は大目に作らないとなぁ…部員には配るけど、特に新開がチョコ好きだから…でも甘いのが苦手だったり…逆に好きな人もいるだろうし、加減がなぁ…」


「俺には?」


隣りの席を見れば、すっとぼけたヤンキーが映った。


「欲しいの?」


「いらねーヨ、お前からのチョコなんか」


「あっそ、じゃあいやがらせに机ん中に突っ込んどいてやるよ」


「だからいらねーっつーの」


もらえる、とわかったからか荒北はわずかに口角を上げた。

おそらく14日はそわそわしていることだろう。
そして、私は荒北の机になどチョコレートを入れてはやらないのだ。きっと何度も机の中を確認するに違いない。

散々焦らしてから手渡ししてやるのだ。

何時間で我慢の限界が来るのだろうか。
彼のプライドと忍耐力がどこまでもつのか、14日が楽しみだ。








- 30 -


[*前] | [次#]

[戻る]



×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -