屯所内に響いた例の音を聞きつけて、ここにいた隊士全員が駆けつけた。


勿論、その中には副長と沖田隊長もいて、事情を話した俺はしこたま殴られたわけだけど。






「で…、




あいつが愛なんだな。」




「た、たぶん…。」


煙草を吸いながら、倉庫内を見る副長にボコボコに腫れた顔で答える。



煙が消えた倉庫の周りには沢山の人集りができているが、誰も中には入らない。

…いや、入れないんだ。






隅の方で、肩からズレる隊服を掴みながら右手で苦無を構える…殺気むき出しの5歳ぐらいの子供のお陰で。




「…あの顔、間違いなく愛でィ。」



沖田隊長の言葉に副長がため息をつく。


唯一、彼女の顔を日常的に見ている彼がそう言うなら、きっとそうなんだろう。



誰もが、どーする?と顔を見合わせる中、沖田隊長はいつものポーカーフェイスで倉庫内へと足を進めた。



「…っ!!!」




その瞬間、苦無が飛んでくるが、彼は首を倒しそれを避ける。


お陰で、その後ろの俺の頬を苦無が掠っていった。





「俺らは敵じゃねぇ。
とりあえず、大人しく降参しなせェ。」


「……!!」


「大丈夫でィ。」




辺りが息を飲む中、隊長は愛の前にしゃがみ込む。

彼女は怯えているようでカタカタと体を揺らしていたが、頭を撫でられるとホッとしたのか、さっきまでの殺気は消えていった。










「愛ゲットだぜ。」


そう言いながら、彼女を抱っこする隊長に急いで駆け寄った。


さっきの反応といい、俺を怪訝そうに見上げる素顔状態の愛から、記憶はないものだと推測する。




にしても、




「……可愛いっ!」



何この子!凄い可愛い!!


目はパッチリだし、ぷっくりとした頬は赤みがさしていて、思わず突きたくなる。


俺と同様に群がる隊士達は、だらし無い顔を晒しながら、口々に質問を繰り出した。



ここどこだかわかる〜?
可愛いね〜おじさんの子にならない?
こっちおいで〜




そんな質問達に、愛は隊長のスカーフをギュッ掴み、彼の胸に顔埋める。









「…愛?大丈夫でィ。俺がついてまさァ。






…チッ、怯えてんだろーが。

てめーら全員叩っ切ってもいいですかィ?」


彼女の顔を覗き込み、聞いた事もない優しげな声で話しかけた直後、

俺達に浴びせられる凄まじい殺気に身震いする。




「総悟そのへんにしとけ。

山崎!!とっとと効力調べてこい!
!!」



「ぎゃあ!!」



一部始終を傍観していた副長が此方へ近寄ってきたと思ったら、愛の頭を軽く撫でた後、油断していた俺の足を蹴飛ばした。


思わず涙声になりながら、しゃがみ込むけど、目の前の三人を見て少しホッコリする。





…なんなんだろう。
彼女には申し訳ないんだけど、可愛い頃の君を見れた事と、だらし無い顔を浮かべる隊長と副長が見れて、なんだか少し得した気分になった。






(まだまだ続くよ!!)
(さっさと行け!!山崎ィイ!!!)




 / →





×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -