旭「こんな寒い日は焼き芋が美味しいなあ。(ハフハフ)」

鉢屋「うわ、鼻真っ赤でマヌケになってるぞ。(…可愛い。)」

旭「うっさいわ!」

久々知「(寒くてモジモジしてる、可愛い。)トイレ行きたいの?」

旭「寒いだけや。察しろ!」

竹谷「食べ方汚ねぇー。(小動物みたいで可愛い。)」

旭「寧ろ焼き芋の綺麗な食べ方知りたいわ!………ふぇ………プチッ…!」

不破「え、今の何?(くしゃみ可愛い!)」

旭「くしゃみや!!反応するな!!」

尾浜「今のヤバイ…!あははっ!!(尋常じゃない。可愛い。)」

旭「なんやねん!私ばっか弄りよって…!!

ハハーン、さては自分ら私ん事めっちゃ好きなんやろ!」

「「「「「」」」」」

旭「なんか言えや!!打ち合わせでもしとんか!」




「「「「「(バレたかと思った…。)」」」」」



prevnext
×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -