旭「海苔マユ毛先輩ー。委員会のプリント持ってきましたー。」

立花「あぁ、ありがとう。」

兵太夫「(前から思ってたけどさ…。)」

伝七「(あぁ…あれ、悪口だよな…。)」

旭「言われてんで。海苔マユ毛先輩。」

立花「タメ口までは許してないぞ。」

兵太夫「…え、えっと…。」

旭「ふっふっふ…海苔マユ毛先輩誕生秘話気になる?」

兵太夫伝七「「は、はい!」」

旭「素直やなあー。ならば話そう!実は…私が一年のとき、くのたまの実習で海苔マユ毛に下剤盛ったんやけど。」

立花「おい、先輩はつけろ。」

旭「この白塗りがカウンターして、なんやかんやで私が食べさせられてん。んで、…元から入れてた薬の量が間違っとって生死を彷徨ったんよ。」

立花「今思えば、自業自得というやつだな。」

旭「それから、当時二年生の可愛い可愛い立花仙蔵君は『私のせいでごめんね!ごめんね!悪かったね!なんでもする…」

立花「話を盛るな!」

旭「…まあ、なんやかんやあってこの呼び名になってん。(飽きた)」

立花「おい、帰らなくていいのか。」

旭「今家出中やねん。ちょっと置いてや。藤内と綾部の代わりになるから。」

立花「高く見積もって、綾部の1/2にもならないな。大方、今日の五年合同実習でコテンパンにやられたんだろう。」

旭「せやねん!せやねん!ちょ、聞いてや!!」




兵太夫伝七「(…なんか、兄妹みたいだ……。)」


prevnext
×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -