旭「薄情者共!!か弱い女子に何持しとんねん!めっちゃ重いやんけぇえ!!」

鉢屋「ジャンケンに負けたお前が悪い。」

竹谷「頑張れー!お前ならいけるぞー!!」

久々知「この前筋肉つけたいって言ってたし丁度いいな。」

不破「流石に旭一人は…。」

尾浜「雷蔵甘やかしちゃ駄目だ。旭すぐ調子に乗るから。」

旭「お前ら覚えとけよ!!今度は持たすからな!!」

鉢屋「旭、顔、顔。」

旭「可愛いって?知ってる知ってる。」

「「「「「」」」」」

旭「なんか言えや!!!」




食満「…ん?浪速娘どうした?」

旭「あ、食満先輩。
…ジャンケン負けて、あのアホ達の次の授業のやつを持っとるんですよ。」

食満「ふーん。(ひょい)どこまで運ぶんだ??」

旭「え、(さりげなく持ってくれた!!すげー!!イケメン!!)あ、あの教室まで!です!!あ、ありがとうございます…!!」

食満「気にすんなよ。

…よし、じゃあここまでだな。あんま無理すんなよ。女の子なんだから。」





不破「…旭?」

旭「……あ、あかん。キュンときた。」

鉢尾久竹「え?マジで?」


prevnext
×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -