旭「もんもん先輩申し訳ないです。私なんかとペアなばっかりに。」

潮江「その呼び名変えろ!バカタレ!…はぁ、そんな事より足だ。」

旭「ザックリですね!説教は後でがいいです!」

潮江「…とりあえず、実習は終わったから山を降りるぞ。」

旭「イエッサー!」

潮江「イエッサーじゃねぇ!立つな!バカタレ!!」

旭「えー。」

潮江「…。」

ヒョイ

旭「え。ちょっと待って下さいよ。先輩も怪我してます?頭らへん。」

潮江「大人しくしてろ。」

旭「おんぶとかいろいろあるやん?なあ?なんでお姫様抱っこなん?!!!」

潮江「お前が内腿なんぞ怪我するからだ!!黙っとれ!!」

旭「もー!こーいう事平然としちゃうから六年怖いねん!!!!」



潮江(俺はこの後仙蔵に会うのが怖いわ!!!)


prevnext
×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -