久々知「なぁ、なんのつもり?」

旭「巷では、壁ドンというものが流行ってるらしい。」

久々知「あ?」

旭「やからやってみてんけど…、キュンってけえへん?」

久々知「いや、逆じゃない。普通。」

旭「えー。」

久々知「だから、こうやって…(ぐるっ)」

旭「ほぅ。」

久々知「こうじゃない?」

旭「うわー、ビックリするぐらい…うんともすんとも。」

久々知「こんなに近くても?」

旭「うーん、兵助やしなー。」

久々知「えー。」

旭「逆に長い睫毛見せつけられて、ちょっとイラッとする。」

久々知「旭も長い方じゃない?」

旭「そう?」

久々知「うん。ホラ、もうちょっと顔見せ…」


ガラッ

竹谷「っギャァアア!!何してんのお前ら!!!」

旭「何って…?」

久々知「(クッソ、いい時に…!)」


prevnext
×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -