ユキ「姉様恋バナしましょー!」

トモミ「姉様の恋バナ聞きたいです!」

旭「ほんま好きやなあ、そーいう系。残念やけど私、オチ無い話はせーへんよ。」

ユキ「初恋はいつですか?!」

旭「お聞きなさいよ、私の話。」

トモミ「話してくれないと、姉様がこの前のテストカンニングしたのシナ先生にちくっちゃいますよ。」

旭「二年のときですね。」

ユキ「えー、誰?!誰ですか?!
久々知先輩?竹谷先輩?不破先輩?」

トモミ「きっと同じ委員会の尾浜先輩か鉢屋先輩よ!」

旭「なんであのアホ達やねん!あるわけないやろ!」

ユキ「じゃあ、誰ですか?!」

旭「えー…。」

トモミ「シナ先生ー!!!」

旭「ぎゃー!!やめて!!言うから!!言うから!!」

トモミ「じゃあ、お願いします!」

旭「はぁ…、実は…」

ガラッ

シナ先生「あら、楽しそうな話ね。私も混ぜて欲しいわ。…けど、その前に。」

旭「し、シナ先生…。本日もお美しい…」

シナ先生「あら、ありがとう。それはそうと、旭ちゃん。この前のテストなんだけど。」

旭「(般若降臨…!!)」




ユキトモミ((物凄いオチがついたわね…。))


prevnext
×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -