二章

 図書館には一種独特の雰囲気がある。異様なまでの静けさと何かに没頭する人々の思念が入り混じり――その雰囲気が嵐は嫌いだった。本は好きだが、この不自然なまでの静けさは落ち着く事を許さない。
「お願いしますね」
 初老の女性が、念を押す。そわそわしている嵐に不審感でも抱いたのだろうか。
「あ、はい」
「昼間であろうが関係なくありますので。ちゃんと見張って下さいよ」
「特にどこが荒らされるとかは」
「いいえ、まんべんなく」
「……わかりました」
 事の発端は昨日まで遡る。
 昼間、する事もなく家でごろごろとしていた嵐の元に電話がかかってきた。取り次いだ母から受話器を受け取り、耳に当てる。
「もしもし」
「お忙しい所申し訳ありません。私、尾田川図書館の館長の鈴和と申しますが、頓道(とみどう)嵐さんでしょうか」
「そうですが」
 自分でも読むのに困る名字をよく読めたものだな、と感心しつつ言う。女性の声に老いは感じられたが、聡明そうな響きに老いはなかった。
「探偵をやってらっしゃるんですよね」
「あー……」
――やはりそうきたか。
 この仕事を始めてから何度目かになる説明をする。
「探偵とは少し違いまして、調査専門に……」
「失礼ながらそれは探偵と変わりないのではありませんか?」
 そりゃそうだ、と鈴和の切り返しに納得する。
 調査、でひとくくりしてしまうと確かに探偵業と何ら変わりはない。――嵐ですら最初はそう思っていた。しかし、嵐の場合は調査に重きを置いている。浮気や素行調査から、考古、民俗学――とにかく調べ物なら何でも請け負う。
 節操無しと明良に笑われたこともあり、近年ではそれを自覚しつつあった。
 しかし自覚していてもそこはそれ。調べ屋と看板を掲げた以上、どんな依頼であろうと――例え探偵と間違われようと遂行せねばならない。
 自身の生活水準の向上と、親の溜め息の減少の為に。
 説明し直すのもどうでもよく思え、適当に相槌をうっておくと、鈴和は本題に入った。
「仕事……と言っても、警備の真似事の様なものなのですが、それをお願いしたいのです」
――嫌な予感がする。
 ただの警備であれば、わざわざこんな探偵まがいの人間に頼んだりするわけがない。暗にその意を汲んだか、鈴和は続けた。

- 35/323 -

[*前] | [次#]

[しおりを挟む]
[表紙へ]




0.お品書きへ
9.サイトトップへ

「#エロ」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -