一章

 長袖のシャツで外を歩いても、最近は暑いと感じることがなくなった。
 頬を撫でる風はうっすらと冷たく、青々としている葉の中には早くも衣替えを済ませた葉も見掛けた。雑鬼らも、まとう衣の色を変え、土産を手にしながらそこいらを横行している。
 電柱の陰に居ようと、木の下で、店の間で酒盛りをしていようと、見えない者には見えない。だから連中は平気で出歩き、たまに見える者に会うとからかって暇を潰す。
「あんた見えるだろう」
 野太い声にひやりとする。
――遊ばれて堪るか。
「黙ってないで。ほれ」
 髭面の小鬼はくん、と嵐の服の袖を引っ張った。だが、引っ張られたところで止まるつもりもない嵐は家路を急ぐ。
「聞こえるんだろう」
 古本屋の包みを抱えて角を曲がり、足早に家の門をくぐる。近所内でも古いと評判の家は、自慢ではないが広い。門から家の玄関までは少しあり、その小道をほうきで掃いていた女性が顔をあげる。
「あら、おかえりなさい。また本屋?」
 和服の似合うその女性は、嵐の母だった。黒髪を短目に切った母は六十も近い年頃だが、見た目にはそうと見えぬという特技を持つ。
「古本屋だよ」
「どっちも同じでしょう。本ばかりためて。そういうところはお父さんに似てるのねえ」
「はいはい……奥で本読んでるから」
「ああ、待って。お友達が来てるわよ」
「……俺の?」
 友達の少なさにかけてはひけをとらない。母は困った様に返す。
「馬鹿言ってないで。待たせてるんだから」
 頭をかいて家にあがり、廊下を歩きながら考える――友達?
 そう言ってあがりこみそうな奴なら一人心当たりがある。折角の楽しみを奪われた苛立ちから乱暴に襖を開けた。
 部屋に、明良の姿はなかった。代わりに――先刻の小鬼がちょこんと、机の前に座していた。
「お、お前っ!?」
 かくん、と膝の力が抜け、その場にしゃがみこむ。いくら友達がいないといえど、雑鬼まで友達にした覚えはない。
 小鬼は嵐に向き直り、大きな目をぎょろりとさせた。

- 32/323 -

[*前] | [次#]

[しおりを挟む]
[表紙へ]




0.お品書きへ
9.サイトトップへ

人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -