序章

――落ちてますよ。

 大きな手が、赤い巾着袋を差し出す。

――気をつけて下さいね。

 抑揚のない声でさらりと言い、男は去る。
 そうして気付いた。

――言い忘れた、と。



- 25/323 -

[*前] | [次#]

[しおりを挟む]
[表紙へ]




0.お品書きへ
9.サイトトップへ

「#エロ」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -