五章

「……何だその態度」
 嵐を見た途端の天狗の逃げっぷりに呆れたように言う。朽ちた門をくぐった嵐を視認した途端、天狗はすばらしい瞬発力で嵐との間に五メートルの距離をとり、木の上に飛んだ。
「……っお前! 何だそれ!」
「それ? ……この中身か?」
 リュックを掲げる。わなわなと震えた指で天狗は指した。
「そうだ! 何で鬼がその中にいる!?」
「……これが鬼? 何か勘違いしてないか」
「しない! 鬼を退治しろとは言ったが連れてこいなんて言ってないぞ!」
「あー……もう。……そりゃ気配は鬼に似てるだろうけどよ」
 小さく息をつく。
「人恋しさで呪詛まで使った奴だしな。気配は鬼に近いだろう」
 それに、と嵐は天狗を見てにやりとした。
「こいつはかなり年季の入った奴だ。……お前より数百年先輩だよ。その気配にびびってんじゃないのか?」
「誰が!」
「なら降りてこいよ」
 にやにやとする嵐に易々と挑発されるあたり、若さが窺える。及び腰ながら天狗は木を降り、嵐との間を二メートル縮める。
「……別にとって食やしないよ」
「うるさい」
「じゃあ通してくれよ……」
 用件は済ませたはずである。鬼をどうにかして雑鬼を戻せ――少女が鬼であったかどうかはともかくとして、雑鬼は戻っているはずである。
 そう思い振り返った嵐は、息を飲んだ。
「……!」
 怪訝そうに天狗がそろりと近付く。
「……なに驚いてんの?」
「家が……」
 目に入るのは朽ちた門、その奥には朽ちた家。入る前に見た姿と同じだ。――そして入った後に見た姿とは違う。
「あんなだっただろう。最初から。それよりお前だよ」
「……なにが」
「途中でなげだしたら食ってやろうと思って、待ってたら……七日も!」
 天狗の言葉に嵐は目を丸くした。
「七日? 三日だろう」
「七日だ。時の感じ方に関してはお前より鋭敏に出来てる」
「……なんてこった……」
 嵐は頭に手をやった。あの家と外ではおそろしく時間の流れが違う。そう――世界が違うのだ。

- 21/323 -

[*前] | [次#]

[しおりを挟む]
[表紙へ]




0.お品書きへ
9.サイトトップへ

「#エロ」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -