二章

 門の朽ち方には年月があった。その向こうに見えた家にも。
 だが今目の前にあるのは何だ、と嵐は自問する。――自答はない。
 ただ無言で、そのこじんまりとした日本家屋を見上げるだけだ。
「ええと……」
 自分が来た道を振り返る。道はただ、道として存在していた。門もそのまま傾いている。しかし家だけが、門の外から見た状況と百八十度変わっていた。
 決して真新しいというわけではない。人の生活臭さがいたるところにあり、閉じられた玄関はいつでも主を迎えられるようだった。その主が自分ではないことを知っている嵐は庭に回り込んだ。磨かれた縁側が目に入る。
 縁側が面する小さな庭には同じく小さな木蓮が、隅にそっと植わっていた。枝も他の草木も好き放題伸びており、その点は外観と大差ない。
 家だけが、変わっていた。
「……でも、ここだよな」
 地図を取り出し、見る。見たところで空から来た嵐にはわかることは何もなかったが。
「気休めにもなりゃしねぇ……」
 地図をしまい、改めて家を眺める。雨戸は開いており、縁側から家の中が見れた。障子や襖は全て開け放たれ、畳の部屋が続く。明かりといったものが全く無い室内は薄暗く、踏み込むのを躊躇わせた。
――でも行かなきゃな。
 何度目かの溜息をついた時、コトン、と音がした。
 心臓が飛び上がる程に驚くとはこう言うのだろう、などと考えつつ音のした方を向く。
――朱が、目に鮮やかだった。
 それは着物の色なのだが、自然に染め上げたとは思えぬ程に鮮やかで、かといって人工では産み出せぬ美しさを持っていた。裾にあつらえられた花々の刺繍も金糸で見事に咲いている。その着物に垂れる様にして、長い黒髪が映えた。黒髪は白い肌を際立たせ、その中の瞳も髪の様に漆黒の色を落としている。
 美しい少女だった。
「この家の人かな?」
 我ながら不審感を煽る台詞だと思う。少女はじっと見据えたまま答えようとせず、無言で応じる。
 沈黙が辺りを包み、嵐は気まずい思いで言葉を続ける。
「海山さんのお宅だと思うんだけど」
 やはり少女は答えない。
 無視、は考えられなかった。両眼はしっかり嵐をとらえている。
 声が小さすぎるかと思い直し、少女に近付く。
「海山さんの家だよね」

- 7/323 -

[*前] | [次#]

[しおりを挟む]
[表紙へ]




0.お品書きへ
9.サイトトップへ

人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -