一章

 夏はどんなものも力強さを増す。太陽はその陽光を益々強力なものにし、突き刺す様な光は目に肌に、刺激を与える。
 青々と繁る草木のつんとした匂いも青みも、日を追うごとに眩しさを増した。
――それらの陰に、踊る小さなものたちも。
「……あちい」
 ぽつりとぼやき、汗を拭う。目深に被っていた帽子も今や団扇代わりと成り果て、黙々と進めていた足はむくんで痛い。
 もう一歩、と踏み出した足がパキリと小枝を折った。途端に蛇や羽虫、小鬼の形をとった雑鬼たちが溢れ出し、男の頬をかすめた。咄嗟に避けたが、頬がほんのり火傷の様に痛む。
 頭上でケタケタと笑う雑鬼達をねめつけ、大きく息をつく。
「少し休むか……」
 大木の下に腰を落ち着ける。
 降ろしたリュックからミネラル・ウォーターを出し、口に含んだ。暑さでぬるくなってはいたが、喉には充分なお湿りとなった。
 ほう、と息を吐いて、仰ぐ。
 密生した木々の葉の隙間からは、いくらか和らいだ陽光が射し込んでいた。しかし尻の下から立ち上る湿気を暖めるには充分で、この森は自然のサウナと化していた。時折そよぐ風は、汗と湿気にまみれた肌をひんやりとさせる。その肌も虫や木々でかぶれ、所々赤い斑点が見られた。
――長袖にしときなよ――
 今になって、あの男の言葉が思い出される。――どこにでも、お節介で話好きな人間はいるものだ。例え本人が放っておいてほしいと思っていても。
――この森に来るまでには、いくつもバスを乗り継がなくてはならなかった。山奥もいいとこの山村まで来た時には、一瞬時代を疑うほどに、そこは隔絶されていた。
 最後の乗り継ぎのバスに乗り、一番後ろの座席に座る。乗客は少なく、腰の曲がった老婆とタオルを首に巻いた男の二人しかいない。
 過疎化が進む山村では、よそ者は嫌というほど目立つ。二人はちらちらと視線を彼に向け、ついに男が立ち上がり彼の隣に座った。
「どこから来たんだい?」
「東京から」
「旅行じゃないだろう。こんな何も無い所」
「自然が豊かで良いじゃないですか」
「ああ、初めて来る奴は皆そう言うんだ。……お世辞はいいよ」
 男は寂しそうに笑う。旅行目的じゃないとわかった男は、純粋な好奇心から尋ねてくる。
「旅行じゃないなら、何だい? 親戚を訪ねてきたって風じゃないな」

- 2/323 -

[*前] | [次#]

[しおりを挟む]
[表紙へ]




0.お品書きへ
9.サイトトップへ

「#エロ」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -