終章

 手を合わせて拝む嵐の後ろから、聞き慣れた声がかけられる。あまり出会いたくない声だったが、この間の一件以来そういった感情は薄れつつあった。
「お参り済んだか」
 肩に手をあて、左腕を回しながら槇を振り返る。
「なんとか」
「汰鳥の親父が?」
「明良にそんな力ないですし」
「だろうな。ほら、これ」
 ポケットからくしゃくしゃになった新聞の切り抜きを取り出し、嵐に渡す。
 受け取りながら槇の姿を眺めた。
「仕事ですか」
 くたびれたスーツは相変わらずである。槇はうるさそうに手で払った。
「うるせえ。非番だったのに」
「事件か何か」
「違う。休んだ馬鹿の代わり。……いいから読めって」
 どことなく照れくさそうだ。所々省略されている箇所を補うと、この切抜きを取りに行ったところをつかまったのだろう。
 本物の頑固だな、と苦笑しつつ切抜きに視線を落とす。
 さほど大きくもない記事だった。レタリングで強調された題には「一家惨殺」と書いてあった。
「……殺されたのは佐敷という一家だ。両親、子供……その中にはあの子もいたよ」
 覗きこんだ槇がほら、と骨張った指で小さな写真を指差す。
 楕円に切り抜かれた写真の中で、彼は楽しそうな笑顔をこちらに向けていた。
 どんな時に撮られた写真を使ったのか、満面の笑顔はずきりと心を痛ませる。
「動機は物盗り。逮捕された時、奴の手には包丁と一万円しかなかったそうだ」
 やってらんねえな、と槇は嵐から離れる。
 たった一万円のために、あの子は暴力的に生を奪われた。
──傘はどこ?
 傘を探しているところで絶命したのか、槇から嵐へ移っても彼はそれだけを主張し続けた。
 親ではなく──ただ傘を。
 親の姿を探す暇もなくただ不意に、凶刃が振り下ろされたのだろう。
「……どうだ」
 低く槇が問う。嵐は微かに笑い、切り抜きを返した。
「もう俺の所には戻りませんよ。住職が家族の墓を探してくれるそうです」
 寺のネットワークの偉大さを切々と語ってくれた。そうでなくとも責任感のある人である。ネットワークにひっかからずともきっと探し当ててくれるだろう。

- 102/323 -

[*前] | [次#]

[しおりを挟む]
[表紙へ]




0.お品書きへ
9.サイトトップへ

人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -