四章

 霧雨は激しくなることも小降りになることもせず、ただしとしとと、三人の上に降り注いでいた。
 傘をわずかに持ち上げ、槇は恨めしそうに白っぽい空を見上げる。
「なあ高仲」
 無言で歩を進めていた高仲は、槇の呼びかけに「はい」と答えた。
「間宮ん家に行くのはいいが、いきなり行って大丈夫なのか」
 極めて常識的な発言に高仲は思わず目を丸くし、慌てたようにレインコートの前ボタンを外し、胸ポケットから携帯電話を出す。
 あまりにも話が進みすぎるため、高仲は踏むべき段階を飛ばしていた。
「すみません、傘貸してくれます?」
「ああ」
 二人は立ち止まり、携帯電話に耳をあてる高仲に槇は傘を傾けた。
 それを眺めながら、嵐は側の木にとまる鴉に近づく。
「その餓鬼、臭い」
 嵐が話すより先に鴉が言葉を発する。その声は嫌悪に満ちていた。
「臭いって?」
「臭い。これだけ臭くて何でわからないかな」
 鴉はひどくじれったそうに体を震わせた。
「だから何の臭いなんだ」
「知らないよ。ああもう体にまで染み付く。綺麗好きとしては堪らないね」
「……臭いはともかく、意見を聞きたいんだが」
「意見? じゃあ言ってやるよ。お前の馬鹿さ加減には呆れるばかりだ」
 まともに話そうとしない鴉に閉口し、軽く溜め息をつく。
「忠告ありがとよ」
「……似てる」
「……何が」
 脈絡のない発言にうんざりしながら相槌をうつ。
 だが鴉は至極真面目な声音で続けた。
「あの鬼と似てる」
「……慎のことか」
 嵐は背中がざわりと粟立つのを感じた。
「血の臭いだ」
 そう一言、言い放ち飛び立つ。木の陰に黒い姿を見送る嵐の背中へ、槇の声がかけられた。
「行くぞ」
「話まとまりましたか」
 二人のもとに駆け寄りながら問う。歩き出した高仲はにこやかに答える。

- 81/323 -

[*前] | [次#]

[しおりを挟む]
[表紙へ]




0.お品書きへ
9.サイトトップへ

人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -