四章

 汰鳥家の台所は二つある。一つは自宅、一つは寺と自宅の間にあり、後者は法要時の食事を作る為の所で自宅の台所よりも広く、冷蔵庫も大きい。――当然、中身もそれなりに上等な物が揃っている。
「茶入れるのに何分かける気だ」
「どうよ?」
 煙草をふかし、嵐にも勧めるが嵐は首を横に振って断り、明良の向かいに腰かけた。
「嘘はいけねえんじゃねえの」
「……立ち聞きは良い趣味とは思えないな」
「そらどうも。お前だってやろうと思えばやれるだろうが」
「髭切か?」
「鬼切とも言うだろが。あれなら誰でも鬼を倒せる」
「あれは主人を選ぶんだよ。そもそも実在するかどうかも怪しい刀を話のネタに持ってくんな」
「……えらい虫の居所が悪いなあ」
 嘆息して嵐は明良に向き直った。
「当たり前だ。いきなり会って死なせろ言われて気分の良い奴なんかいるか?」
「お前に話聞かせた方が得策だと思ったんだよ」
 盛大に溜め息をついて天井を仰ぐ嵐の様子に心配になり、明良はくわえていた煙草を離した。
「おい、大丈夫か?」
「ぼちぼち」
 間の抜けた声に、明良の心配は更に膨れ上がった。
「どうするよ」
「どうすっかなー……」
「頼み聞くのか?」
「却下、却下」
 天井を仰いだまま、手をひらひらさせる。
「殺しはやらん」
「専門の奴に任せれば」
「嫌だってさ。人生相談なんざ範疇外だしなあ……明良、お前やれ」
 人事だと思って構えていた明良は突然話をふられ、焦りだす。
「は!? 無理だって」
「人生相談とかもやるんだろ、坊主って」
 確かに道を諭す役目はあるだろうがそれとこれとは違う。
 そもそも自分の手に負えないと思ったから、嵐を呼んだのだ。ここでバトンを渡されても、成す術はない。

- 44/323 -

[*前] | [次#]

[しおりを挟む]
[表紙へ]




0.お品書きへ
9.サイトトップへ

「#エロ」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -