二人─1

 彼は少しばかり傾いた椎の木に寄り掛かかった。

 彼女は彼から少し離れて、同じく椎の木に寄り掛かった。お互いの足元では笹が揺れている。

「あなたは、村の人?」

 彼女は問いを繰り返した。考えてみれば尋ねはしたものの、返ってきた言葉もまた、質問の為に放たれた言葉だった。

「知らない? じゃあ君は村の人間じゃないね」

 彼はくすりと笑う。静かな笑い方だ。

「どうしてそう思うの」

 小馬鹿にされたようで、彼女はむっとしながら返す。

「小さな村だ。隣近所の子供の顔まで把握出来るような村なのに、僕を知らないっていうのはそういうことじゃないかな」

「隣村に嫁いだ女かもしれない」

「そうしたらすぐにわかるさ。誰それの娘が嫁いだって。嫁入り行列は一大行事だもの」

「奉公に出た女かも」

「同じ。……面白いね、君は」

 彼はくすくすと笑い始める。

「どうして」

「だって、自分の事をそう言う人はいないもの」

「記憶がないかもしれないわ」

 彼女もくすりと笑いながら返す。不思議と彼との会話を楽しんでいる自分がいた。

 あれほど、人間は恐怖だったのに。

「そうか、それなら仕方ないな」

「そうすると、あなたは村の人なのね?」

「隠す事じゃないからね。そうだ」

「どうして山に入ったの」

 彼女が使う道は獣道と言っていい。人間が立ち入ることは稀で、更に彼のような軽装の人間が立ち入るのは稀どころか初めてだ。

 歩き慣れているような足は何度も通い詰めている証だろうが、それにしても、彼のような男が山に立ち入る理由が彼女にはわからなかった。

 彼は表情を変えず、前方を見つめたまま呟く。

「山が好きなんだ」

 風がさらさらと二人の髪を揺らした。

 その風も、足元に揺れる笹も、椎の木も、誰もが口々に囁く。それは彼女が抱いていた印象そのものだった。

「……そう」

 呟いた返事が普通に聞こえたのだろう、彼はにこりと笑って「ああ」と彼女を見た。

 間違っていない。

 彼は死を欲している。

──それも、誰の記憶からも自分の存在が消え去るような、「完全な死」を。

- 185/323 -

[*前] | [次#]

[しおりを挟む]
[表紙へ]




0.お品書きへ
9.サイトトップへ

人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -