memo | ナノ
0519 02:24

先日、読者の方から教えていただいた
『トム・アット・ザ・ファーム』というカナダ映画を観たのですよ。


トム・アット・ザ・ファーム [DVD]

グザヴィエ・ドラン 他..
TCエンタテインメント


ちょっと話がそれますが、
実は、私ってば、amazonでプライム会員ってのに登録してるって、
知らんかったんですけど(爆!)
え、、いつの間にそんなん登録してたんでしょう…
年間3900円も払ってたですよ!知らんかった!!!
こないだクレジットの明細見てて気が付いたって、、、なんておバカなんでしょう。
もったいないから、会員特典使いまくってやるっ!
と思ってw、プライムビデオでこの映画を探したんですけど無かった…
あったら、無料で観れたのにな…種類が少なすぎる…使えんな、プライムw
そんなこんなで、結局amazonビデオでレンタル…

「BL魂を揺さぶるビジュアルと内容」と聞いては、興味が湧かないわけありません(笑)

監督兼、主役の「グザヴィエ・ドラン」を知らなかったので、
まず、先に検索してみたら…
やだ…めっちゃ好み。。
しかも若い…

さてさて、あらすじですが。
モントリオールで広告代理店に勤めるトムは、交通事故で死んだ恋人の男性ギョームの葬儀に出席するために、
ギョームの実家のあるケベック州の田舎の農場を訪れる。
そこにはギョームの母親アガットと、兄のフランシスが暮らしていた。
しかしアガットは、トムの存在を知らず、息子にはサラという女性の恋人がいると信じていた。
トムが弟の恋人だったことを知っていた兄、フランシスは、トムにその事を母に隠すように強要する。
そしてフランシスはとんでもないDV男だった!(´Д`)ハァハァ
葬儀で弔辞を読めなかったトムを、トイレに押し込み「償いをしてみせろ」と言って、
暴力的な態度で「ケリをつけるまで帰さないぞ」と脅迫する。
初めは反発していたトムだが、農場の仕事を手伝ううちに、
次第に…



トムと死んだ恋人ギョームはゲイのカップルで、
同性愛ということが、ストーリーの軸にあるけど、
キスシーンすら出てこないのに、
なぜだか官能的に思えるこの作品。

とうもろこし畑で逃げて、でも捕まって、
押し倒されて、ぼこぼこにされるシーンがあるんですけど、
それが、なんかとてつもなくエロくて…(´Д`)ハァハァ
あれは映ってないけど、下半身は突っ込まれてた・・・・
と、思うのは、私が腐り過ぎてるんでしょうか・・・!(´Д`;)

トムとフランシスは、夜は同じ部屋で寝ていたのですけど、
最初は部屋の端と端に離れていたベッドが、
終盤には、ぴったりとくっついていた・・・。
と、言うのも何だか含みを持たせているように思えるし…(´Д`)ハァハァ

絶対やってる…この二人…と、言う目で見てしまいます。

二人でタンゴを踊るシーンも、エロかった…←w

同性愛を汚らわしいというわりに、実はフランシスも弟を愛していた...
んじゃないかなって、思うとわくわくするし←w

観終わっても、
「え?あれはどういう事だったのかな」と謎な部分も残していて、
一人で妄想膨らませています。

ゲイである事に対する社会的な後ろめたさ。
恋人を救えなかった罪悪感。

そして死んだ恋人の面影を残すフランシスに不思議な愛情を抱いていくトム。

あぁん、背徳!←w

次第に明かされていく過去と真実。
ラストに向けて心臓バクバクでした。

ケベック州が舞台だから、セリフがフランス語なところも、
個人的にツボでした。

「3・2・1」ってカウントダウン。

フランス語だと、「トロワ  ドゥ アン 」
なんかセクシーじゃないですか?(´Д`)
フランス語の発音て、すごいセクシーだと思う。(´Д`)ハァハァ

学生の時、フランス語の授業あったけど、全然わかんなかったけど!(笑)


ホントに素敵な作品、教えていただいて良かったです!
ありがとうございます\(^o^)/
グザヴィエ・ドランくんの作品、他も観てみたいです。
『私はロランス』も面白そう。

さて、、次はせっかくだからプライムビデオで「落語心中」観るんだー♪





▼HPtop
▼memo top
clap
アクセス制限機能充実
夢小説のDLove
- ナノ -