ちい姫さまの恋事情
鬼灯道  1/10





私は今、ガタガタと揺れる牛車の中にいる。

そう、大納言邸に帰る途中だ。




今日もやっぱり、姉さまを振り切るのに苦労した。

朝に帰る予定が昼に、昼に帰る予定が夕暮れに、そして今は夕日がとうに沈んだ後だ。


さすがに二日続けて後宮に泊まることは出来ないと思って、渋る姉さまを必死に宥めてやっと出発したのだ。

それだけのことなのに、少しだけ疲労感が出てきた。



「お疲れですか」


同乗している女房が、心配そうな顔で私の顔色を伺う。

私は微笑んで、首を横に振った。


この女房は松風とは違う。
松風は何やらやることがあるらしく、この女房が帰りの付き女房として牛車に同乗した。

私より二、三歳年嵩の若い女房だ。
ただ最近から後宮に出仕しているようで慣れていない様子だった。



「姉さまを振り切るのが大変だったなぁって思っていただけだから、気にしないで」


「左様でございますか」


彼女も見ていたためか、思い出したように目尻を下げ口元を袖で隠した。
上品な笑い方をする。


後宮に出仕する女房らは、私みたいな公達の姫が多い。
ようするに作法の見習い的な何かで、宮仕えすることによってその姫に箔がつく。


だいたいそんなもの。




しおりを挿む

[*前へ] [次へ#]

<35/233>


top

BL小説コンテスト開催中!
BL小説のBLove
- ナノ -