ちい姫さまの恋事情
ちい姫  1/6





平安の世。


このご時世の恋愛は、好きなようには出来なかった。


親が決めた相手と文を交わし、それだけで相手が自分にふさわしいか判断する。


顔も性格も分からないまま結婚させられる。



だから、好きなように恋愛なんてできるものではなかった。

私だって、いつかはそうなるって漠然と思っていた。




知らなかった。

恋をすることが、こんなにも人を惑わすことが出来るなんて。


恋をすることが、こんなにも苦しいなんて。



こんなにも、溺れてしまうなんて。



この時の私はまだ知らない―――…。

















しおりを挿む

[*prev] [次へ#]

<1/233>


top

テーマ「嘘から始まる恋」
BL小説コンテスト開催中!
- ナノ -