伊都は紅茶を淹れ、私は本を読む。

 薬缶から出る、湯が沸く音。
 電子タイマーを操作する電子音がこの場所でも耳に届く。
 砂時計を前に用意してあげたというのに、何故か伊都は電子タイマーばかり。
 その音、私はあまり好きじゃなくてね。
 けたたましくて。わめいているように聞こえるから。
 紅茶の持つ穏やかさに合わない気がするのよ、私はね?
 でも多分それを言ったら、それ以上に私が嫌う雰囲気を醸し出すでしょうから。

「……アリア、紅茶に何か足す?」
「シナモンミルクティーが飲みたいですね」
 
 本を見ながら片手間のように呟くと、後方から聞こえるように出された溜め息が届く。

「シナモンミルクティー? ……それなら先に言えって。鍋でやるんだよ、あれ」
「適当にそれっぽいの作ってくれればいいのですけど」

 背後から気配が近づいて。

「――俺が、嫌」

 横から顔だけ近づけて、目を合わせて。静かな声で。
 伊都はそれだけを私に伝えて、また離れていく。

 少し着崩した制服に、スマートながら威圧するような長身。印象に残るような鋭利な歯。
 あまり彼が紅茶と関連するように見えないでしょう。
 まぁ私が言えることは、彼が凝り性ということくらい。
 私が何年か前に紅茶を求めた故にこの結果。
 それは、私としてはとても有難いけれど。
 
 伊都とは、何年一緒でしょう。
 幼い頃から共に居すぎて、あまり異性という感覚が。
 学校も同じ。クラスも同じ。それが、もう何年?
 多分、私たちの触れてはいけない何かしらの力があるのでしょう。
 まぁ、便利なのでそれは運命にお任せ。私の考えることではないわ。
 そう思っている私の前、お気に入りのティーカップ。

「とりあえずアッサムのミルクティー。一旦これで」
「ちゃんと、ミルクも温めた?」
「言うまでも無く」
 
 飲み慣れた味のそれを口に運びつつ、ちろりと机に置かれる新聞に目をやる。
 それに気づいた伊都は何も言わず、それを折り変えるのは一瞬のこと。
 一面記事が、見えないように。

「流石」
「どうも」

 優雅な紅茶の時間に、事件の香りは似合わない。
 そう思うのに、個別に設定されたこの鳴り響く着信音は。
 私の口元が尖るのが先か、私のポケットから伊都が端末を抜きとるのが先か。

「――はい、俺っす」
 私の端末への着信を、伊都は躊躇いなく。
「何だ、手世さんじゃないですかぁ」
 着信音で既に分かっているのを、さもわざとらしく。
「話は明日お聞きしますので。ええ、明日いらしてくださいね」
 通話時間、僅か10秒程。
 最後の台詞の表情、吐き気がするほどにこやかで。
 返却された端末は電源が、切られている。

「私、伊都のさっきの声嫌いよ」
「俺はあの人が嫌い」
「仮にも、彼は公的権力のあれですから。そこは嫌いであっても」
「……」

 前髪をぐしゃりとかきあげ、唇を噛んで。
 気持ち的には私も分かりますが。
「舌打ちはいけませんよ」
「……あくまで、依頼される側だもんなぁ、こっちは」
 紅茶の表面に、照明が映っている。

 手近な椅子に適当に伊都は雑に座り、手で頬を押し上げる。
 何か言いたいが、耐える時の癖。
 その変顔は、嫌いではないですよ。
 口を離すと、飲み損ねた一滴がそれに伝う。


「――伊都、明日の全力のために休む探偵何て、私以外にいるかしら」
「知らない。というかどうでもいい」
「そう」
「ああ」

 そうは言っても、何だかそわそわしてしまうのは、嫌な、癖――。



 事件の当日は、彼女が仕事をする前日。
 彼女は現場に向かわない。
 助手の淹れた紅茶を飲みつつ、誰よりも落ち着いた時間を過ごすのだ。







**女子高生探偵の穏やか偽装事件




×