▼残念が今日も歩く感じで。@櫻井夏衣

 櫻井です、ハジメマシテ。ブログを設置してもらったので、何か書いていきます。基本的には更新履歴と、それに付随する裏話?でも書いていけたらと。あまり更新してませんが、気が向いたらこちら企画用のツイッターにも何か書いていこうと思っておりましたが、ほぼ何もしてない現状という残念な結果な現在です。
 現在私が公開しているのは「単眼竜とバターメープル」「最高傑作の陰鬱」「切り裂き××」「最愛デッサン」「毒吐く独白は剥離を口説けず」の5つです。何とか自分も年内に、テーマ発表されてるものを仕上げたいところです。追記には5作の諸々を。というところで、続きをよろしければ。 


12/14 00:26/櫻井夏衣/comment(0)



▼人柱になりました。@結城真

 気まぐれ的にKrimsKrams(通称/栗蒸)のブログを設置してみました。小説を更新したのはいいものの個人個人が更新していていつ公開されたかわからないぜ!ってなっていたので、きっと小説更新時にこのブログが更新されるはずです。更新履歴みたいなものです。というのは、表向きで本当は結城が体のいい言い訳を並べるために設置しました。
 まぁ、その、なんだ。モノクロから更新してなくてすみません、という。
 10月末からスランプに陥りまして、これが長いこと。最近ようやく書けてきたところです。年内にお題全部終わらせられたらいいほうです。来年に持ち越しにならないようにがんばりたいと思います。
 追記はとりあえず、現在公開されてる「a gloss」「月のなみだ」「夢から冷めない」について少しだけ。 


12/13 17:27/結城真/comment(0)



▼テスト記事/ライカ

高級レンジファインダーカメラ「Mシリーズ」や一眼レフカメラ「Rシリーズ」、コンパクトカメラ、プロジェクタ、フィールドスコープ、双眼鏡など、さまざまな製品を開発・販売しており、そのレンズ描写性能などクオリティの高さから現在でもプロカメラマンをはじめアマチュアでもコレクターや愛好者が多い。またデジタルカメラの分野においてもパナソニックと提携を行なっている他、Rシリーズ用のデジタルカメラモジュールやMシリーズのデジタル版ライカM8の開発・発売、中判クラスのデジタル一眼レフカメラライカS2の開発発表、デジタル一眼レフカメラ共通規格であるフォーサーズシステムへの賛同などが行われている。
1930 - 1940年代ごろには「ライカ1台あれば家が一軒建てられる」と言われた。例えばアサヒカメラ1939年11月号に掲載されているライカIIIaクローム+エルマー50mmF3.5の価格は820円、ライカIIIaクローム+ズマール50mmF2は1200円であった。当時小さな貸家が500円で建てられ、1000円あれば場所にもよるが東京で土地付き一軒家が購入できた[1]。ただし、これには「カメラが高かった」ということだけでなく第二次世界大戦突入によりドイツからの輸入が困難になって価格が高騰した時期であることや、東京の土地が今より格段に安かったという要素もある。

(wikipediaより) 


12/12 23:09/結城真/comment(0)



main

×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -