0.「紅さし指」【お題:自由】
いろいろこじらせた眼科医がいろいろやらかしちゃうお話。執筆してるときはとても楽しかったのですが、いま改めて読むとかなり気持ち悪いですね。お題が「自由」だったので自由に書いた結果です。蜂村三部作の一作目。

1.「ミキちゃん」【お題:mechanical】
いろいろこじらせた医者志望がいろいろやらかしちゃうお話。蜂村さん再登場。三部作の二作目。とてもややこしいのですが(野永はややこしいことをするのが好き)、人形の首偏愛の坂下は蜂村三部作の一作目の梅村と知り合いです。「私とあなたは友達じゃないけど、私の友達とあなたは友達」状態です。リカちゃん人形のあのゴムの匂いはなんとも言えないですよね。そんな匂いも含めて愛しているんじゃないんでしょうか、坂下は。

2.「紫煙の君」【お題:背中】(野永提案)
蜂村三部作、完結です。三部作のなかではこの話が個人的に気に入っています。素っ裸の男がふたり、ベッドから出ずになにやらもさもさ語り合ってる話。野永は喫煙者ではなく、吸ってるようすがよく判らなかったので作中ではどちらも喫煙の描写はありません。きっとこのふたりは離れてしまうけれど、ベッドには煙草の香りが染みついていて、厭でも意識しちゃうんだろうなぁと。

3.「人斬り事情」【お題:モノクロ】
ようやく時代物。時代物のつもりで書いていたのにどうも現代っ子みたいな語り口調で困ります!! 幕末に活躍した剣士や以蔵の流派等をいろいろ調べる前に書き始めてしまったので、いろいろボロが出そうです。以蔵のほかにも当時はいろいろ人斬りがいたと思います。有名じゃない人斬りがいたっていいじゃない!!というお話。

4.「兄のエプロン」【お題:スパイス】
弟好きな兄貴がカレーをつくる話だったのにいつのまにか殺人事件がおきてしまいまいた。兄貴の出番すくないし。誰が店長を刺したのか誰にも判りません。小掠さんが刺して逃亡したと考えるもよし、実は主人公が刺したのかもしれないと考えるもよし、弟好きな兄貴が小掠さんに嫉妬して濡れ衣を着せるために兄貴が刺したと考えるもよし。実はマネージャーが刺したのでは、と考えるもよし。野永的には兄貴が犯人だったら今後のストーリーが広がるなぁとか考えたりも。

5.「Glaube」【お題:人畜無害】(野永提案)
もう滅茶苦茶です。キリストと仏さまと釈迦とか滅茶苦茶です。若干アジア系に寄っちゃったかなとか思いますが、こんなもんです。神も仏も悪魔も妖怪も幽霊も、姿や伝承は人の口から出たものですから、その人がいなくなっちゃったら神も仏もクソもねぇなというお話。良いことをもたらしてくれれば神ですが、災いをもたらせば怨霊です。そんな怨霊を鎮めるために神として奉ったりとか人間って結構いい加減ないきものですね。自分たちの都合のいいように事を進めて。お酒と似てる。少量なら薬にもなるけど飲みすぎると毒。



 以上、野永でございました。




×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -