ズルリ、ズルリ、
電灯もそうない島にやけに嫌に響く引き摺る音が気持ち悪い
それに酒臭さも混じり最悪だ。

「川藤さん…いい加減自分で歩いてくれませんか…重すぎるんです、よ」

ぐぃと肩に回っている酔っ払いの腕を引き、体制を立て直す。
言葉とは逆に、離したくない。この近すぎる距離を。

「なぁんだってー?俺ちゃんと歩けてるよー!ほらほらぁ」

「わ!ちょっと!」

酔っ払い特有のフラついた足取りに、ぐい、男の加減のない強い力に引かれ、前のめりになる

「ちょっ!と!川藤さん!いたい!いたい!」

肩に回っていた手はもはやボクの首をぐいぐいと引っ張っていく。
これだから酔っ払いは嫌いなんだ。
手に力を込めて、男の腕からなんとか抜けようとする。

「なんか、寂しいよな」

今まで騒いでいた男が急に声を落とす。

「半田は寂しがってると思ったのになぁ」

楽しそうだったよなぁ
なんて、半田さんよりも川藤さんの方がほんとは寂しがってたんだ。知ってる。ボクがどれだけ、この男の側でそれをみていたか。半田さんにはわかるまい。
半田さんは憧れだ。書道家として。簡単に追い越せたことは、正直びっくりしたけどね。

「寂しかったのは川藤さんでしょ」

なにかあれば、半田、半田、半田、

「…はは、そうかもな」

隣にいるのはボクなのに

「川藤さん、ボクじゃあだめですか」

緩んだ腕を逆に握りしめた。

「ボクはずっと、川藤さんの隣にいます」

「康介、」

「ね、ボクの方が将来有望株かもしれないですし」

「康介」

少しずれた眼鏡に手をかけると、目を細めた。

「だめだ、」

なにをされるか察知したのだろうか、口元を抑えて体を後ろに捻る。

「好きです。川藤さん」

島の明かりもない満点の星空の下で、暗がりに慣れた目はずっと川藤さんを捉える。
すっ、と顔を近づけた。

「だめだ、康、介…!……吐く!」

咄嗟に身を翻し蹲る。

「…………」

一世一代の告白を、この男は明日には忘れているだろう。もしかすると、今でさえわからないままだったかもしれない。
酒で酔った所につけ込む作戦は失敗だったか。
蹲る背中を摩りながら、この後にキスはしたくないなぁと思い、その涙目をべろりと舐めてやった。







神→川

グランプリ賞金3万円!
BL小説コンテスト開催中!
- ナノ -