アクセス制限機能充実
夢小説のDLove

あなたは言った。「落ち着いた子になろう」「花のある子に」「おしとやかな子に」「もっと、」「もっと、」「モット、」段々機械的に成っていく声に吐き気がする。それは本当のわたしじゃないよ。そうなったらもうわたしは枯れてしまう。それでもいいの?嗚呼、そう。いいのね。わたしは要らない子なのね。ごめんね。
Thanks,Noche / 05


アクセス制限機能充実
夢小説のDLove
- ナノ -